スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです(第八部)


2 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:02:28 ID:2WrlO5cM0





         石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです

┏┓                                            ┏┓

┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

┏╋────────────────────────────╋┓

┃|                                            |┃

┃|        .   ■第八部 「七将襲撃事件」  .              |┃

┃|                                            |┃

┗╋────────────────────────────╋┛

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓

┗┛                                            ┗┛





.



 


3 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:03:18 ID:2WrlO5cM0





 ー伏見ー



 .                  {}

                  ,r'A':、

                ,r:'"/\`':.、

 .         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、

 .        ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙

            |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,

           ';王王王王王八王王王王王ヨ

            ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[

         _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、

         ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙

         ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、

     ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ

      ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐

      「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti

 ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,

 ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7

 ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、

 Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i

 ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ

 ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ

 ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ

 ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ

 ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ



4 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:04:05 ID:2WrlO5cM0





ー 向島 徳川家康邸 ー



             . :. ―――――‐ :. .        

           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、      上手くいったよソーニャちゃん!

        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\      

        :. :. :. .. ..                    ヽ     休戦だ休戦だ!

      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ    

      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ   助かったよ!

     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ  

     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ 

    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\

    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄

  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |

    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :

   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /

   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/

           /: : : : :\、._ー __ . ィ<

            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\

           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \

             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐

             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r-'

             V: : :\゚ 。:{{   ト-<

             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ

             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\



5 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:05:01 ID:2WrlO5cM0





     、_    -=,ニ  ̄ ̄`   、        ああ良かったな。

      `>   /       \  \_ ィ^>

     /    /           \  y弋    今回は助かった。

    /  イ  / /! !   !    \ ハ  i` ーァ あそこで攻められたら私達確実に死んでたぞ?

    /ヽ/  /| ./ | |\ |\   { ̄ |  { ̄

       / / レ  Ⅳ  ∨  }∧ :| 从  |    こちらが譲歩した形になるが、そんなこと言ってる場合じゃない。

.       レ ∧ 丁¨丁  丁¨丁 | レ^V i  |

.     Ⅳハ 乂 ノ   乂 ノ  1 | ノ |  |

       | i}人"         "  |/イ  i  i

       | /  >   __  斗 /    |  |

       | {        />‐<  /       |  |

       | {     ∧{__∧./.       !  !



6 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:05:45 ID:2WrlO5cM0





                       . .: .:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .: .: .       さーてじゃあコレからどうしてやろーか?

                     /. .: .: .: .: .: .:     . .. .: \

                   /.: .: .: .:     、 .. .: .: .: .: .: .: .: \    誓詞には二度と悪いことしませんって書いたけど

                  /        . .: .: | ヽ.: .: .:.l.: .: .: .: .: .:ヽ   あんなの守る気一ミリもないからね?

                 /     ..l .: .:| ヽ .: |ー ミ.: | 、.: .: .: .: .: .:.

                    ..l: .:ハ :| \|__  \| \ .: .: .: .: .:   改めて言う必要ないと思うけど。

                 | . .: .: |: /_ノヽ|     ー T:: ̄::|   |.: l : .: .: |

                 |.: .: .: .:/    ニ       ぅ辷ク   |.: |^ヽ: .:|   だからこれからも一杯悪いことしてやる!

                 |: /.: .:ハ T: ̄::|        ' '  |.: |) }.: |

                  l .: .: } ぅ辷ク ,            |.: '_ ノ: .:|

                  |.: :: ノ          , ィ     |/:: :: :: 八

                  |:: : ヽ、      -<.ノ     /:: :: ノ∨

                  | 八:: : >: . . ___ . イ、::ハ:/

                     \::|ヽ::lヽ::ハ:ノ>< /: :/⌒> 、

                           /ハ:.:ノV: :/: : :/: : : :\

                         /´/: l/:.:.V:<: : /: : : : : : :}

                        /: }:7: |:.:.:/: :/: : :{: : : : : :/ヘ





 /    /        ,          `ヽ、     当たり前だ。

/     /        /    /   :.   、  \

     / /   '   |    ハ   | 、   、、  ', あんな口約束、

   /,イ   |   /|   /  |   }  | :. 、\:!  大坂方どころか町人すら信じてない。

  、   |   ,|  / | 7、_,|  ∧ } |、 ',リ

  \ !  / | '   l /   |  /ーj'/  { ヽ !   だから当然悪企みは継続中だ。

     _|  / {/ 〈 ̄ ん≧、 |: / __ハ.  |  リ   お互いにな。

   /r{ ∧       {:::::刈 }/ 'ム!/} リ     

\  { i ∨、 :.    弋こソ    {メ{/| /      取り敢えず今までの反省を活かして次行くぞ。

  ∨乂  } |    ' '      、  {/イ

   `ヽ、ー..| |             ;

      \| |       - 、     /

     /リ\ ` r---r― r '´

  _,....:'´:::|::::::\ `ヽ、ト、.|  リ

´:::::::::::::::::|::::::::::::\ //ム:、__/__

:::::::::::::::::: |_::::::::::::{∨/!',::、::::::::ヽ





.



7 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:06:46 ID:2WrlO5cM0





            _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-  _  今回の反省点は、何といっても敵を甘く見すぎた事だ。

.     /               ` <´  

__ /      j     }     ヽ   豊臣の連中には一発で全員死んで欲しかったが、

∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  それは無理らしい。

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   下手につついて今回みたいに全員集まったら大変なことになる。

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   

    | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    

    | 八  l|"         " }|

    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     ・・・そうなると、やることは一つだな。

    | l    { ,く \_下、 ´   lN

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|

    | |  /  {   |∧   ヽ l|   

    | |     ヽ  |/∧ V Vl|   



.



8 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:07:36 ID:2WrlO5cM0





                .  :.―――:.  .

             . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .     攻撃の的を絞るって事だね?

          / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \    狙撃は得意だから任せて!

         / :. :. :. :. :. :. :. :. /|:. :. :. :. :. :. .   ヽ   

         :. :. :. :. :. :. .. ./.. /|  ハ  l .. .. .. ::

         |:. :. :. :. : /: /|: /ニ:|:. :. /:ニ:、:|ハ:. :. : |

         | :. :. :. ノ |/ニ|/:ニ:|:. :/:ニニ:ヽ|ニV:. :|  

        |:. :. :. :|: : ー―:'ニ|:./ニー― : : } :. : |

         :: :γ^||((  ̄ )):ニニニ:((  ̄ )) ハ:: :. :、    そうなると最初の標的は当然。。。

        / :: 乂.|:.|:' ' : ̄ : : : : : : : : ̄ : : { :: :: 、:\

       /ノ :: :: 人|U r 、.___     U 八:: :リ

         ∨ヽ::ハ:ヽ、ヽ、.__丿   , イハ:/∨

    /^ヽ   ┌/  /≧ーr-r‐r:≦ ヽ┐   γ^\

   { ヽ)J、 /´:/ ヽ.  {  ∨ 又∨ } /.ノ :┐   し彡 .}

   ゝγ: : :\{:/: \ {}}>、   ハ r<{{}: : : : ヘー/: :ヽ.イ

   ∨: : : :r=ュヽ: : : :>r<{{}   |:.:.| {}}>、 : : : : r=ュ: : :ハノ

   / : : : : ∨: : r=ュ:/|       |:.:.|    |: : : : : :∨ : : : : }

   ヽ: : : : : { : : :∨: r|.     ヽ/   |ュ: r=ュ: :} : : : : /

     \} : :r=ュ: :{: :r=ュr=ュr=ュr=ュr=ュr=ュ: :∨r=ュ : }/

      {: : :∨: : : : ∨::∨::∨::∨::∨::∨: : :}: :∨: :/

       \: { : : /::}::::::}::::::}::::::{::::::{::::::{:\: : : :}/

        >/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ<                     

                      

.



9 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:08:17 ID:2WrlO5cM0





            _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-    ああ。

.     /               ` <

__ /      j     }    ヽ   当然やる夫だ。

∨//V /     /|   } }i   ヽ ハ 

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト、}  後、やる夫に担がれて大将になりやがった前田利家だ。

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ}    この二人は生かしておけねえ。

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 

    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|    それに、こいつらさえ居なければ

    | 八  l|"         " }|     残った連中なんかいつでもどうにでも出来る。

    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |  

    | l    { ,く \_下、 ´   lN   

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|  

    | |  /  {   |∧   ヽ l|  





.



10 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:09:08 ID:2WrlO5cM0





           _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-    それと今までの経験で分かったことがある。

.     /               ` <  奴らの弱点だ。

__ /      j     }    ヽ   

∨//V /     /|   } }i   ヽ ハ 奴らは動きが遅い。

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト、} それと武力を伴った脅しに弱い。

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ}   

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从  奴らが合議制だからだ。

    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|   

    | 八  l|"         " }|    

    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |   

    | l    { ,く \_下、 ´   lN    

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    

    | |  /  {   |∧   ヽ l|    

    | |     ヽ  |/∧ V Vl|    

    | | |     }   ヾ//  }_ヽ   

    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   

    | | └く  `´     ヘノ  }   





.



11 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:09:48 ID:2WrlO5cM0







 /    /        ,          `ヽ、   

/     /        /    /   :.   、  \  

     / /   '   |    ハ   | 、   、、  ',

   /,イ   |   /|   /  |   }  | :. 、\:!  数は多いけど集団をまとめる人間が居ないんだよ。

  、   |   ,|  / | 7、_,|  ∧ } |、 ',リ 

  \ !  / | '   l /   |  /ーj'/  { ヽ !   それで全員に発言権を許すから、

     _|  / {/ 〈 ̄ ん≧、 |: / __ハ.  |  リ   ちょっと脅せば誰かが必ず異を唱える。

   /r{ ∧       {:::::刈 }/ 'ム!/} リ

\  { i ∨、 :.    弋こソ    {メ{/| /

  ∨乂  } |    ' '      、  {/イ

   `ヽ、ー..| |             ;

      \| |       - 、     /

     /リ\ ` r---r― r ' 

  _,....:'´:::|::::::\ `ヽ、ト、.|  リ 

´:::::::::::::::::|::::::::::::\ //ム:、__/_

:::::::::::::::::: |_::::::::::::{∨/!',::、::::::::ヽ



12 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:10:16 ID:2WrlO5cM0





 そしてそういうのが一人でもいたら居たら無視できない。



 ―――――――――――――――――――――――――

  【審議中】



   アブナイ ∧,,∧ ∧,,∧ トクガワノホンタイキタッテ!

   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧      

   ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` ) ヤバクネ!

    l U l (  ´・) (・`  )l と ノ      

    .u-u (   l). (l   ) u-u'      

    ヤバイ `u-u'   `u-u' マジデ!    



  【審議終了】



       ∧,,∧  .∧,,∧   ・・・。

   ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧

   (´‐ω‐) ∧∧) ( ∧∧(‐ω‐`) ・・・。

   | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ

    u-u (l    ) (    ノ u-u

        `u-u'  `u-u'  ・・・。

 ―――――――――――――――――――――――――

                              

  奴らが選択出来るのは常に「誰の損にもならない」ことだけなんだよ。

  だからこの前みたいな好機を逃す。



13 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:11:09 ID:2WrlO5cM0





            _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-  _  

.     /               ` <´    あの時、大坂方が優勢なのは誰の目にも明らかだった。

__ /      j     }     ヽ   だったらさっさと襲ってくれば良かったものを。

∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ   

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}  動員が終わってないから将校レベルの損害がでかいとか

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   そんなのを気にしてただけだろう。

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    どうせ。

    | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|      

    | 八  l|"         " }|     信長公、いや秀吉でもあそこで躊躇したりはしなかったはずだ。

    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     側近や親衛隊が何人死のうが襲って来ただろう。

    | l    { ,く \_下、 ´   lN      

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|      その辺りがやる夫の限界なんだよ。

    | |  /  {   |∧   ヽ l|   

    | |     ヽ  |/∧ V Vl|       



.



14 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:11:59 ID:2WrlO5cM0





           _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-   

.     /               ` <    要は味方をまとめる統率力の問題だな。

__ /      j     }    ヽ   前田利家はかなり頑張ったけど結局役不足だったみたいだな。

∨//V /     /|   } }i   ヽ ハ

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト、}   まして嫌われ者のやる夫には絶対無理だ。

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ}      だから前みたいにこっちがヘマしない限り負けることはない。

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从  

    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{| 

    | 八  l|"         " }|      地味に嫌がらせ続けていればそのうちどれかが致命傷になる。

    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |     これからは焦らず行こう。

    | l    { ,く \_下、 ´   lN  

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|   

    | |  /  {   |∧   ヽ l|   

    | |     ヽ  |/∧ V Vl|   

    | | |     }   ヾ//  }_ヽ   

    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   

    | | └く  `´     ヘノ  }



15 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:13:37 ID:2WrlO5cM0





                           ( \          / )

                           \ \        / /    

                             \. X  ̄ ̄ X. /      

                        γ:ニニニニニニニニニニニニニニニニニ:ヽ  分かったよソーニャちゃん!

                         |:::::|:. :. / |:. / |:. :.ハ:. :|、 :. :. |:::::|  

                         |:::::|:. /  |/  |: /  ヽ:| ヽ:. :.|:::::|  前回は戦争ルートで失敗したし、

                         |:::::|/  γヽ |/  γヽ \|:::::|  今回は必殺の毒電波攻撃だね!

                         |:::::|   | |      | |   |:::::|

                         |:::::|   、ノ     、ノ  |:::|  じゃー早速照射してやる!

                         |:::::|      r――┐    |:::::|  

                         |:::::|      、__ノ       |:::::|

                         ヽ[[[[」ニニニニニニニニニニニニ「]]]]ノ 

                          \: :Y: :v: >{父}<: v: :Y: :/

                             ー '}: \v/: { ー‐ '

                              / : 。: : : 。: ヘ

                              〈: : 。: : : : 。 : 〉

                             /:::ー‐::^::ー‐':ヽ

                              ーr‐┬ーr‐┬ '

                               |  |   |  |

                               |―|   |―|

                               |豆|   |豆|

                               ー‐′ ー‐'



.



16 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:14:11 ID:2WrlO5cM0



            _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-     良いぞ?

.     /               ` <   思いっきり体に悪そうなのをやってやれ。

__ /      j     }    ヽ 

∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ 

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iトト、}  やる夫の死に顔が楽しみだ。

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ}     上手く行ったら動画にしてニコ動にでもアップしてやれ。

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 

    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|   

    | 八  l|"         " }|  

    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |  

    | l    { ,く \_下、 ´   lN  

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|  

    | |  /  {   |∧   ヽ l|  





.



17 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:14:53 ID:2WrlO5cM0





 勿論実況付きでな?



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ちょww やりすぎwwww            合成?                          いきなり首かwwwwwww

         生首てwwwwwww                          マジデ?

                       おまいら騙されるなこれ合成だぞ

    生首キター!!                           いや普通にダメでしょこれは   

 :::::::::::::::::::::::::::::    ,.-ヽ. .          |   |

 ::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i. .. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|..屋| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i ..  通報しろ . |..良|    _____   こりゃひでえ

: ::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;.           |..内|    [ 生ゴミ  ]            ___ ∞~

 :::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i.           |..科|     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          /     \

 :::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'⌒i;.         l____.|     ヾM/   ヾM/   ~∞  / _ノ  ヽ、_  \

 :::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i".         |l l ll|    //ヽ~\//ヽ\...    /o゚((○)) ((○))゚o \

 ::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i_____|l l ll|__|     |    . |    |     (__人__)    |

 ::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"       _|  |   ヽ__/ヽ__./     \     `⌒´     /

 ::::::: |.    i'"   ";                              ..;;,,゙゙';;;''‐*-..;;,,,,,,,;;;;;;,,,,,,....-‐-‐''~,;;,,

 ::::::: |;    `-、.,;''"                                   ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,....

 ::::::::  i;     `'-----j

     ↑こいつ誰だよwwwwwww           通報しますた 

                  仏のバチだwwwwwww          なにこれきもい   誰か通報して

 削除される前に保存っとwwwwwww                                     合成だから

             ざまあ                   でっていうwwwwwww

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



.



18 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:15:34 ID:2WrlO5cM0





             . :. ―――――‐ :. .  

           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、      オッケー!

        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\ 

        :. :. :. .. ..                    ヽ    じゃーまた行ってきまーす。

      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ

      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ

     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ

     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ 

    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\

    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄

  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |

    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :

   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /

   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/

           /: : : : :\、._ー __ . ィ<

            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\

           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \

             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐

             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r-'

             V: : :\゚ 。:{{   ト-<

             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ

             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\



.



19 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:16:10 ID:2WrlO5cM0





 ー同じ頃 大阪城ー



                   ∧_∧           ∧_∧

                   ( =========( ・∀・)         ⊂⊃

 ⊂⊃               / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ //^\ゝ

                  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ ///== \ゝ

                 / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_. /// ∥  \ゝ

            ⅱ  ノ ̄ノノ ̄// ̄// ̄//  ⅱ_ノ//======== \ゝ .ⅱ

             .ヒ==,@==@,==@==@,==@== ノ人ノ     ∥      ン

               ̄∥~  ̄~ ̄~  ̄~ ̄~ ̄  ∥| ̄ ̄ .∥ ̄ ̄ ∥          ⊂⊃

      ⊂⊃        ∥==================.∥|=====∥==== ∥

                ∥|  ∥  ∥ ∥ ∥ .∥|    ∥   .∥

                ∥===================   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |

                ____@))____|_______ |

               /    //ヘ \冫      |        |

               /   //     \\冫    |         |

       ∧_∧  /  //   ⅢⅢ   \\冫   |         ∧_∧

      (  (( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄( ・∀・)

     / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\\

    / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\_\

  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人_\\_

/ ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//ⅱ人人_ \\

@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@ノ人_@_@、_

     |          |          |           |

     |  △ △ △  |           |  △ △ △   | △ △ △

    |=======| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|========|===



20 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:16:53 ID:2WrlO5cM0





      ____

    /      \     あーあ。

   /  _ノ  ヽ__\   みんな帰っちゃったお。

 /    (─)  (─ )\

 |       (__人__)   | 折角いい感じだったのに。

 /     ∩ノ ⊃   /  まーでも大納言が戦えんのじゃ仕方ないお。

 (  \ / _ノ |  |   

 .\ “  /__|  |   敵の正確な数は最後までわからんかったし、

   \ /___ /   大納言の病気がバレないうちに講和出来て良かったとしとくお。



  ってやらない夫どうしたお?



.



21 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:17:35 ID:2WrlO5cM0





                        .___   

                       ./ ノヽ\  い・え・・・。

                        ;| (○)(○|: 

                       :|ヽ (_人_)/;  なんか・・・。

                    .   :| |. ⌒ .|;  

                        :h   /;   ずっとこんな感・・じで・・・。

                         :|  /; ’   

                        / く、     動・・員終わってか・ら・・・。

                       ;| \\   

                       ;|ミ |`ー=っ





.



22 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:18:52 ID:2WrlO5cM0



      ____

    /      \    あー。

   /  _ノ  ヽ__\  

 /    (─)  (─ )\  あの動員説明した時のアレね。

 |       (__人__)   |

 /     ∩ノ ⊃   / 

 (  \ / _ノ |  |  

 .\ “  /__|  |  

   \ /___ /  



                                  ア レ

                                   ↓

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

  ■動員前             ■動員後                         ■終戦後    

     .___                       , -‐- 、                     .___    

   ./ ノヽ\                     / ノ ヽ、 ヽ                  ./ ノヽ\  

    ;| (○)(○|:                    |(●) (●)|                   ;| (○)(○|:  

   :|ヽ (_人_)/;                  _,...ィ|. (_人_) |                    :|ヽ (_人_)/;  

.   :| |. ⌒ .|;      →       ,.. --<´   {ハ `⌒´ ,}``ー、       →         :| |. ⌒ .|;   

    :h   /;          .    /´     `ヽ∧ヘ___/リ  ,..ィ>- 、             :h   /;   

     :|  /; ’             ,i          }`ヽ ノ ノ´'"  ヽ   ヽ            :|  /; ’   

    / く、             ,/ }ヽ、 ,,      ∨'´  \   ',   }           / く、     

   ;| \\            /   ゙丶._(__,. '   ´ { `丶  ;  y ノ ∧          ;| \\    

   ;|ミ |`ー=っ         ,' ,ヘ   ヽ  }-       〉 `ー ‐' y'´ ー‐,'"ハ          ;|ミ |`ー=っ

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――   



 あれイメージだから。

 元に戻っていいお。



23 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:19:22 ID:2WrlO5cM0





         .      , -‐- 、 

               / ノ ヽ、 ヽ      そうですか。

            |(●) (●)|

          _,...ィ|. (_人_) |

       ,.. --<´   {ハ `⌒´ ,}``ー、

.   .  /´     `ヽ∧ヘ___/リ  ,..ィ>- 、

    ,i          }`ヽ ノ ノ´'"  ヽ   ヽ

  ,/ }ヽ、 ,,      ∨'´  \   ',   }

. /   ゙丶._(__,. '   ´ { `丶  ;  y ノ ∧

,' ,ヘ   ヽ  }-       〉 `ー ‐' y'´ ー‐,'"ハ





.



24 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:19:55 ID:2WrlO5cM0





      ____

    /      \    ・・・。

   /  _ノ  ヽ__\  

 /    (─)  (─ )\

 |       (__人__)   |

 /     ∩ノ ⊃   /                    / ̄ ̄\  

 (  \ / _ノ |  |                    /  ヽ、_  \  ・・・。

 .\ “  /__|  |                  (●)(● )   | 

   \ /___ /                   (__人__)     | どうしました?

                               (`⌒ ´     |

                                {          |

                                {        ノ 

                                ヽ     ノ   

                                 ノ     ヽ   

                                 /      |  





.



25 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:20:22 ID:2WrlO5cM0







                                こっちはチャンス逃した上に手詰まりでイライラしてるんだお?

      / ̄ ̄\                      こんな時にしょーもないネタやってんじゃねーお!

    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____

    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\    やる夫バブルと一緒に

.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \  やらない夫もハジけてみるかお!

     |     ` ⌒´ノ |`'''|    ∑ ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \

    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |

   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /

 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´

( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l

       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\

       .|            /            \             |) )

       ヽ          /               \           ,r' /

         \      , '´                   `' ,        /ー'′

          \     (                     )     /



見てて分かるぐらい落ち込んでるから和ませようとしたんでしょうが!

面白くなくても少しぐらい感謝したらどうですか!

常識的に考えて!



26 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:21:05 ID:2WrlO5cM0





                       / ̄ ̄\   ぐえあ!

                     / .,;;,. !、_   \

                     |(O)illi(○)lii . |

                     | (__人__)    |

                      l ||!!ii!!ii|  U |

                     {とO0o| U   |

                    ,r'{ Uェェェ|    / ゙ヽ

      / ̄ ̄\           |!、 || U   ,/   |

     /      ) ( \   ズンッ! ヽ  |U ヘr_∩    |

   /        ⌒   \ ____|    !、_\   |

   !、-―゙―゙゙ ̄ ̄ー ―=   ̄  ̄`::、::゙i\ \  |

  /           __―――=, ,ノ    \.___,ィ' l

/         ー ̄ ̄   ̄ ゙̄´゙   , '          |

|        /´                     /



そんな気遣いイランお!                        ___

そんな事やってるヒマあったら具体的な案出すお!      /_ノ .,;;,.  \  ぐぼあ!

                                  / .iil(○)illi(O) \

やらない夫いつから芸人になったお!          / U   (__人__)   \

                                 |    U |ii!!ii!!||     |

                                 \     |o0Oつ   /

                                /  ヽ   |ェェェU  ‐'、          / ̄ ̄\

                               /   ∩ _rヘ U ||    ズンッ!!   /       \

                               |   /_ノ U|   |  |___ /           \

                               |  / / /::、::´ ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄―゙―-、 |

                               lヽ、__./   ヽ丶=―――__           \

                               |        丶   ゙`゙ ̄ ̄   ̄ ̄ー         \

                                \                     `\        |



                               やる夫様こそ天下の五奉行でしょう?

                               こんな時こそ頭使わないとだめでしょうが!



                               いきなり殴りかかってくるなんて、やる夫様こそ

                               いつから武断派になったんですか?



.



27 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:21:49 ID:2WrlO5cM0





     ___

    /    \       ___     

  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;   離すお!

  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;  

  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ; 

  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;

  |          | \ヽ 、  ,     /;

  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、

  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;

  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ

 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/



 良いですか?

 前田大納言が亡くなったら、やる夫様が豊臣を率いないといけないんです!



 大将には武徳が必要って大納言様も言ってたでしょう?

 これからは法律とか仕組みとか、それだけじゃダメなんです。

 人の気持ちもちゃんと考えてください!



.



28 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:22:17 ID:2WrlO5cM0





<失礼します!



       ____

     /:::     \     やらない夫、泣いてたお。

   /::::::::::     \

  /::::::::::         \  でもやる夫だってこれからどうやったら良いのか判らんお・・・。

  |:::::::::::::::         |  藤吉郎さんならこういう時どうするお?

  \::::::::::::::       /ヽ 小一郎さん。やる夫はどうしたら良いんだお?

   /:::::::::        くゝ  ) 

  ;|::::::::::::          / ; 誰か教えて欲しいお・・・。

  ;|::::::::::::::       イ ;





 この後、大坂のやる夫に目立った動きは見当たらない。



 この間に秀吉の本葬と前田利家×徳川家康の会談の準備があったとはいえ、

 1月から2月末までの機敏さを考えると手詰まりだった感があるのは否めない。



 一方、徳川陣営はこの1ヶ月でやる夫に致命傷を与えるべく活発に活動している。



.



29 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:23:10 ID:2WrlO5cM0





 また前田利家が重病であることは、この間既に周知の事実となっていた。

 そして利家本人の危惧通り、この情報は大坂方を大きく動揺させることになる。



 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 【審議中】

        ∧,,∧ ∧,,∧ ダイナゴンダメダッテ!

   ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧

  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` ) ヤバクネ!

   l U l (  ´・) (・`  )l と ノ

   .u-u (   l). (l   ) u-u'

        `u-u'   `u-u' マジデ!



 【審議終了】

      ∧,,∧  .∧,,∧   ・・・。

  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧

 (´‐ω‐) ∧∧) ( ∧∧(‐ω‐`) ・・・。

 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ

  u-u (l    ) (    ノ u-u

      `u-u'  `u-u'  ・・・。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――



 そして、こうしている間にもやすな達の毒電波攻撃は豊臣方を蝕むのだった。



30 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:24:50 ID:2WrlO5cM0





 ー 伏見 藤堂高虎邸 ー



――――――――――――――――――――――――

 |  ∧         ∧

 | / ヽ        ./ .∧

 |    `、     /   ∧   ・・・。

 |       ̄ ̄ ̄    ヽ

 |  ̄ ̄ ̄月曜日 ̄ ̄ ̄)

 |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\

 | ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-  /   

 | ::    \___/    /

 | :::::::    \/     /

――――――――――――――――――――――――





.



31 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:25:16 ID:2WrlO5cM0





               ,、

             // 

           ///)

          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、  

         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\  先の紛争において、

         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i  大坂方に比べ我が伏見派の兵力は半分以下だった。

        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il

        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /  にもかかわらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か?

      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y

     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i

    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L

    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l

   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!

  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、

 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、

/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐fi



.



32 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:25:51 ID:2WrlO5cM0





 ___________________________________________

 :::::::::::::::::::::::   :::::::::::: :::: ::::::            :::::::::::  ::: :::::::   ::::::::   ::::::::::  ::::: :::  :::::::::::

 :::::::::::   :::::  ::   ::: :    :  ::加藤 嘉明::::::::::::::::::黒田 長政:::::::::::::::::::::::::::池田 輝政:::::::: ::::::::::

 ::::::::::::::::::  :::::  :::: ::::::::::  :::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::::::::/:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ:::::::::::::::, -―‐-、::::::::::::_   ボーヤだからさ!

 :::::::加藤 清正:::::::::::::::浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ:::::::/_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.|:::::,:/:::::.::::::::,::ヽ:::ヽ、::::::::::  

 :::::::::::,.: ----、__:::::::::::::,. -―‐‐:、 ::::::/:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|::::|:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|::::::/:::::.,i iヽ/i ィ ,:::::ヽ:::::::::::

 :::::/:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/::::レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.|::::/イ::ハl:::::::l/ l/i |彡::::::::::::

 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ':::::::::::::V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.| i/.i:.l<()>:::<()>.l l リミ:::::: :: :::::

 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」:::::::/:>`ー_´イハ:::::::::::::::V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::. |:::::::::i:{. . ∀   リノイ:::::::: ::::::::::

 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|:::::::::::レ/ ,.イ-ト.、^'::::::::::::::::::::::::::::/レ へ}|:.:.:.:. |:::::::::.トゝ _ ,.イ | |.|::::::: :::  :::::

 :::::::レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|:::::::::::r‐ァ{ニV‐‐∧┬i::::::::::::::::::::::/ .| /   }:.:.:.:/:::::::::::ハ7`゚◎゚´マヽ l.|::::::  :::::::

 :::::::::::::::∧`r<´:::::::::|:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|:::::::::::|/‐:| _H  ト >|::::::::::::::::::人Vへ _ ∧:.:/::::::::::|(      ).| !|:::::: ::

 :::::::::::/\__∧:::::::|:.:./ |:|└^r┼L:::::::::|TT く| |_「|7| ||::::「「77´::/|レへ._ / Vへ:::::::::::| 〉____〈 |八:::: ::::::

 ::::「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く:::::__,|L二 ](__二二」:::::{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | |::::::://::::::::゚|:::::::ヘ \::::: ::::::

 ::::|.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-',-、           _ `―-- 、._/細川 忠興 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|

 ::::|.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄/:: 福島正則:::::::::::::::::::〉/     \, -:―:‐-、              / /:

 :::::|.|_.」    ` >ー┴’__|.:/:/ .:.:.:.:.:.:.:.:\.:ヽ、_, |二二二二/.:`.:.:,.:::::::::.`:ヽ、 .二二二二二二二:/::::::::

 :::::| | |     `T ――――/.:.:/.:.:.:.:/.: ̄.:.\\::::::::: :::  :::::::::/::./ ,/ :::::::ヽ,::::、 、ヽ:::::::::  ::::::::::  ::::::: :::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::|.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ.: |:::::::::::::: :.::::::::::イ ハ/ヽ/Vヽ、:l | |::::::::::: :::::::::::::

 :::::::::::::::::::::      ::::::::::::::|.:.:.:.:|_|__|_|.:..::/:::::::::: ::::::::::::::::/i l<()>:::<()>::l ノノ |:::::     ::::::::::::  ::::::

 :::::::::::::::::::: :::::::: :::  :::::::::::|.:.:.:.:|__几_j |/:::::::::::  ::::::.:::::::::::::v{  _  ル:ノ:::  ::::::  :::::::

 :::::::::::: :::::: ::::: :::::::::::::::::::::::|.:.:.:.:|",_‐_,."| |::::::  ::::::::::::::::: :::::::::::.ゝ、 _ ,イ:::::::::  :::::::: :::: :::::

 ::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::::\_ト、`こ´/| |: :::::::::::::::::  :::::::::::::., -'ヘ_,ヘ/`--、::::::::: ::::::::    ::: ::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::/.:.:.:|〉ミTTrへ| '::::::::::::  ::  ::::::::::::/ i  Y   /  l:: : ::::

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.



33 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:26:32 ID:2WrlO5cM0





               _,..----、_

              / ,r ̄\!!;へ       諸君!それは我が伏見方の戦争目的が正義だからだ。

             /〃/   、  , ;i       これは諸君らが一番知っている。

             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)

             lk i.l  /',!゙i\ i       我々は政権の中枢を追われ、ここ伏見に退去させられた。

             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /          

             Y ト、  ト-:=┘i       やる夫をはじめとした一握りのエリートらがこの本朝を支配して10余年、

              l ! \__j'.l       武断派の諸君は正当な武功を要求して何度やる夫踏みにじられたか。

              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、    

             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____

     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \  豊臣を支えた武断派諸君一人一人の武功を

    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ 正しき政道が見捨てるはずはない。

    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /

    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ

    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !

   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,

  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\



.



34 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:26:54 ID:2WrlO5cM0





 ___________________________________________

 :::::::::::::::::::::::   :::::::::::: :::: ::::::            :::::::::::  ::: :::::::   ::::::::   ::::::::::  ::::: :::  :::::::::::

 :::::::::::   :::::  ::   ::: :    :  ::加藤 嘉明::::::::::::::::::黒田 長政:::::::::::::::::::::::::::池田 輝政:::::::: ::::::::::

 ::::::::::::::::::  :::::  :::: ::::::::::  :::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::::::::/:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ:::::::::::::::, -―‐-、::::::::::::_   ボーヤだからさ!

 :::::::加藤 清正:::::::::::::::浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ:::::::/_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.|:::::,:/:::::.::::::::,::ヽ:::ヽ、::::::::::  

 :::::::::::,.: ----、__:::::::::::::,. -―‐‐:、 ::::::/:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|::::|:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|::::::/:::::.,i iヽ/i ィ ,:::::ヽ:::::::::::

 :::::/:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/::::レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.|::::/イ::ハl:::::::l/ l/i |彡::::::::::::

 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ':::::::::::::V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.| i/.i:.l<()>:::<()>.l l リミ:::::: :: :::::

 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」:::::::/:>`ー_´イハ:::::::::::::::V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::. |:::::::::i:{. . ∀   リノイ:::::::: ::::::::::

 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|:::::::::::レ/ ,.イ-ト.、^'::::::::::::::::::::::::::::/レ へ}|:.:.:.:. |:::::::::.トゝ _ ,.イ | |.|::::::: :::  :::::

 :::::::レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|:::::::::::r‐ァ{ニV‐‐∧┬i::::::::::::::::::::::/ .| /   }:.:.:.:/:::::::::::ハ7`゚◎゚´マヽ l.|::::::  :::::::

 :::::::::::::::∧`r<´:::::::::|:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|:::::::::::|/‐:| _H  ト >|::::::::::::::::::人Vへ _ ∧:.:/::::::::::|(      ).| !|:::::: ::

 :::::::::::/\__∧:::::::|:.:./ |:|└^r┼L:::::::::|TT く| |_「|7| ||::::「「77´::/|レへ._ / Vへ:::::::::::| 〉____〈 |八:::: ::::::

 ::::「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く:::::__,|L二 ](__二二」:::::{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | |::::::://::::::::゚|:::::::ヘ \::::: ::::::

 ::::|.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-',-、           _ `―-- 、._/細川 忠興 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|

 ::::|.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄/:: 福島正則:::::::::::::::::::〉/     \, -:―:‐-、              / /:

 :::::|.|_.」    ` >ー┴’__|.:/:/ .:.:.:.:.:.:.:.:\.:ヽ、_, |二二二二/.:`.:.:,.:::::::::.`:ヽ、 .二二二二二二二:/::::::::

 :::::| | |     `T ――――/.:.:/.:.:.:.:/.: ̄.:.\\::::::::: :::  :::::::::/::./ ,/ :::::::ヽ,::::、 、ヽ:::::::::  ::::::::::  ::::::: :::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::|.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ.: |:::::::::::::: :.::::::::::イ ハ/ヽ/Vヽ、:l | |::::::::::: :::::::::::::

 :::::::::::::::::::::      ::::::::::::::|.:.:.:.:|_|__|_|.:..::/:::::::::: ::::::::::::::::/i l<()>:::<()>::l ノノ |:::::     ::::::::::::  ::::::

 :::::::::::::::::::: :::::::: :::  :::::::::::|.:.:.:.:|__几_j |/:::::::::::  ::::::.:::::::::::::v{  _  ル:ノ:::  ::::::  :::::::

 :::::::::::: :::::: ::::: :::::::::::::::::::::::|.:.:.:.:|",_‐_,."| |::::::  ::::::::::::::::: :::::::::::.ゝ、 _ ,イ:::::::::  :::::::: :::: :::::

 ::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::::\_ト、`こ´/| |: :::::::::::::::::  :::::::::::::., -'ヘ_,ヘ/`--、::::::::: ::::::::    ::: ::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::/.:.:.:|〉ミTTrへ| '::::::::::::  ::  ::::::::::::/ i  Y   /  l:: : ::::

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



35 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:27:19 ID:2WrlO5cM0





             //         やすな

           ///)         ↓

          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、

         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\

         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i  国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ!国民よ!

        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il       

        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /  我ら武断派こそ選ばれた民であることを忘れないでほしいのだ。

      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y   優良種である我らこそ豊臣を救い得るのである。

     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i

    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L   ジーク・ジオン!

    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l      _____

   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!    r",.-、, \

  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙'ー=‐ (_.人 ヽ._ ヽ

 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ.__ ゝ. \   /

/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> (  \   人





.



36 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:27:51 ID:2WrlO5cM0





 ___________________________________________

 :::::::::::::::::::::::   :::::::::::: :::: ::::::            :::::::::::  ::: :::::::   ::::::::   ::::::::::  ::::: :::  :::::::::::

 :::::::::::   :::::  ::   ::: :    :  ::加藤 嘉明::::::::::::::::::黒田 長政:::::::::::::::::::::::::::池田 輝政:::::::: ::::::::::

 ::::::::::::::::::  :::::  :::: ::::::::::  :::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::::::::/:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ:::::::::::::::, -―‐-、::::::::::::_   ジーク・ジオン!

 :::::::加藤 清正:::::::::::::::浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ:::::::/_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.|:::::,:/:::::.::::::::,::ヽ:::ヽ、::::::::::  

 :::::::::::,.: ----、__:::::::::::::,. -―‐‐:、 ::::::/:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|::::|:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|::::::/:::::.,i iヽ/i ィ ,:::::ヽ:::::::::::

 :::::/:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/::::レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.|::::/イ::ハl:::::::l/ l/i |彡::::::::::::

 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ':::::::::::::V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.| i/.i:.l<()>:::<()>.l l リミ:::::: :: :::::

 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」:::::::/:>`ー_´イハ:::::::::::::::V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::. |:::::::::i:{. . ∀   リノイ:::::::: ::::::::::

 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|:::::::::::レ/ ,.イ-ト.、^'::::::::::::::::::::::::::::/レ へ}|:.:.:.:. |:::::::::.トゝ _ ,.イ | |.|::::::: :::  :::::

 :::::::レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|:::::::::::r‐ァ{ニV‐‐∧┬i::::::::::::::::::::::/ .| /   }:.:.:.:/:::::::::::ハ7`゚◎゚´マヽ l.|::::::  :::::::

 :::::::::::::::∧`r<´:::::::::|:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|:::::::::::|/‐:| _H  ト >|::::::::::::::::::人Vへ _ ∧:.:/::::::::::|(      ).| !|:::::: ::

 :::::::::::/\__∧:::::::|:.:./ |:|└^r┼L:::::::::|TT く| |_「|7| ||::::「「77´::/|レへ._ / Vへ:::::::::::| 〉____〈 |八:::: ::::::

 ::::「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く:::::__,|L二 ](__二二」:::::{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | |::::::://::::::::゚|:::::::ヘ \::::: ::::::

 ::::|.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-',-、           _ `―-- 、._/細川 忠興 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|

 ::::|.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄/:: 福島正則:::::::::::::::::::〉/     \, -:―:‐-、              / /:

 :::::|.|_.」    ` >ー┴’__|.:/:/ .:.:.:.:.:.:.:.:\.:ヽ、_, |二二二二/.:`.:.:,.:::::::::.`:ヽ、 .二二二二二二二:/::::::::

 :::::| | |     `T ――――/.:.:/.:.:.:.:/.: ̄.:.\\::::::::: :::  :::::::::/::./ ,/ :::::::ヽ,::::、 、ヽ:::::::::  ::::::::::  ::::::: :::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::|.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ.: |:::::::::::::: :.::::::::::イ ハ/ヽ/Vヽ、:l | |::::::::::: :::::::::::::

 :::::::::::::::::::::      ::::::::::::::|.:.:.:.:|_|__|_|.:..::/:::::::::: ::::::::::::::::/i l<()>:::<()>::l ノノ |:::::     ::::::::::::  ::::::

 :::::::::::::::::::: :::::::: :::  :::::::::::|.:.:.:.:|__几_j |/:::::::::::  ::::::.:::::::::::::v{  _  ル:ノ:::  ::::::  :::::::

 :::::::::::: :::::: ::::: :::::::::::::::::::::::|.:.:.:.:|",_‐_,."| |::::::  ::::::::::::::::: :::::::::::.ゝ、 _ ,イ:::::::::  :::::::: :::: :::::

 ::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::::\_ト、`こ´/| |: :::::::::::::::::  :::::::::::::., -'ヘ_,ヘ/`--、::::::::: ::::::::    ::: ::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::/.:.:.:|〉ミTTrへ| '::::::::::::  ::  ::::::::::::/ i  Y   /  l:: : ::::

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.



37 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:28:15 ID:2WrlO5cM0





 、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ  

 : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  ふじこぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

 : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  

 ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  

     i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 

   , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 

 . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  

 // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/

 k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l

 ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /

 >      イ{     //: : /| /

 从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_

 _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \

 レ   ___  V ハ    V         ヽ

 ハィ彡――-ソ   ハ     V       \

  V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \

   V   /   // ハ     \        ハ

 \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム





.



38 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:28:50 ID:2WrlO5cM0





        /ハ        

        //:Λ       ・・・という感じにいつものをやったところで、

       ////Λ       今日の分をお願いするよ!

       /://☆:Λ      

      ///////:Λ     

     /☆//////Λ      前に貰った訴状はやる夫が握り潰してくれたけど、

    //////// ☆Λ     ちょっとずつ内容変えてしつこく送り付けてやるんだ!

    /:-:―――――:ヽ   

   /:. :. :. :.ハ:ハ:. ハ:ハ:. :ヘ    

   / :. :. ハ/⌒ ∨ ⌒∨ ヘ    こうやって毎日送り付けてやれば、皆の熱意は伝わるはずだよ。

 .ノノ :. ノ  ◯   ◯ {:. :.ヽ

   {:. :(.|| ''  __   '' }:. :.}    大丈夫!

   ∨Vリヽ、._ 、 ノ_γニニヽ    五大老筆頭の私が付いてるし、正義は必ず勝つんだから!

      /´:}〈:{| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|

     ./: :ノ:ィく_フ  |:訴状:|

      〉、:_:ノ__|___|

     /: : : : : :V : : }        それじゃ今日はこのヘンで!

    /: : : : o: : : o: :}        

    /: : : : o : : : : o: }        ジーク、えーと後なんだっけ?

    >、: : : : : :Λ : : ノ、       まあいいや、じゃまた明日!

   ヽ::::: ̄ ̄::::::: ̄:::ノ   





.



39 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:29:38 ID:2WrlO5cM0





ー 伏見 徳川 家康邸 ー



             . :. ―――――‐ :. .        

          . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、        ・・・ということでまた上手くいったよ!

        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\      

        :. :. :. .. ..                    ヽ     武断派の連中煽りまくって大坂に訴状ラッシュだ!

      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ     藤堂高虎とか、池田と細川と黒田も上手く煽ってくれてる!

      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ  

     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ    しかしあの加藤清正ってのは、

     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ   頭良いのにやる夫の名前出せばいつもキレてくれて助かるよ!

    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\ 

    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄  貰った訴状は加藤清正名義でやる夫に届けて後は放置だ!

  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |    あんなのやる夫が受け付ける訳ないけど、

    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :    それで益々キレてくれるね!

   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /     

   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/      

           /: : : : :\、._ー __ . ィ<         

            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\       

           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \

             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐

             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r-'

             V: : :\゚ 。:{{   ト-<

             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ

             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\





.



40 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:30:15 ID:2WrlO5cM0





            _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-   ああ。

.     /               ` <  今にもやる夫襲いに行きそうな勢いだ。

__ /      j     }        

∨//V /     /|   } }i   ヽ   前はやる夫と一緒に他の連中も始末するつもりだったから

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト  襲うのだけは止めてたけど、今となっては全力で襲わせてやる。

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ}     

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从  やる夫さえ居なくなればあんな連中いつでも片付けられる。

    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|  

    | 八  l|"         " }|   襲うところまで行かなくても、アレだけしつこく訴状出してれば、

    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |    アイツらがケンカしてるってイメージは広がるだろう。

    | l    { ,く \_下、 ´   lN     

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    ついでに悪者はやる夫、それと最初に訴状を出した小西行長って事にしてるから、

    | |  /  {   |∧   ヽ l|    この二人VSそれ以外って風に豊臣派を分断できる。





.



41 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:30:52 ID:2WrlO5cM0





                           ( \          / )

                           \ \        / /    

                             \. X  ̄ ̄ X. /      

                        γ:ニニニニニニニニニニニニニニニニニ:ヽ そして毒電波攻撃だ!

                         |:::::|:. :. / |:. / |:. :.ハ:. :|、 :. :. |:::::|  

                         |:::::|:. /  |/  |: /  ヽ:| ヽ:. :.|:::::| もう上方はウチの間者で一杯だよ?

                         |:::::|/  γヽ |/  γヽ \|:::::|  

                         |:::::|   | |      | |   |:::::| 上方中の審議会場に紛れ込ませて

                         |:::::|   、ノ     、ノ  |:::| 噂話に尾ビレとか背ビレとか付けたった!

                         |:::::|      r――┐    |:::::|  

                         |:::::|      、__ノ       |:::::| 今頃は武断派がやる夫を襲うとか、

                         ヽ[[[[」ニニニニニニニニニニニニ「]]]]ノ やる夫とが豊臣政権を私物化してるとか、

                          \: :Y: :v: >{父}<: v: :Y: :/   そんな話でもちきりだ!

                             ー '}: \v/: { ー‐ '

                              / : 。: : : 。: ヘ       みんなも早く地デジに移行しよーね!!

                              〈: : 。: : : : 。 : 〉

                             /:::ー‐::^::ー‐':ヽ

 【審議中】                       ーr‐┬ーr‐┬ '

   カトーガ ∧,,∧ ∧,,∧ マエノコンギハ・・・       |  |   |  |

  ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`) ∧∧ヤルオトコニシ!     |―|   |―|

  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧<`∀´ >           |豆|   |豆|

  l U l (  ´・) (・`  )l と ノ             ー‐′ ー‐'

   .u-u (   l). (l   ) u-u'               ヤルオトコニシ! ∧,,∧  ∧∧ ジローハ・・・

   マエダハ `u-u  `u-u'                 ナリタケハ・・・∧,,∧<`∀´ > ・ω・` )∧∧ エビフライハ・・・

                                      ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧ (ω・` )

          ∧,,∧  ∧∧ ヤルオトコニシ!            l U l (  ´・) (・`  )l と ノ

        ∧ (´・ω・ <`∀´ > ∧∧ ヤッパオオサカダヨネ?     .u-u (   l). (l   ) u-u'

       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )          ヒルメシドースル? `u-u  `u-u' チャーハンハ・・・

       | U (  ´・) (・`  ) と ノ ゲンセイケンダシ!

        u-u (l    ) (   ノu-u         

           `u-u'. `u-u' トクガワハ?    





.



42 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:31:16 ID:2WrlO5cM0





        , :.――‐:. 、    

      ./ :. :. :. :. :. :. :\   よーし、じゃあもう一発だー!

     /:. .. / ハ l    ヽ   もういい加減やる夫も悪人イメージが定着したし・・・。

   _ /:. ハ/ |/ ヽ|ヽ|\:. :ヘ_ 喰らえ奥義!

  〈 ))))ィ:|━    ━ |n::.(((( 〉

  F:彳|::〈         リノNF:彳          _jL

  |: :ノ‐VV>:‐rr:v:rr-
    ー――イ〈:{介}:〉:トー―― '         ○      o  , - 、`Y´  o       |┼┼|  ニセ暗殺の術ー!

          |: ヽVノ: :|               ,、          弋_丿          |┼┼|

         /:: : : : ::ヘ            ○ `´            ゜   O   ゚   辻十」

      人:_: ヘ :_:_:_:〉            O      o   O  __          ||

       <彡ヘ//////ハ               ○           `´    〈〉     ||

     「  . ィ ヽ////ノ                    _人_     人          ||

     |_| |  |  ̄                      `Y´    <   >     _ノ fコ

     |_|  、  ̄厂厂ヽ                         `Y´,..-=ニ≠ー-厶L   皆さん大変だー。

    (:_:ノ    ̄ ̄ ヽ:_ノ                          /::::::::ィハ::::;:∧::ヽ´

                                        :':::::::::::/,.、 V ' ,、レlハ   やる夫と小西行長が

                                        ノ::::::::::/ ∪   ∪ {::',   徳川家康を

                                       ´ {::::rv|     _   }:ハ  暗殺しようとしてますよー。

                                        ∨v辷ァ-(_厶ィvノヾゝ 

                                           /、   ` ー- _

                                           /   V/T-‐┴'   てーへんだてーへんだ!!

                                       _r ´  o ' 。|

                                  ⊂lニ二 ̄Vニヽ、 ゚,ィl ゜/       誰かたすけてー!

                                        ̄<三≧仁レ1

                                         'ー=ニ三ノ

                                             l .|

                                             ||

                                              廿



43 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:31:44 ID:2WrlO5cM0





―――――――――――――――――――                          

 【審議中】                   

 ヤルオトコニシ!∧∧  ∧∧ヤルオトコニシ!  

    ∧∧ <`∀´ ><`∀´ > ∧∧ヤルオトコニシ!

    < `∀> ∧,,∧ ( ∧,∧<`∀´ >      

    l U l <    ><   >と ノ       

     .u-u  l   l).(l   l) u-u'       

 ヤルオトコニシ!`u-u `u-u' ヤルオトコニシ!          

―――――――――――――――――――   

            _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-  

.     /               ` <  よーし効いてるぞ?

__ /      j     }     

∨//V /     /|   } }i   ヽ   流石に暗殺まで信じた奴は少ないけど、

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト   噂話の中でコレだけ「やる夫と小西」って繰り返されれば、

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ}   この二人がセットっだって思う奴は増えるだろう。

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从

    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|   TVのCMと同じだ。

    | 八  l|"         " }|    話とか商品の中身なんてどうでも良いんだよ?

    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |

    | l    { ,く \_下、 ´   lN

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|

    | |  /  {   |∧   ヽ l|

 

 これで勢力図は大きく変わったぞ。



44 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:32:29 ID:2WrlO5cM0





 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■Before(大坂派と伏見派)                   

 ┌────────┐    .┌─────────┐ 

 │   [大坂城}    |    .│    [伏見城}     │ 

 │ 豊臣秀頼の居城 |    .│ 徳川家康の出張所 │    対立軸が、

 │     ↓    .  | VS  │      ↓       .│    大坂と伏見という「居場所の問題」ではなくて、

 │    豊臣派      |    .│     徳川派 .  .. │    文治派と武断派という「主義の問題」に戻ったんだ。

 │   (やる夫派) .   |    .│ .   (嫌やる夫派)   |   

 └────────┘    .└─────────┘ 

                 ↓                     これはやる夫が大坂移転でやった事の反対だから、

                                       その前の状況、私たちが有利な頃に戻ったんだ。

 ■After(やる夫+小西行長と徳川家康+武断派)      

 ┌────────┐    .┌─────────┐ 

 │やる夫と小西行長..| VS  │   .  .  .  .   │ 

 └────────┘. . .  │   徳川家康    .│ 

       .           . .│   . 武断派    .. │ 

     .                . │          .     │ 

          .. .   . .    └─────────┘ 

       ↑                ↑ ↑ ↑       

  一部の親やる夫派       大多数は強い方へ着く   

 ┌──────────────────────┐ 

 │    .      その他(日和見)            . | 

 └──────────────────────┘ 

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 これで大坂城にいる大名も、伏見に居る私達とつるみやすくなったぞ。

 これもデカイな。



45 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:33:04 ID:2WrlO5cM0





    ( \          / )

    \ \        / /    そーだね!

      \. X  ̄ ̄ X. /    

 γ:ニニニニニニニニニニニニニニニニニ:ヽ  それと今回はやる夫の味方を「文治派」じゃなくて

  |:::::|:. :. / |:. / |:. :.ハ:. :|、 :. :. |:::::|  「やる夫+小西行長」って更に絞り込んでやってるのも地味に効いてる!

  |:::::|:. /  |/  |: /  ヽ:| ヽ:. :.|:::::|

  |:::::|/  γヽ |/  γヽ \|:::::| 仲が良い連中にはこんなの効かないだろうけど、

  |:::::|   | |      | |   |:::::| それ以外の日和見どもには大きいよ?

  |:::::|   、ノ     、ノ  |:::| 

  |:::::|      r――┐    |:::::| 「やる夫さえ居なくなれば全部解決するっ」て思う連中は増えたはず。

  |:::::|      、__ノ       |:::::| これでやる夫の友達随分減ったんじゃない?

  ヽ[[[[」ニニニニニニニニニニニニ「]]]]ノ 

   \: :Y: :v: >{父}<: v: :Y: :/   道連れになった小西行長には気の毒だけど、一緒に死んでもらおうか?

      ー '}: \v/: { ー‐ '     

       / : 。: : : 。: ヘ       

       〈: : 。: : : : 。 : 〉

      /:::ー‐::^::ー‐':ヽ

       ーr‐┬ーr‐┬ '

        |  |   |  |

         |―|   |―|

        |豆|   |豆|

        ー‐′ ー‐'



.



46 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:33:31 ID:2WrlO5cM0





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

              . . : ´.: : : ̄ : : ゙:   。.

        ,  ´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.`          上等だ!

       .. ,. : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : `    

..      /: : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : :\ `ーx   そんなに襲って欲しいなら

     /: : : : : : : : : : : : : : ,′.:/.: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ: : }   全員まとめて刻んでやるよ!

..    ,′: : : : : : : : : : : : :.:{//.: : : :./.: : : : : : : : : :. :. :.:}: :\ 

   ,: : : : : : : : : : : : : : /: :,: : : : :.,.: : : : : : : : : :. :. :.i: :|: : :},}

..   {.: : : : : : : : : :.ー=イ: : : :|: : : : :.{: : : : : :+十ト-: : |: :|: : :ト、

    i.: : : : : :. :. :. :.__≧: : : : {: : : : :.ト、: :从{ リ」ll} : : : }: :|: : :}

    ',: : : : : : : : : : `: : : : : :人: : : : ゚。ヽ{ 〃 n `|:.: :}/ヽ}川i}

..    ': : : : : : : : : : : : :.\//{\: : :.\ {{  {l} }: :人_ノルリリ                  ____

..    ‘,: : : : : : : : : : : i'⌒ヽ!: : :`{ヽ: :≧` ー .ムイ \                    /      \   無茶言ったらいかんお。  

     ゚。 : : : : : : : : : 人 {: |: : : :|           r'                  /.u _ノ  ヽ__\  

        ヽ : : : : : : : : : : \│ : : |          r=‐','"⌒\            / u  (─)  (─ )\  てか弥九郎

       \.: : : : : :. :. :. :.`|: : : :|       r‐{ // { i  \          |       (__人__)   |  瞳孔閉じるお。

          /⌒ヽ : : : : / |: : : :|        {` / { L   \         /     ∩ノ ⊃   /

       /    }ヽ: :/.   |: : : :|   ≧ _ .... j ヽ{_{ヽ-'ヽ   .\       (  \ / _ノ |  |

       `ー= _l  {   .|: : : :|  {ー--.、}__:.:}   \  \   }       .\ “  /__|  |

       /.: : : :. :.} {¨¨¨¨¨|: : : :|¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}:.|     `ー― ヽ   |         \ /___ /

        /:: : : : : : | |     .|: : : :|          |:.|           }    |

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



.



47 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:34:24 ID:2WrlO5cM0





 ーそして2月29日 伏見ー





 前田利家が伏見に出向く形で両陣営のトップ同士が会談。

 紛争は事実上終結しているので、形式的な手打ちの儀式である。





                ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,  

               (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、  竹千代殿

               ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"  こうしてまた二人味方として語り合える事を

       .     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、  嬉しく思いますぞ?

            (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ

             )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ

              ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )  

             (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く 

              リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )

             `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `, 

              tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ

               )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、

             /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,,))     

            ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (    

            i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、, 

            ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )

            、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (



48 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:35:47 ID:2WrlO5cM0





             Λ:>、

           ./: :ヘヽ\        あーそーだねー。

          /: :/ヘ У

            //: ./ヘ         これからもいっしょにがんばろーねー。

           ./: . /: :/ヘ

          / /: :/: ./ヘ

          У:――――‐:く

       /:. :./l:ハ:. ハ:l、:. :ヘ.  rへ-、

        /:. :r≡≡=≡≡r:. ヘ /ー:r ^

      ノィ:.(}、__.八.__ノ|l):.ヽ: : /

       从::{ヽミ彡-ミ彡' リ:从 : /

   , -r: 、.__V>‐r rッr:<V: : /

   (r_ノ{ : : : : : :ヽ >:|ハ|:<: ://

   笊、 ` ー―‐ ヘ\v/: : }

 .ノノノ }      {: :。: : :。 : {

くくく _ノ     __ノ(: 。 ー: 。: ハ

      γ´   V//\:ノ、:_:_ 人

        、._ . : :ヽミ////////Λ

           ̄ ̄ |豆トーイ⌒Y

             ー‐'   ノ  |

              /{   ノ

            「{ > ´

            | 豆{

              ー‐'



.



49 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:36:13 ID:2WrlO5cM0





               ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,      双方色々と行き違いはあったが、

              (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、   これをもって手打ちとし、

              ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"   

      .     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、    信長公にお使えしたあの頃の様に、

           (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ   秀頼様をお守りするのだ。

            )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ  

             ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )      お互い戦国の世を駆け抜けて五十年近いが、

            (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く    これからは後進を盛り立てて

             リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )  新しい世のために尽くすのだ。

            `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、, 

             tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ

              )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、

            /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,,))     

           ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (    

           i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、, 

           ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )

            、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i ( 



.



50 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:36:46 ID:2WrlO5cM0





 \  \  ヽ  ヽ           /  /  /  /  

   \  \ ヽ  . : ―――― : .  /  /  /     そーだねー。

 \  \.    / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \    ./  /  

   \.      '     l   l      ヽ     ./    (あーめんどいな。もう終わった紛争なんかどーでもいーんだから

 \.   ___/_:. :. l:. /|: ハ:. :ハ:. :/:. :l:. :. _ヘ___    ./   テキトーに話ふってさっさと終わらせちゃえ!)

      LLL_}_|:/ .|/  V  V \:|:_{_JJJ

     人 とノ⌒ヾ  ̄`ヽ γ´ ̄ 7⌒ヘつ人

     /ミ彡〉^|:.| ` ー '  ヽー‐ ' |:.|^〈ミ彡ヽ

     |.   |ヽ|:.| ' '          ' ' |:.|ノ:|    |

      、 ⌒>J.   ┌-----┐  レ<⌒  .ノ

      \     > 、.__.ノ <     /

       \ \    ∨ヌ∨    /  /

 /       ミ._V   ハ   V彡 '       \

   /        |     |/|     |         \

 /  /      .|     .|/|.     |.       \  \  

   /  /  /  |     |/|     | ヽ. \  \    



.



51 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:37:17 ID:2WrlO5cM0





       . :. :. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:. :. .       (あっ隣の屋根にカワイイ猫が。

       /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .   \      あの太り具合がいーですねーいーですねー?)

      /:. :. :. :. :. :. :.      l.     ヽ

    /:. :. :. .. .. .. ../.. .. ハ .. ハ .. l.. .. Λ ヘ

   :' :. :. :. :. :. :. / |:. /  V_ヽ|_/  \ヘ

   | . :. :. :. :. : / γ)≠彳:=<.    >、

   | :. :. :. :. : /  / ヘ///ィ彡三\  /、:ミ\

   | :. :. :. : ノ  / Ξ}//{:{:{{:(└)} ∨Ξ }l

   |:. :γ |:. |/:{  ノ|///ヽミ三彡'//т/:|

   .:. :.乂.|:/: : :oV L:三三三三三三ノ./ハ|

   /:. ノ :: / : : o /          , ィ:YV

  ./:/レ/: : : : :/≧=:r:r 只-:=:≦: : : /     まーそーいうのも大事だけど、まだ寒いし、もう帰った方が良いんじゃない?

     {: : : :ノ: : 〈 { ヌ }:〉:}: : : : : :/      犬千代さんも何か顔色悪いよ?

       ` ーイ: :〈: V:.リ:〉:r ― ´       (少しは空気読め!はよ帰れ!)

         | : : ヽ:V:/: :|            





.



52 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:37:57 ID:2WrlO5cM0





               ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,      心配無用。

              (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、    ちょっと明国のお土産を喰いすぎただけだ。

              ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"    あの冷たさが何とも病みつきでな?

      .     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、   

           (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ    最近は視力も良くなったのか、

            )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ     北斗七星の隣の小さな星までよく見える。

             ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )       

            (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く  今日の為にタバコもしばらく止めておったし、

             リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )  体調悪いハズがない。

            `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,  

             tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ この混乱が収まったら隠居して  

              )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、 領国経営に専念するつもりだ。

            /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,,))   

           ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (  

           i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、

           ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )

           、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i ( 



.



53 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:38:45 ID:2WrlO5cM0





   /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.      \     ・・・。

  ./:. :. :. :. :. .. .. .. .. .   /   }       ヽ

  : :. :. :. :. :. :. :. :. l:. :. :/ |:. :. :ハ:. :. :l. :. :. :. :. :.

  |:. :. :. :. :. :l:. :. /| : /  |:. : /  X : | :. :. :. ヽ:|

  |:. :. :. :. :. :|:. / |乂_ |:. / / ヽ:|∨:. :. |

  |:. :. :. :. :ノ|/ __ ニ レ′ 'ィ^ミヽ .} :. :. |

  :. :. :/^|:. | Τ::::::::|       |:::::| } ハ:. :. |

  ./:. :.{ |:. | う辷ク      う:ク   {:. :. :.|

 /:イ:. ::ヽハ: |            '     ノ:: ハ:.|

   Vハ:: :: :: :ヽ、  ヽ、.__     ,. イ:: :/

      ヽ::/ヽノ‐≧:-r v-、-:≦ミ:ノ |:/

       /: : : :ヽ{ Y .ニ): : }: :Vヽ

       |: : : \}ノ}  -} <: : : : :\

       |: : :_:/: :{{.  /」: : }: : }: : : : \

       | :/: : : : : ヽX: : : :/: : ノ: : : : : : 〉

         : : : : : : 。:゚:ノ: \/ : : 〈ー: ': : :/

        ヽ: : : : / o: : : : : :o: 〉: : :/





.



54 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:39:17 ID:2WrlO5cM0





   /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.      \     ・・・。

  ./:. :. :. :. :. .. .. .. .. .   /   }       ヽ

  : :. :. :. :. :. :. :. :. l:. :. :/ |:. :. :ハ:. :. :l. :. :. :. :. :.   あっそーなんだ?

  |:. :. :. :. :. :l:. :. /| : /  |:. : /  X : | :. :. :. ヽ:|

  |:. :. :. :. :. :|:. / |乂_ |:. / / ヽ:|∨:. :. |    まータバコやめるのは体に良いけど、

  |:. :. :. :. :ノ|/ __ ニ レ′ 'ィ^ミヽ .} :. :. |    今回ぐらいはいーんじゃない?

  :. :. :/^|:. | Τ::::::::|       |:::::| } ハ:. :. |

  ./:. :.{ |:. | う辷ク      う:ク   {:. :. :.|    おまつさんも多分許してくれると思うよ?

 /:イ:. ::ヽハ: |            '     ノ:: ハ:.|    大坂帰ったらゆっくり吸うと良いよ!

   Vハ:: :: :: :ヽ、  ヽ、.__     ,. イ:: :/

      ヽ::/ヽノ‐≧:-r v-、-:≦ミ:ノ |:/       領国経営もうまくいくと良いね!

       /: : : :ヽ{ Y .ニ): : }: :Vヽ

       |: : : \}ノ}  -} <: : : : :\   

       |: : :_:/: :{{.  /」: : }: : }: : : : \

       | :/: : : : : ヽX: : : :/: : ノ: : : : : : 〉    じゃー今日はこのへんで!

          : : : : : : 。:゚:ノ: \/ : : 〈ー: ': : :/    

        ヽ: : : : / o: : : : : :o: 〉: : :/



.



55 :◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:39:43 ID:2WrlO5cM0





ー 次の日 ー



            _r‐ヘ

         ´     ',⌒ ー-  _  どーだった?会談は?

.     /               ` <´ 

__ /      j     }     ヽ 前田のオッサンは元気だったか?

∨//V /     /|   } }i   ヽ  

 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト

 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!                   . .: ―――― .: .

 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }                 . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .    あー。

    | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|                 / : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \  前田利家ね?

    | 八  l|"         " }|                /            .. .. .. .: .: .: .: .: .:ヽ 

    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |                :   . .. .: .:ハ: .: .:ハ .: .: .: .: .: .: .: .: .:  アイツ来週死ぬよ?

    | l    { ,く \_下、 ´   lN               |.: .: .: .:/.: /   : .:/   : .:ハ.: .: .: .: .: .:|

    | |   /  ヽ/、/∧\   l|                |.: .: .: /|:/_ ノ ∨  ヽV_: .:|.: .: .: .:|

    | |  /  {   |∧   ヽ l|                |.: .: V    _      _    Vハ: .: .: .: |

    | |     ヽ  |/∧ V Vl|                |.: /|:| ==≡    ≡==  | |:ヘ: .:|

                                   : .:{ |:| ' '    ′       ' ' | |^ }.: :.

                                  ./:イ:ヽ:|                 |ノ.ノ:ハ:}

                                    :: :: : > 、 ーr:~┬   , ィ :: :: /

                                    Vハ.:: ::≧=|   |-:=≦:: :: ハ:/

                                       ハ´ : /:|   |、 } |: :`)ヽ

                                     . ヘ: : :〈 /    . V: |: : : : }

                                   .≠{ ミ}=≠     V:< /: : :{

                                   /:。゚: :ーイV: (     ):/: ' : : : 〉

                                   |: : : : :/:イヽニニニニフ){:_: {

                                   ヽ:_ :ノ |: : : :Vヽ、_ノ: : : : :ヽ



.


60 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:45:08 ID:2WrlO5cM0





     _jL

     `l!´          _人_      ゚  __

   ○      o  , - 、`Y´  o     . |┼┼|  変化ー!

   ,、          弋_丿         |┼┼|

○ `´            ゜   O   ゚   辻十」

   O      o   O  __          ||

     ○           `´    〈〉     ||

         _人_     人          ||

         `Y´    <   >     _ノ fコ

               `Y´,..-=ニ≠ー-厶L   

                /::::::::ィハ::::;:∧::ヽ´

                :':::::::::::/,.、 V ' ,、レlハ   

                ノ::::::::::/ ∪   ∪ {::',   

               ´ {::::rv|     _   }:ハ

                ∨v辷ァ-(_厶ィvノヾゝ 

                   /、   ` ー- _

                  /   V/T-‐┴'  

               _r ´  o ' 。|

         ⊂lニ二 ̄Vニヽ、 ゚,ィl ゜/

               ̄<三≧仁レ1

                 'ー=ニ三ノ

                     l .|

                     ||

                      廿



.



61 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:45:34 ID:2WrlO5cM0





               ,、

             //         やすな

           ///)         ↓

          /,.=゙''"/       _,r'三 ̄`ヽ、  

         i f ,.r='"-‐'つ     /ヘ/" ゙̄\,ミ\  

         /   _,.-‐'゙~     ,! 、!r r。-r ミ   i  ジーク・ジオン!

        ,i    ,二ニー;     ドツ ヽ ̄  fハ, il

        ノ    il゙ ̄ ̄      l ー-_゙   ,、/ /

      ,イ「ト、  ,!,!         ゙! )二」゙  ,!i Y

     / iトヾヽ_/ィ"___.     ヽ.t  _/,!  i

    r;  !\ヽi._jl/゙_ブ,フヽヾーtー:、__ ,トf-≦-=、_,L

    ∧l   \゙7'゙ .j!/ / /\jr=ニ:ー-゙┴、 ゙ミ三ヽi]l「/l

   ./ i !   \.// /./  ./   \ ┌‐ヽミ≦‐十'"!

  /  i゙i     /  ̄ ̄ ̄       i .l ッー-、\_ミ「彡゙ー=r.、

 ノ   ヾ、  /            i! ! \_ ̄i i l r‐へ__\ー-、

/      ゙''y'              l .i  、 l  !.j .l l 「,> ゙t.,>‐fi





.



62 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:45:57 ID:2WrlO5cM0



 ___________________________________________

 :::::::::::::::::::::::   :::::::::::: :::: ::::::            :::::::::::  ::: :::::::   ::::::::   ::::::::::  ::::: :::  :::::::::::

 :::::::::::   :::::  ::   ::: :    :  ::加藤 嘉明::::::::::::::::::黒田 長政:::::::::::::::::::::::::::池田 輝政:::::::: ::::::::::

 ::::::::::::::::::  :::::  :::: ::::::::::  :::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::::::::/:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ:::::::::::::::, -―‐-、::::::::::::_   ジーク・ジオン!

 :::::::加藤 清正:::::::::::::::浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ:::::::/_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.|:::::,:/:::::.::::::::,::ヽ:::ヽ、::::::::::  

 :::::::::::,.: ----、__:::::::::::::,. -―‐‐:、 ::::::/:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|::::|:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|::::::/:::::.,i iヽ/i ィ ,:::::ヽ:::::::::::

 :::::/:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/::::レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.|::::/イ::ハl:::::::l/ l/i |彡::::::::::::

 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ':::::::::::::V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.| i/.i:.l<()>:::<()>.l l リミ:::::: :: :::::

 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」:::::::/:>`ー_´イハ:::::::::::::::V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::. |:::::::::i:{. . ∀   リノイ:::::::: ::::::::::

 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|:::::::::::レ/ ,.イ-ト.、^'::::::::::::::::::::::::::::/レ へ}|:.:.:.:. |:::::::::.トゝ _ ,.イ | |.|::::::: :::  :::::

 :::::::レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|:::::::::::r‐ァ{ニV‐‐∧┬i::::::::::::::::::::::/ .| /   }:.:.:.:/:::::::::::ハ7`゚◎゚´マヽ l.|::::::  :::::::

 :::::::::::::::∧`r<´:::::::::|:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|:::::::::::|/‐:| _H  ト >|::::::::::::::::::人Vへ _ ∧:.:/::::::::::|(      ).| !|:::::: ::

 :::::::::::/\__∧:::::::|:.:./ |:|└^r┼L:::::::::|TT く| |_「|7| ||::::「「77´::/|レへ._ / Vへ:::::::::::| 〉____〈 |八:::: ::::::

 ::::「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く:::::__,|L二 ](__二二」:::::{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | |::::::://::::::::゚|:::::::ヘ \::::: ::::::

 ::::|.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-',-、           _ `―-- 、._/細川 忠興 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|

 ::::|.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄/:: 福島正則:::::::::::::::::::〉/     \, -:―:‐-、              / /:

 :::::|.|_.」    ` >ー┴’__|.:/:/ .:.:.:.:.:.:.:.:\.:ヽ、_, |二二二二/.:`.:.:,.:::::::::.`:ヽ、 .二二二二二二二:/::::::::

 :::::| | |     `T ――――/.:.:/.:.:.:.:/.: ̄.:.\\::::::::: :::  :::::::::/::./ ,/ :::::::ヽ,::::、 、ヽ:::::::::  ::::::::::  ::::::: :::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::|.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ.: |:::::::::::::: :.::::::::::イ ハ/ヽ/Vヽ、:l | |::::::::::: :::::::::::::

 :::::::::::::::::::::      ::::::::::::::|.:.:.:.:|_|__|_|.:..::/:::::::::: ::::::::::::::::/i l<()>:::<()>::l ノノ |:::::     ::::::::::::  ::::::

 :::::::::::::::::::: :::::::: :::  :::::::::::|.:.:.:.:|__几_j |/:::::::::::  ::::::.:::::::::::::v{  _  ル:ノ:::  ::::::  :::::::

 :::::::::::: :::::: ::::: :::::::::::::::::::::::|.:.:.:.:|",_‐_,."| |::::::  ::::::::::::::::: :::::::::::.ゝ、 _ ,イ:::::::::  :::::::: :::: :::::

 ::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::::\_ト、`こ´/| |: :::::::::::::::::  :::::::::::::., -'ヘ_,ヘ/`--、::::::::: ::::::::    ::: ::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::/.:.:.:|〉ミTTrへ| '::::::::::::  ::  ::::::::::::/ i  Y   /  l:: : ::::

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.



63 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:46:31 ID:2WrlO5cM0





 / __//      |    |   |     、 从        

// /  '     ,.|    |   |      ',  }i  ,.ィ__/イ  ・・・。

   /  /   /  / |    ハ   |、   ヽ\  |r//////  

.  /  //  ,イ /   .   /   、  ! \   ト、__、!   ̄|゙"   まあ奴らその気になってるから良いけど。

 / ,..イ ! / {/  \_, ∨ {  /\|   ヽ  }   |   {_Y/ 

. { /  { | / {  ̄ ≧ミ、 \|`´,ィ≦こ ̄ヽ ∨|  ii     |r'  お前いつの間に忍術使えるようになったんだ?

. / / | {イ i   ん心        ム::::心  / Ⅵ  ハ     l/! 

/ / {/,ハ   弋こソ      弋こソ    l ∨イ !     {  

 /  /   〉  - '⌒    ,      ⌒ヽ    ∧{     :.    i

   /  ,ィ{                人   ノ |!    i   |;

  '  / 人            (__。) ,ィ___ノ|!    |    |

 /  {/  >    r-―' ⌒)    イ    リ     |    |

./    |      ` ,.T_ ̄,.T、_´_             Ⅵ   |

         ,......::::/| /,介、  /::}:::⌒ヽ           }   |

       /:::::::::〈:::!' }/// ∨::/::::::::::::::}        :.   !

         {::::::::,::::::>! |//!  {:<::::::l::::::::::|        |   |



.



64 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:46:55 ID:2WrlO5cM0





   /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.      \  

  ./:. :. :. :. :. .. .. .. .. .   /   }       ヽ   ・・・ちょっと知り合いにそういうの詳しい人が居てね?

  : :. :. :. :. :. :. :. :. l:. :. :/ |:. :. :ハ:. :. :l. :. :. :. :. :.  最近他にも色々教えてもらってる。

  |:. :. :. :. :. :l:. :. /| : /  |:. : /  X : | :. :. :. ヽ:|

  |:. :. :. :. :. :|:. / |乂_ |:. / / ヽ:|∨:. :. | 

  |:. :. :. :. :ノ|/ __ ニ レ′ 'ィ^ミヽ .} :. :. |   それはともかく、これでコッチの準備はバッチリ。

  :. :. :/^|:. | Τ::::::::|       |:::::| } ハ:. :. |   後は高見の見物だ!

  ./:. :.{ |:. | う辷ク      う:ク   {:. :. :.| 

 /:イ:. ::ヽハ: |            '     ノ:: ハ:.|   ソーニャちゃん撮影班用意しといてよ?

   Vハ:: :: :: :ヽ、  ヽ、.__     ,. イ:: :/

      ヽ::/ヽノ‐≧:-r v-、-:≦ミ:ノ |:/

       /: : : :ヽ{ Y .ニ): : }: :Vヽ

       |: : : \}ノ}  -} <: : : : :\   

       |: : :_:/: :{{.  /」: : }: : }: : : : \

       | :/: : : : : ヽX: : : :/: : ノ: : : : : : 〉  

          : : : : : : 。:゚:ノ: \/ : : 〈ー: ': : :/  

        ヽ: : : : / o: : : : : :o: 〉: : :/





.



65 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:47:24 ID:2WrlO5cM0





 ということで形勢はやる夫不利のままおよそ一ヶ月が経過。

 1599年の3月は大きな出来事も無く過ぎた。

 この前後に起きた事件の大きさを考えると、大きく不気味な沈黙であったと言えるだろう。

──────────────────────────────────────────────────

                    . . -―― -- . .

               ,  ´.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.`

           ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.、      あーもう我慢出来ない!

          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

         ./.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\     やっぱアイツら殺そう!

        /: : :./⌒: : : : : : : : : : : : : : : :.{ : : : : : : : : : : : : : ヽ

         /: : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 人.: : : : : : : : : : : : : :.}

       ./: : :./: : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : \.: : : : : : : : : : : :.;

        ./: : :./: : : : 廴_i}.: : : :.}.: : : : : : : : : :. :. :.\__,, : : : : : : |

.     ー=彡: : /: : : :/ __,从`}: :./: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : :.|

        .{: :∧: : : :{ ⌒\.! ∧: : : : : }.: : : :. :.\__/.: : : : : :. :. :.|

        .ヽ{ {: : : :| i}   }}/ .}: : : : ,′人 __ >.: : : : :. :. :. :.|

         从人{  __/  /: : :.从: : : :|人  }.: : : : : : : : :. :. :.|

         .r'       ー=彡 イ.: : : :. :.|'⌒ /: : : : : : : : : : : : :|              .    ____

          \             |.: : : :. :.l|  / : : : : : : : : : : : : 人              .  /      \  だから。 

            'v=====ァ      |.: : : :. :.l|/: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ            . /.u _ノ  ヽ__\ やめとけって

.              ヽ⌒ソ     .|.: : : :. :.l|: : : : : : : : : :{.: : : : : : : :. :.\          / u  (─)  (─ )\  

               }/      |.: : : :. :.l|l: :l|: : : : : : :.ヽ : : : : : : : : : : \        |       (__人__)   |無理だから。

             .こ         !: : : : : :l|l: :l|.: : : : : : : :.\.: : : : : : : :. :. :.\       /     ∩ノ ⊃   /

                }     ,.  -|.: : : :. :.l|l: :l|.: : : : : :. :. :. :.\.: : : : : : : :. :. :.\     (  \ / _ノ |  |

             ` テ´ : : : : !: : : : : 人: :{: : : : : : : : : : : : :\.: : : : : : : :. :. :.\    .\ “  /__|  |

                ./.: : : :. :./| : : : : {  \ヽ __  -――━‐- 、.: : : : :. :. :.\     \ /___ /

              /: : : : : :/ .| : : : : |   \\ z/            ヽ.: : : : : : :. :.\

──────────────────────────────────────────────────

 この間、やる夫に目立った動きはない。

 強いて上げれば、小西行長や増田長盛らと徳川家康の暗殺を計画したという説が残っている程度である。



 行動を起こすときのやる夫の俊敏さ。

 それとこの時期の緊急性を併せて考えると、やはりやる夫陣営は手詰まり状態だったと言わざるを得ない。



.



66 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:48:00 ID:2WrlO5cM0





_______________

そして。。。



     ∧__∧≡=- ─

     (´・ω・`)┐≡=-  ─

     と´_,ノ゙ヾ.≡=-   ─ ─

       (´ ヽ、 \≡=- ─

        `ー' \__)≡=-



     Now Speeding・・・

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



67 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:48:38 ID:2WrlO5cM0





 宿命の時は来た。





 閏3月。



 ー 大坂 前田 利家邸 ー



         ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,    ゴホッ。

        (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、     

        ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"  やる夫殿、多忙の中毎日見舞いに来てくれて申し訳ない。

.     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、     

     (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ  虎之助たちがよからぬ事を考えているという噂もあるが

      )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ  この私が生きている間は心配要らん。

       ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )      

      (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く  今日はもう遅いから泊まっていきなさい。

       リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )   

      `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、, ・・・最後に色々と伝えておきたい事もある。

       tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ

        )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、

      /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,,))     

     ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (    

     i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、, 

     ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )

     、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i ( 





       ____

     /:::     \  大納言様、やる夫は最後まで大納言様と一緒にいたいお。

   /::::::::::     \ (ここが一番安全ってのと、前田家内の徳川派が遺言改竄出来んようにするってのもあるけど)。

  /::::::::::         \ 

  |:::::::::::::::         |  今日はお言葉に甘えてここに泊めさせて貰うお。

  \::::::::::::::       /ヽ 

   /:::::::::        くゝ  )

  ;|::::::::::::          / ;

  ;|::::::::::::::       イ ;



68 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:49:06 ID:2WrlO5cM0





       ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,     まずは済まぬ。

      (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、     

      ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"  虎之助をはじめとした諸将にはやる夫殿と和解するよう

   / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、  何度も書を送ったが、やる夫殿の断罪を求めるばかりであった。

   (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ  それどころかあのような噂まで流れる始末。

    )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ  

     ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )     徳川が政権簒奪の意を示した今こそ、

    (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く 豊臣が一致団結せねばならぬものを。

     リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; ) 

    `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,  

     tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ

      )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、

    /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,,))     

   ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (    

   i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、, 

   ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )

   、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i ( 





.



69 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:49:40 ID:2WrlO5cM0





 こうしている今でも、この屋敷の近くに彼らが放った忍びや刺客が居るやも知れん。

     ______________________   _____________

    ((_((_((___((____((_(_((_((_((__((___((___((_((___((_@ ((__((__((__((__((__((___(__((__((__((__((__

   /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  // / / / / / / / / / / / / / / / / / /

 /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_// / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

 ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニl:l//_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

                                 |:|==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@

     ┌oー,ォ_             .          |:| |

     │ /(ヘヽ                      |:| |

     │ ) ,ノ゙^リi                      |:| |             ,. -─- 、   

      l/ (´ヮノト                .      |:| |           /   ___丶  

      ||  \⊂}            .           |:| |        .  ∠. /´ ,.- 、r‐、`|  

      |し'⌒´   |                      |:| |______ _ l |  | ・ | l・ | |___

 __ │      |_______________|/|ヽλ_Y~匚乂_ゝ l. |@`ー' oー' l_ゝ~ヽ

 ヽλ  |____________|、イ~ヽソヽ,ハ__ノ乂_ゝ~ヽソヽ,ハ__ノ、|エ |匚ノ___~A___匚ノ. (\ヽヽ ────ゝ乂_ゝ、

                                            \.ゞ,>nn‐r=<   

             / ̄ ̄ ̄ ̄\,      ⌒十⌒⌒⌒ヽ          ( / `^^´`ヽハ)  

            /VVVVVVVV ヽ    (  ─、 ─、   )⊃       /`! ー--=≦-‐1  

              ├─┬─┐ヽ |  ̄|   ( ┃  ・|・  ┃    )

          .  |   ・|・  |─ |___/   ( , ┸━●.━┸- 、   )

            |` - c`─ ′  6 l   ((_______)  )

            ヽ (____  ,-′   (              )

              ヽ ___ /ヽ     (               )

              / |/\/ l ^ヽ   (              )

              | |      |  |   (              )  



.



70 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:50:12 ID:2WrlO5cM0





      ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,     徳川の野心のため乱世の終わりは今だ見えぬ。

     (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、    また多くの血が流れるだろう。

     ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"  

   / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、   ・・・私も乱世に生まれた身

  (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ   信長公や太閤殿下と共に天下を正すため多くの敵を殺してきた。

   )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ  

    ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )       しかし、いわれも無く人を殺した事は一度もない。

   (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く   もしこれを理由に地獄に落ちるようであれば、

    リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )  理不尽を致す地獄の鬼共は残らず征伐してくれる。

   `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、, 

    tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ  信長公や太閤殿下と一緒にな。

     )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、

   /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,,))   やる夫殿も己の信念に従う限りは

  ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (  どんな手段も躊躇してはならぬ。

  i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、, 崇高な目的の為には汚れた手段も必要なのだ。

  ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )

  、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i ( 



       ____

     /:::     \    分かったお。

   /::::::::::     \   

  /::::::::::         \  やる夫も後で地獄の鬼退治手伝いに行くお!

  |:::::::::::::::         |  

  \::::::::::::::       /ヽ 大納言様は先に待っていて欲しいお。

   /:::::::::        くゝ  )

  ;|::::::::::::          /

  ;|::::::::::::::       イ ;



71 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:50:54 ID:2WrlO5cM0





      ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,     後は秀頼様ご幼少の折に先に逝かねばならぬのだけが心残り。

     (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、     

     ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"  しかしこれも我が宿命。

   / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、  抗わずに受け入れよう。

  (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ    

   )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ   私は先に太閤殿下の元に行く。

    ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )     この魂はやる夫殿に引き継ごう。

   (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く   

    リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )  後は任せたぞ・・・!

   `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,

    tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ

     )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、

   /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,,))     

  ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (    

  i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、, 

  ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )

  、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i ( 



       ____

     /:::     \    ・・・。

   /::::::::::     \   

  /::::::::::         \  

  |:::::::::::::::         |  

  \::::::::::::::       /ヽ 

   /:::::::::        くゝ  )

  ;|::::::::::::          /

  ;|::::::::::::::       イ ;



72 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:51:21 ID:2WrlO5cM0





 1599年 閏3月3日

 やる夫との会話後しばらくして、前田利家は妻まつに看取られながら静かに息を引き取った。

 _____________________________________________

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆:::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\∥/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::= ★=  ☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∥\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ─────────────────────────────────────────────



 享年61。

 死因は結核或いは癌と見られている。

 タイミング的には徳川家にとって余りにも都合の良い話であるが、かなり前から体調不良の記録が残っている為

 暗殺の類である可能性はまずないと見られている。



 人間五十年と言われた当時のことを考えると決して短命ではなかったが、

 75歳まで生きた徳川家康と比較すると早すぎる最後であった。

 

 やる夫はこの知らせを、前田利家邸の別室で聞いたという。

 彼の遺言にはさして政治的意図のある内容はなく、この時を持って前田家は歴史の表舞台から消えることになる、

 

 そして。。。



73 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:51:42 ID:2WrlO5cM0



________________________

        

  ∠ ̄\∩   ・・・やる夫様。

    |/゚U゚|丿

  ~(`二⊃□  やらない夫様から緊急の密書です。

   ( ヽ/

    ノ>ノ

   UU

────────────────────────



.



74 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:52:01 ID:2WrlO5cM0



      ____    

    /   u  \    げっ!

 .. / ─    ─ \ 

 /   (〇)  (〇)   \  おまいは

 |      (__人__)    |  やらない夫専属の忍者部隊!

 \ u   ` ⌒´     /   それが緊急ってことは・・・。



75 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:52:23 ID:2WrlO5cM0





        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

        |                    |

        |                    |

        /    ̄ ̄ ̄ ̄      /  やっぱり!

        /              /

      /   WARNING     /

      /              ../

     /   ____     /

    /             /

  /             /

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



76 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:52:47 ID:2WrlO5cM0





                         ミ

                      ミ  

                                .      , -‐- 、 

                    ミ                / ノ ヽ、 ヽ      

                                     |(●) (●)|

                    ミ              _,...ィ|. (_人_) |

                                ,.. --<´   {ハ `⌒´ ,}``ー、

                         .   .  /´     `ヽ∧ヘ___/リ  ,..ィ>- 、

         ____       γ⌒ヽ      ,i          }`ヽ ノ ノ´'"  ヽ   ヽ

      /   u \      ゝ __ノ    ,/ }ヽ、 ,,      ∨'´  \   ',   }

     /  ─    ─\    〇     . /   ゙丶._(__,. '   ´ { `丶  ;  y ノ ∧

   / U  (〇) (〇) \  〇  ミ   ,' ,ヘ   ヽ  }-       〉 `ー ‐' y'´ ー‐,'"ハ

   |       (__人__)    | ・      

   \        |\  / /|    ミ 

   /     /⌒ノ  \/ ( )     

   |      / / |       |       ミ



  かねてから噂のあった武断派七将ですが、

  前田大納言逝去を機会にやる夫様暗殺に踏み切ったという情報をつかみました。



  具体的には前田大納言様のご葬儀に刺客を紛れ込ませるようです。

  加藤家に潜伏させていた間者からの報告なので間違いはありません。

  

  この手紙と一緒に変装セットを送りますから弔問客に紛れてすぐ脱出してください。

  事は緊急を要しますが、こういう時こそ落ち着いてください。



.



77 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:53:12 ID:2WrlO5cM0







          / ̄ ̄ ̄\      アイツこんな時にまたネタやってるお。

        /─    ─  \    しかも一回スベッたやつ。

       / (〇)  (〇)  ヽ   

       |  (__人__)  u.   |   アイツ受けるまでやるタイプお。かなりしつこいお。

      \  `⌒ ´    __,/   

 .      /            \   ・・・いや、こういう時こそ相手の意表を突く冷静さを失うなという忠告だお。

    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

  (,,)          |       (,,) でも逃げろってどこに?

    |          |        |





.



78 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:53:37 ID:2WrlO5cM0



                         ミ

                      ミ               __

                                    /     ` 、     

                    ミ              , ´       \   

                                   i            ヽ

                    ミ              ! _ ノ ヽ、_ _    i

                                   |( ●) ( ●)    |  

                                   (_   人    )   i  

         ____       γ⌒ヽ            { ̄    ̄ ´     ,!

      /   u \      ゝ __ノ             `、     イ   i

     /  ─    ─\    〇                冫┬‐´ ノ/, ‐',~‐'〈__,,,,,___   

   / U  (〇) (〇) \  〇  ミ            r‐、/ ,イl、/, '´   ///   ヽ_____ 

   |       (__人__)    | ・            _, --‐‐ヽ()l// ll_,.'´   .//゛l lr‐,,-‐'__,,_,, 、`)

   \        |\  / /|    ミ     r'  /‐ll=ll‐i│./"    //oキ//〈‐'´)( )/l,

   /     /⌒ノ  \/ ( )          l=キ 「:::::::::lZ====zz//yノ//⌒ヽー‐'´___/ ,l

   |      / / |       |       ミ



 こんなこともあろうかと、兵を佐和山から連れてきております。

 彼らに防備を固めさせておりますので、まずは大坂の石田邸までお戻りください。



 既にやる夫様と近しい大名家には救援の要請をしております。

 それに敵もこんなに早くやる夫様に気づかれるとは思っていないはず。

 スグ動けば間に合うでしょう。



 前田邸付近の地理は調査済みですから、逃走経路はその忍びが案内します。

 時間がありませんから、この密書を見たらすぐに出発してください。



.



79 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:54:19 ID:2WrlO5cM0





         / ̄ ̄ ̄ `\    ・・・。

        /         ヽ、   分かったお。

       /         _  ヽ

      /       ,イ´::::::::ト、 ヽ  やらない夫が居なかったら間違いなくここで死んでたお。

     {      /::::::::::(●)ヘl 〉 まーこれから死ぬかも知れんけど。

      ヽ   | /::::(__人__):::::::} /

       λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У  取り敢えず無事に家まで戻れたら、

      イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ  あのネタは詰まらんからもうやめろって言ってやるお。

      /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ  あんなものが上方のお笑いとは、やる夫は認めんお。

      

       じゃー道案内は頼むお。

                                ∠ ̄\∩ 激しくお任せ下さい。

                                  |/゚U゚|丿

                                ~(`二⊃□

                                 ( ヽ/

                                  ノ>ノ

                                  UU



.



80 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:54:52 ID:2WrlO5cM0





その頃。。。

_________________________________________________

                                                      .O―~ーーー,~

                                                     . || 前田家御中' :||

                                   凸\_________/,凸、||―~'ー~ーー

                                 ノ´⌒`ヽ三三三三三三三i三.ノ´⌒`ヽ、

                               [二ノ´金`ヽ二]二二二二二二i仁ノ´劵`ヽニフ

                                ,.-┴―┬┴┐鬨鬩鬨鬩鬨鬨鬩鬨                ノノノノ

   ノノノノ  -___                     /ΛΛ //ΛΛ||L匳匳||卅||匳匯||匳||              (゚∈゚__) 

  (゚∈゚*)  ─_____ ______ ̄            /_(゚д゚_//_゚Д゚,,)| |丗卅丗卅丗卅丗卅丗            /⌒  ) 

  丿\ノ⌒\  ____ ___         _,,,.-―''''"_,,,.-―''''"|コ ̄ ∪i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|            ミイ  //  

 彡/\ /ヽミ __ ___         i゛(}[王i王]I()0コ ―― |―――=|――――――――――〕          | ( (   

    ./∨\ノ\  =_         |_∈口∋ ̄_l_l⌒l ノ       ノ      ___l⌒l_ソ           |  ) )  

   .//.\/ヽミ ≡=-          ̄ ̄`ー' ̄ `ー'  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄`ー'   `ー'              | //  

  ミ丿 -__ ̄___________                                                       | ノノ   

                                       -___           ノノノノ            |ノノ   

                                       ─__          ( ゚∋゚)           彡ヽ`   

                                            ----   /二⌒\/ ヽ彡

                                 -___             / / /   /ヽ/ /

                                 ─_____ ______ ̄      彡 /   /ヾ_/

                                                  ( \ノ     

                             -___          ーーーー 彡ヽ/\`ヽ     

                             ─_____ ______ ̄     ミ    \/ \\     

                                                     ヽミ    

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 やらない夫の予想通り、やる夫を狙う刺客が前田家を包囲しつつあった。

 しかし、やる夫の脱出が早かったのと、やらない夫が派遣した忍者が裏道を使ったおかげでここで気づかれる事はなかった。



.



81 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:55:48 ID:2WrlO5cM0





 その頃、石田邸ではやらない夫の手勢が諸将の襲撃に備えて防備を固めていた。

 

 やる夫が襲撃されたこと、そして諸将が手勢を集結させていてることは既に伝わっており、

 やらない夫はじめ一同も殺気立ちまるで戦争のような騒ぎになったいた。

                                               .        ..┌──┐   

         ┌──┐                                         │ 大 │   

         │ 大 │                                         │ 一 │   

   ワー .  │ 一 │                                         │大大│   

      ワー.│大大│                                         │吉万│   

         ..│吉万│     (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)    .     ワー│   │   

      .  . │   │     //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ          ├──┘   

     .      ├──┘    //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ   オラー .  |          

    .       |         //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ    . .   |   キャー   

   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ 

   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ

  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽ 

  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽ 

 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○ 

                  |   |││││││││││││││││|| や ||                   

                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| る .||                   

                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 夫..||

  ___________|   |││││││││││││││││|| 家 ||____________

  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/

  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\

  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""

                                  

 

.



82 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:56:15 ID:2WrlO5cM0





<やる夫様が戻られました!





             __

             /     ` 、      おおそうか。

          , ´       \    流石に今回は心配したが。

           i            ヽ   取り敢えずは良かった。

          ! _ ノ ヽ、_ _    i

           |( ●) ( ●)    |    忍びの者も上手くやったようだな。

             (_   人    )   i    状況的に考えて。

          { ̄    ̄ ´     ,!

           `、     イ   i    やる夫様。まずはお入りください。 

              冫┬‐´ ノ/, ‐',~‐'〈__,,,,,___      

          r‐、/ ,イl、/, '´   ///   ヽ_____    

      _, --‐‐ヽ()l// ll_,.'´   .//゛l lr‐,,-‐'__,,_,, 、`) 

     r'  /‐ll=ll‐i│./"    //oキ//〈‐'´)( )/l, 

     l=キ 「:::::::::lZ====zz//yノ//⌒ヽー‐'´___/ ,l 

     l___「 l====l      // o///( ヽヽ、  / l 

      l__l l:::::::::::l      l l jf//zzzzヽ `l_l/ /´〉

     l/  l≡≡lzニニニzz.//kp/ l l llヽ{ニl_l ,/ /ヽ,

     /  ノiiiiiiiiiil      l l() /l l l  ゙ヘl  l_l./ / l

    l   〈ーーー'        ̄`´l l l ヽ  \  l_l/ l l  

    /   l             \\  `l  l   l_l //l  

   l    l               lll ll lヽ  l   l_ll' l  





.



83 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:56:46 ID:2WrlO5cM0





             __

             /     ` 、      

          , ´       \    

           i            ヽ   

          ! _ ノ ヽ、_ _    i         本来なら前田邸に軍勢を送るべきでしたが。。。

           |( ー) (ー)    |          それだと加藤の刺客どもと戦争になる可能性もありましたので。

             (_   人    )   i         こちらから事を大きくするのは賢明でないと判断しました。

          { ̄    ̄ ´     ,!

           `、     イ   i          助けに行けず申し訳ありません。

              冫┬‐´ ノ/, ‐',~‐'〈__,,,,,___      

          r‐、/ ,イl、/, '´   ///   ヽ_____    外は寒かったでしょう。

      _, --‐‐ヽ()l// ll_,.'´   .//゛l lr‐,,-‐'__,,_,, 、`) こちらに火を用意しております。

     r'  /‐ll=ll‐i│./"    //oキ//〈‐'´)( )/l, 

     l=キ 「:::::::::lZ====zz//yノ//⌒ヽー‐'´___/ ,l 

     l___「 l====l      // o///( ヽヽ、  / l  

      l__l l:::::::::::l      l l jf//zzzzヽ `l_l/ /´〉  

     l/  l≡≡lzニニニzz.//kp/ l l llヽ{ニl_l ,/ /ヽ, 

     /  ノiiiiiiiiiil      l l() /l l l  ゙ヘl  l_l./ / l

    l   〈ーーー'        ̄`´l l l ヽ  \  l_l/ l l  

    /   l             \\  `l  l   l_l //l  

   l    l               lll ll lヽ  l   l_ll' l



84 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:57:10 ID:2WrlO5cM0





<そりゃー有難い。じゃ入るお。





     |┃三  

     |┃    

     |┃   

 ガラッ. |┃   

     |┃  ノ//

     |┃三  

     |┃    

     |┃    

     |┃三  

     |┃三  





.



85 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:57:56 ID:2WrlO5cM0



                            _ , -―-、    

                       , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、

                         ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ     ただいまだお。

                            ):::  ....   \

                           /    ::::::::::::::::::ヽ  ふー危なかった。

                          /       :::::::::::::::::::|

                         / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|  でも変装のおかげで

                        ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|  誰にも気づかれんかったお。

                       (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|

                       | (_人__)      | :::::::::::::::::::|  兵隊送らなかったのはナイスな判断だお。

                       \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|  あの忍者も相当なスゴ腕だお。

                         | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|  流石はやらない夫だお。

                     .    | ||       |:::::::::/::::::::/

                         | ||       |::::::::{::::::::/

                         ヽノ:|      .ヽ::::|:::::::/

                           |       .ヽノ::::/

                            ト、_  |    ::::::ヽ、

                            |   |~7  ::::::::::::::`ヽ、

                          -‐W~フ {  ト、:::::::::::::::::::ヽ、

                         z__,―' ̄Σ Z  ̄ヽ―-、_ノ

                             '―z_,┴'~



86 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:58:19 ID:2WrlO5cM0





    / ̄ ̄\                         

  /   _ノ  \  ・・・。                  

  |    (ー)(ー)                       

  |     (__人__) 

  |         ノ

  |     ∩ノ ⊃ }                      ____

  /ヽ   / _ノ }                     /      \   ・・・どうしたお?

 ( ヽ  /  / ノ                    /─    ─  \

  ヽ “  /_|  |                   / (●)  (●)   \ 無事帰ってきたお?

   \__/__ /                   |    (__人__)      | やらない夫のおかげだお。

                              \   ⊂ ヽ∩     <

                               |  |  '、_ \ /  ) ステキな衣装有難うだお。

                               |  |__\  “  /  おっおっおっ。

                               \ ___\_/   



.



87 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:58:50 ID:2WrlO5cM0





 この緊急時に何やってるんですか!

 こっちは散々心配したんですよ!!

 ってかどこで買ってきたんですかその衣装!



      / ̄ ̄\                                      

    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____

    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\  

.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \

     |     ` ⌒´ノ |`'''|    ∑ ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \

    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         

   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /

 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´

( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l

       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\

       .|            /            \             |) )

       ヽ          /               \           ,r' /

         \      , '´                   `' ,        /ー'′

          \     (                     )     /

 

                           先にボケといて何言ってるお!

                           やらない夫一人だけボケようったてそうはいかんお!

.



88 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:59:15 ID:2WrlO5cM0





.           / ̄ ̄\

.         /  _ノ .,;;,. \ はぐお!

         | .iil(○)illi(O)|

         |   (__人__) |

         |U   |ii!!ii!!|| ノ

         |  U |o0Oつ}

          /ヽ    |ェェェU }ヽ                 この前は負けたけど、

        /  ヽ   U || ノ|           / ̄ ̄\    大納言様から奥義を授ったやる夫に勝てると思うなお!

       /   ∩ _rヘ U|  / ズンッ!!   /ノ(       \  

       |   /_ノ    |____ /  ⌒         \  それにさっきのレスでは「顔出てるでしょ」って

      |  / / /::、::´ ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄―゙―-、| 突っ込まないといかんお!

      lヽ、__./   ヽ丶=―――__           \

      |        丶   ゙`゙ ̄ ̄   ̄ ̄ー         \ そんな奴に上方のお笑いは任せておけんおおぉぉ!

      \                     `\        |





.



89 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 20:59:40 ID:2WrlO5cM0





  どうやら腕を上げたようですね!

  しかしこの蹴りはかわせますか?





      / ̄ ̄\

    /ノ( _ノ  \

    | ⌒(( ○)(○)

    .|     (__人__) /⌒l

     |     ` ⌒´ノ |`'''|

    / ⌒ヽ     }  |  |

   /  へ  \   }__/ /    

 / / |      ノ   ノ     

( _ ノ    |      \´      

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  .キッ!   / \   / \         

___∧,、 /  (〇)  (〇)  \____ 

 ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



.



90 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:00:09 ID:2WrlO5cM0





      / ̄ ̄\

    /ノ( _ノ  \

    | ⌒(( ○)(○)

    .|     (__人__) /⌒l

     |     ` ⌒´ノ |`'''|

    / ⌒ヽ     }  |  |

   /  へ  \   }__/ /                   ユラリ

 / / |      ノ   ノ                     ̄   ̄  / ̄/ ̄  ̄/  ̄  ̄ \

( _ ノ    |      \´       _        -.      . -//  /  ::\/  ::\:::/::  \

       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   /  / .<〇/  .<〇>::::::<〇>  \

       .|                        __ ノ   |   |     |     (__人__)    |

       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ ̄ ̄ ̄    - \ \  \    \    ` ⌒´    /

         \       , '´           -. -      //,,― /,,― - /,,― -ー  、 , -‐ 、

          \     (                  -     (    , (   , -‐ '"      )

            \    \                _ ``;ー `;ー" ``;ー" ` ー-ー -ー'

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            .|    (〇)(〇) こっこの動きは!

 _____∧,、 |     (__人__) ____    

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'`   |     ` ⌒´ノ  ̄ ̄ ̄ ̄  

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 トキ!?



.



91 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:00:32 ID:2WrlO5cM0





              ´___

  うぐぐ!      :/   u\;      ____

            ;/   ノル(<)\;   / ;u  ノ し ヾ   やらない夫のおかげで良いこと思いついたお!

            ;|  (>)  _)  \;./      ⌒  \  

            ;|::: ⌒(__ノェソ   /              ヽ 確かにこういう時こそ敵の意表を突くべきだお。

            .;\ u ´   ソ /        ^     │ 今からたっぷり突いたるお?

             ` ;\     ,  |              │

              ,ヾ \_ n^^- \           , _/  まずは意表ヘッドロックからだおおおおお!

             ;/ ∠_;i  ̄丶/ ̄        \

             ;(    ⌒)  ´   ノ         \





.



93 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:01:04 ID:2WrlO5cM0





________________________

        

  ∠ ̄\∩   ・・・お取り込み中申し訳ありません。

    |/゚U゚|丿

  ~(`二⊃    佐竹右京大夫様が手勢を連れてお見えになりました。

   ( ヽ/

    ノ>ノ

   UU

────────────────────────



<うぐぐ!

  <今日はこのくらいにしといたるお!





.



94 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:02:09 ID:2WrlO5cM0





 ――――――――――――――――――――――――――――――

         /:::\

    ,、   ./:::::::::::::\    /|

   /:\ /:::::::::::::::::::::\ /::::::|   ・・・大丈夫?

   |::::::::''':::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::|

    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   

   |::::::::::::/ヽ:::::/ \:::::::::::::::::::::::/

    ヽ::::::/   .ヽ/  \/、:::::::::::/

  ヘヽ|::/`--- ..   ̄ ̄  丶:::::::///

  \:::ヽ ;;;;;;;\  ;;;;;;;;  |/ヾ::::::::/

   .ヽ:ヘ '''''' . |  ''''''''  " |::::::/

     ヽ |    ヽ       /:::/

     ";    ___     /:/

      \   `-"  / |;;;;/

        \,,   /  ヾ_

          | ̄,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\

         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\;;;;;\

        /\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ̄\

      ../  ヽ''''''''''""       ..\

      /     ●      / ̄  ̄\;

 ――――――――――――――――――――――――――――――

 【佐竹義宣 常陸等/55万石(間接支配含めると85万石)】

  東北の大大名。

  伊達政宗と比較すると知名度はイマイチだが結構凄い人である。



 やる夫と同年代で大名としては比較的若い部類に入るが、

 忠誠度の低い豪族をまとめて謀殺するなどの権謀術数を駆使して領土を大幅に拡張した。

 父親から譲り受けた20万石の領土を10年で4倍以上にした実績は伊達政宗と比較しても劣るものではない。



 また極めて律儀な性格としても知られる。

 このあたりを買われ、徳川家康の抑えとしてその背後にあたる常陸地方に大領を任されている。

 一連の領土拡張や国内統治にやる夫が協力したため、個人的にも仲は良い。



95 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:02:48 ID:2WrlO5cM0





  | | ト、::::::l:::::::. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::| | |

  | | |::::\|::::: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.: | | |  ・・・。

  | | |::::::::::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.::| | |

  | | |:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:/ l:.:.:.:.:,、:. | | |  スグ逃げた方がいいよ?

  | | |:::::::::::::::ハ:.:.:.:./  ヽ:.:/   | | |

  | | |ゝ:::::::/::::ヽ:./    _`__ .| | |  ここ危ないし。

  | | |::::::::::{:::-----、         | | |

  | | |::::::::::l::::::::≡≡:.   ≡≡ | | |  バレたらここも襲われるでしょ?

  | | |`ヽ::::l::::::::::::: .:::l       | | |  とりあえず300人程連れてきたよ?

  | | |::::::ヽ_l:::::::::::: ::::j        | | |

  | | |::::::   i:::::::::::. ::ヽ.     | | |

  | | |::::    l::::::::::::. ___.   | | |

  | | |    ヽ::::::::::::.` -´    .| | |

  | | |      ヽ:::::::::::..      | | |

  | | |       ヽ::::::::::.  / | | |

  | | |        |;;;`ニニ";;;;;; | | |

  | | |      /|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | |



.



96 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:03:21 ID:2WrlO5cM0





      ____

     /      \   ・・・そうさせて貰った方がよさそうお。

   /─    ─  \

  / (●)  (●)   \ 逃げるとしたら、やっぱり宇喜多中納言のとこだお。

  |    (__人__)      | あの兄ちゃんは豊臣の忠誠度100だし、武断派と違ってマトモな人だから安全お。

  \   ⊂ ヽ∩    < それにいくら虎之助でも現役の大老まで襲ったりはせんお。

    |  |  '、_ \ /  ) 

   |  |__\  “  /  佐竹右京大夫。

   \ ___\_/    悪いけど手勢何人か貸して欲しいお。



<良いよ?



.



97 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:03:52 ID:2WrlO5cM0





 _________________________________________________

             ∧_∧                    O―~ーーー,~~

             (´∀`  )                   || 佐竹家御一行' :||

            と    つ                 ∧_||―~'ー~ーー~

             ヽ,   )                (´∀`  )

  ∧_∧    ∧_∧(_/J ∧_∧    - -、  と    つ

  (´∀`  )  (´∀`  )    (´∀`  )   ● ●) ヽ  ヽ,   ) 

  と    つ  と    つ   と    つ   (人__) ノ  (_/J 

   ヽ,   )   ヽ,   )     ヽ,   )   /      ヽ  

   (_/J    (_/J     (_/J   .(|   ∧_∧   

                      ∧_∧  .し  (´∀` )  

                     (´∀`  )     と    つ

                     と    つ     ヽ,   ) 

  ノノノノ  -___            ヽ,   )      (_/J            -___           ノノノノ     

  (゚∈゚*)  ─_____ ______ ̄    (_/J                      ─__          ( ゚∋゚)    

  丿\ノ⌒\  ____ ___                                      ----   /二⌒\/ ヽ彡

 彡/\ /ヽミ __ ___                            -___             / / /   /ヽ/ /

    ./∨\ノ\  =_                           ─_____ ______ ̄      彡 /   /ヾ_/

   .//.\/ヽミ ≡=-                                            ( \ノ     

  ミ丿 -__ ̄___________                         -___          ーーーー 彡ヽ/\`ヽ     

                                      ─_____ ______ ̄     ミ    \/ \\     

                                                              ヽミ    

──────────────────────────────────────────────────

こうしてやる夫は、佐竹義宣の兵にまぎれ宇喜多秀家の邸宅へ向かった。

やる夫の所在をつかんでいない刺客は、他家の行列に紛れ込んだやる夫に気づくことはなかった。



.



98 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:04:30 ID:2WrlO5cM0





ー その頃、加藤清正邸 ー



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ  

 : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  やる夫のやろおおぉぉぉぉぉぉ!

 : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  

 ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  今日こそぶっ殺してやるううぅぅぅぅぅぅ!

     i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l  どこに逃げても無駄無駄無駄無駄無駄ああぁぁぁぁぁぁぁ!

   , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 

 . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  

 // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/

 k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l

 ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /

 >      イ{     //: : /| /

 从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_

 _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \

 レ   ___  V ハ    V         ヽ

 ハィ彡――-ソ   ハ     V       \

  V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \

   V   /   // ハ     \        ハ

 \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 加藤清正はじめとした七将は、前田家から姿を消したやる夫を必死に探していた。

 しかし諸大名の助けを借りて脱出したやる夫の所在に気づくのは、彼が宇喜多秀家邸に逃げ込んだ後である。



99 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:05:03 ID:2WrlO5cM0





ー 少し後 宇喜多秀家邸 ー



       /        ー――――――一 、ヘ    

       i     <                 >ゝ、    やる夫殿が襲われたと聞いて心配していました。

       |  /                    | |巴ハ    無事で何より。

       | /         _ ===== _ ! |巴ハ  

      f       _=::::::::::::::::、::::::::::::::/V/V::::::::::>弋、   事前にやらない夫殿から連絡をいただいていたので、

      |    _=::::::::::::::/_ノ::::/|::l::::::::::ヘV/V::|::::::::::::::::::::ヽ  既に近くの兵を集めています。

      | _=::::::::ノ:::::::ハ::::/|::::///二/|::/::::::::/V寸!::::l::::::::ハ寸:ヘ  

   ,ーイ::::::::::::::/ニV:::::::V Vシ芸ヽ' ノ/:::::::::レ'=〈レ'::::::::/::::|  ヽ 今ここに居るのは二千程ですが。

  ー<::::::::::::::::::i /- V::::八ヽ 豺シ ノム:://f豺リ/,':::::::j::::/|    まずは十分な数でしょう。

     \:::::::::::::| (  V::::|弋 ー― """  , ゝ=イ /::::::/::::j |    

     `ヽ>::::::::::\ヽ_)Vヘ          ゞ  /::イ/|::/      上杉中納言もこちらに駆けつけると連絡が有りました。

       `ヽ:::::::::::\__、ヾ           ´""|/ レ'      佐竹右京大夫殿も本体二千人を連れて合流済みです。

        ーフ::::::::{               .ノ

         从レ7`  ゝ、    -- =  /          これだけ揃えばもう大丈夫です。

         rテ//乂    > 、     /

        /: ソ/////> ___>-<

     x イ: : : :∧/////////////T/リ、                   ____

  x≦ : : : :|: : : : : ∧////////////Uハ: : \               /      \   

 三><: : !: : : : : : ∧//////////Y//∧: : : \> 、          /─    ─  \  中納言殿

 三三三>|: : : : : : : ∧/////////ゝ//.∧: : : : :\: : >彡\   / (●)  (●)   \ お騒がせして申し訳ないですお。

                                      |    (__人__)      |

                                      \   ⊂ ヽ∩     / おかげで助かりましたお。

                                       |  |  '、_ \ /  )

                                       |  |__\  “  /

                                       \ ___\_/



100 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:05:36 ID:2WrlO5cM0





     ____

   /      \    しかしまー。

  /         \

/           \  現役の奉行が訴訟問題のもつれで現役の大名に襲われて他家に逃げ込むなんて。

|     \   ,_   |  しかも双方軍隊出して睨み合いって。

/  u  ∩ノ ⊃―)/

(  \ / _ノ |  |   こりゃもう法治国家で起こる事件じゃないですお。

.\ “  /__|  |   残念ながら、五大老五奉行制も終わりだお。

  \ /___ /   内閣総辞職だお。





.



101 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:06:01 ID:2WrlO5cM0





  | | ト、::::::l:::::::. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::| |  ・・・で、どうすんのこの後?

  | | |::::\|::::: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.: | | 

  | | |::::::::::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.::| |  落ち着いたら家帰る?

  | | |:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:/ l:.:.:.:.:,、:. | | 

  | | |:::::::::::::::ハ:.:.:.:./  ヽ:.:/   | | 

  | | |ゝ:::::::/::::ヽ:./    _`__ .| | 

  | | |::::::::::{:::-----、         | | 

  | | |::::::::::l::::::::≡≡:.   ≡≡ | | 

  | | |`ヽ::::l::::::::::::: .:::l       | | 

  | | |::::::ヽ_l:::::::::::: ::::j        | | 

  | | |::::::   i:::::::::::. ::ヽ.     | | 

  | | |::::    l::::::::::::. ___.   | |                ____

  | | |    ヽ::::::::::::.` -´    .| |              /      \    やめとくお。

  | | |      ヽ:::::::::::..      | |             /         \

  | | |       ヽ::::::::::.  / | |           /            \  家着く前に間違いなく殺されるお。

  | | |        |;;;`ニニ";;;;;; | |           |   _,   /        |

  | | |      /|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |           \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ

                                 |  | ゝ_ \ /  )

                                 |  |__\  ” /.

                                 \ ___ \ /



.



102 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:06:28 ID:2WrlO5cM0





     ,.-ミ》》巛ミ-、

    ,;' .__  ._ ヽ   モキュッ!

   .!/ _) (_\!!''ヽ

   !  ̄ ・  ・  ̄.!  !

   '!    ノヽ  .丿 .!

    ヽ .      ./  /

     / `iーー '/  .i/!

    /    ̄ ̄   .! !

   !  !        ! .!

   ''T~!        ! .!





.



103 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:06:57 ID:2WrlO5cM0







<これだけの軍勢が揃ったのだから、逆にこちらが加藤清正を襲ってはどうか?

   戦えば我らが勝つのは間違いない。





                             ____

                            /      \    確かに勝てるけど

                          /         \   ヤクザのケンカじゃ無いんだから。

                         /            \  

                         |   _,   /        |  

                         \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ

                          |  | ゝ_ \ /  )  ていうか上杉中納言殿来てたんですかお?

                          |  |__\  ” /.

                          \ ___ \ /





.



104 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:07:33 ID:2WrlO5cM0







       /        ー――――――一 、ヘ    

       i     <                 >ゝ、    では折衷案として

       |  /                    | |巴ハ    このまま我々でやる夫殿を護衛しつつ、

       | /         _ ===== _ ! |巴ハ    私と上杉殿の大老二人で調停に乗り出すというのは?

      f       _=::::::::::::::::、::::::::::::::/V/V::::::::::>弋、 

      |    _=::::::::::::::/_ノ::::/|::l::::::::::ヘV/V::|::::::::::::::::::::ヽ  これなら武力ではなく、法をもって解決が可能です。

      | _=::::::::ノ:::::::ハ::::/|::::///二/|::/::::::::/V寸!::::l::::::::ハ寸:

   ,ーイ::::::::::::::/ニV:::::::V Vシ芸ヽ' ノ/:::::::::レ'=〈レ'::::::::/::::|    やる夫殿が被害者なのは間違いありません。

  ー<::::::::::::::::::i /- V::::八ヽ 豺シ ノム:://f豺リ/,':::::::j::::/|    犯罪に巻き込まれただけなのですから、

     \:::::::::::::| (  V::::|弋 ー― """  , ゝ=イ /::::::/::::j |    元の職務に復帰出来ると思いますが。

     `ヽ>::::::::::\ヽ_)Vヘ          ゞ  /::イ/|::/   

       `ヽ:::::::::::\__、ヾ           ´""|/ レ'   

        ーフ::::::::{               .ノ

         从レ7`  ゝ、    -- =  /

         rテ//乂    > 、     /

        /: ソ/////> ___>-<

     x イ: : : :∧/////////////T/リ、           

  x≦ : : : :|: : : : : ∧////////////Uハ: : \         

 三><: : !: : : : : : ∧//////////Y//∧: : : \> 、      

 三三三>|: : : : : : : ∧/////////ゝ//.∧: : : : :\: : >彡\ 

                                    



.



105 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:07:59 ID:2WrlO5cM0





      ____

    /      \    

   /  _ノ  ヽ__\   ・・・。

 /    (─)  (─ )\  そのことについては、やる夫に考えがありますお。

 |       (__人__)   |

 /     ∩ノ ⊃   /  皆さんのお心使いはありがたいけど

 (  \ / _ノ |  |   やる夫のせいでこれ以上天下を乱すのは良くないお。

 .\ “  /__|  |       

   \ /___ /   ちょっと皆さん耳貸して欲しいですお。



.



106 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:08:21 ID:2WrlO5cM0





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌──────────────┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│   ただいま密談中です     │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│     now mitsudaning...      .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└──────────────┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





.



107 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:08:51 ID:2WrlO5cM0





     ____

   /      \    

  /  _ノ  ヽ__\   ・・・。

/    (─)  (─ )\  ってことですので皆さんよろしく頼みますお。

|       (__人__)   |

/     ∩ノ ⊃   /  これが奉行やる夫としての判断ですお。

(  \ / _ノ |  |   皆様のご厚意は終生やる夫忘れませんお。

.\ “  /__|  |   

  \ /___ /    それじゃやる夫はコレで失礼します。





.



108 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:09:15 ID:2WrlO5cM0





 ー 伏見 ー



 .                  {}

                  ,r'A':、

                ,r:'"/\`':.、

 .         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、

 .        ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙

            |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,

           ';王王王王王八王王王王王ヨ

            ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[

         _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、

         ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙

         ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、

     ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ

      ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐

      「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti

 ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,

 ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7

 ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、

 Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i

 ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ

 ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ

 ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ

 ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ

 ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ



.



109 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:09:36 ID:2WrlO5cM0





ー伏見城下  向島 徳川家康邸 ー



            . :. :. :.  ̄ ̄ ̄ ̄:. :. :. 、 __rr 、

        / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : ∟ : .ヽハ  ソーニャちゃん

       . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. L : .} |

     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..     :. :. :. :. :. :. Lノ |  私達今回上手くやったよね?

    ./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.// :. /|     :. :. :. Vイ

    :.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./ /:. /  |:. .. /|    マ  武断派の連中が一斉蜂起してやる夫襲って。

    | :. :. :. :. :. :. :. : / /:/― ' |:. :/ .|:. ./ } |  私たちは手を汚さずに済んだし。

     ':. :. :. :. :l:. :|:./ .ィf于ミ、   | / ヽ|:./ |/ : リ

   /:. :: :.γ^|:. :|   / /::::::::::::}    ィ=ミ /:. :. /

  ∠:. :: :: : { (|:. :|  { う:辷ク    /:::} }/:. :. /リ

   {:. :: :: ::ヽ |:. :|  , ,         うク〃:. :. ' /

   ∨ハ:: :: ::人 :|          、   , ,{ :. :. |/

       }:ハ:Λ:: :: \           ノ:. ハ|

         ∨ヽ::/丶、. _^ヽ__ , イ:/|/

        , :<´|:ヽ ><lヘミ/ノ/:/|:/

      /⌒ヽ: : :|: : V .X|: :〉V: ://

     ./: : : : : | : : :> V::::|:く: :| /

    /: : : : : : |: : : 〈: : :V::|: :| :|'

    〈:\ : : : : : : : : :\ :V|: :| :|

    ハ: : : //: : : : : : :\ : ノ :|





.



111 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:10:03 ID:2WrlO5cM0





          「~""'''~ ̄ ̄ ̄"'''- ._     x

     ∠ ̄''"´          \  \ / >     ・・・そうだ。

      /       ト   |    \___ ヘ ヘ´ニl

     /    | |ヘ   .| \  |     < .ヽ ヘ     訴訟中の容疑者が、

    /  |  | .| ヽ  | __,,.\|\  |  `、  ト ヘ    いきなり最高裁判長を襲ったようなもんだ。

   /イ  |  /レ ~"`、 |  _ _ \|\ ', | ',  ',

    |  .| .| ___,,._= \| ~.下坏7  |  .\|/ ヘ ヘ   しかも裁判長の方が負けて逃げた。

   /.|  /| ',|.下てi     . {リッリ  | |‐ヽ/   |  |   これはやる夫個人が襲われたってだけの問題じゃない。

   .| | / .| .|.',弋,ソ      `¨´、、| .|  /    | |   更に襲ったのは同じ豊臣家の連中。

   | 〉 ′レ .| 、、       υ  | |- ´    .| |

   | |    ./l      r-‐''ノ   /`′      .| |  司法制度、というか豊臣家の行政が真っ向から否定された訳だ。

  .| .|    レ "'''-  _  ̄  ''"          .| .|  今まで私たちの邪魔してくれた五大老五奉行制度も崩壊だ。

  | .|         __,-/-ヽ/`‐‐ ヽ         .| .|

  | .|        /   .トl  /   .|        .| .|

  | |       ./ _/  /:;;|___|___  .|         .| .| それは良いんだが・・・。

  | |      /_// ̄"'''- .(  ミ` ./          | .|

  | |      /l_|/     ~"'‐  /            | .|

  | |     ./  \       /|           .| |





.



112 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:10:47 ID:2WrlO5cM0





                                / ̄ ̄\

         「~""'''~ ̄ ̄ ̄"'''- ._     x    / ⌒  ⌒\      ____

    ∠ ̄''"´          \  \ / >    |::::::(●)(●) |   /      \      何でアイツうちに来てんの?

     /       ト   |    \___ ヘ ヘ´ニl  |:::::::::::(__人__)|.  /  ⌒  ⌒  \    どーすんのコレ?

    /    | |ヘ   .| \  |     < .ヽ ヘ    |::::::::::::::` ⌒´ |./   (●) (●)   \      . :. ―――――‐:. .

   /  |  | .| ヽ  | __,,.\|\  |  `、  ト ヘ   |::::::::::::::    } .|      (__人__)    |    >:´:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. `:<⌒

  /イ  |  /レ ~"`、 | ___\|\ ', | ',  ',   ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/ _ /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .     \ _

   |  .| .| ___,,._= \| ~|:;:;i:;:;| | |  .\|/ ヘ ヘ   ヽ::::::::::  ノ   |           \  /:. :. :. :. :. .. .. .. .. ./   l.   l     \

  /.|  /| ',| |:;:i:;.|     |:;:;:;:;.l  | |‐ヽ/   |  |    /ヽ三\´    | |          |  | ノ:. :. :. :. :. :. :/:. :. :/ |:. :. ハ :. :. |.:. :. :. :. :.\:\

  .| | / .| .|.',ヽ__ノ     ヽ-´、、 | .|  /    | |  ―|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴/:. :. :. :. :. :. :./ |:. :./ : |:. :/: : :、:. :.|ヽ:. :.l :. :.ヽ

  | 〉 ′レ .| 、、       υ  | |- ´    .| |                       /:. :. :. :. :. :. :/ : |:.ノ : : |:/ノ U: ヽ:.| : \| :. :. : \

  | |    ./l           /`′      | |                        /:. :. :. :. :. ノ: :ー―― ': : : : ヽー―‐ ' : }:. :. :ヽ

 .| .|    レ "'''-  __-==´ ''"          .| .|                      // :. :. :. :. l:.|: : : : : : _: : : : : : : :_: : : : : : :':: :. :. :.\

 | .|         __,-/-ヽ/`‐‐ ヽ         .| .|                       /:. :. : γ^|:. |: :≡≡≡: : : : : : : :≡≡≡: { :: :. : ヽ

 | .|        /   .トl  /   .|        .| .|                     //:ノ:: :: {  |:. | ' '             ' ' }:: :: |\:}

 | |       ./ _/  /:;;|___|___  .|         .| .|                        | :: :: ヽ、ヘ:.| ∪             ノ:: ::|

 | |      /_// ̄"'''- .(  ミ` ./          | .|                        |:/ |:: :: ハ:: :> 、  , ‐┐     , イ:: :ハ |

 | |      /l_|/     ~"'‐  /            | .|                          |:/ / : : l:≧:‐:r‐r‐r:┬:‐:≦|:/ |:/

 | |     ./  \       /|           .| |                           /: : ヽ: :| : |/又ヽ|: :|: : /:\



  私に言われても知らん。                                        ナンかもう一人ヘンなのいるし?

  やる夫じゃない方は有名なやらない夫ってのだろう?

  過ぎたるものがなんとかって、ウチの平八郎と似たような歌になってる奴だ。



.



113 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:12:18 ID:2WrlO5cM0





佐竹義宣らと相談の上、やる夫は大坂を脱出した。

問題はその後どこに行くかである。



この時誰もが予想したのは、やる夫が京街道を通り自分の本拠である佐和山へ直接向かうルートである。

当然そこにも刺客は放たれていた。



───────────────────────────────────

■この時最も自然な脱出経路

                        佐和山方面

                       (やる夫の本拠地)

                        .    ↑

                       .  京 ●

                           ◎./

                          /         

. ______           ●―◎伏見

            \         /    

            大坂城.   / 京街道

            ◎ ── ゙      

           /             京街道を通って佐和山へ逃亡する。

          │              当然敵もそれを予想するから●のように待ち伏せされている。

瀬戸内海     │

──────────────────────────────────



しかしやる夫はこのルートを採用しなかった。

正確な理由は不明であるが、ひとつは逃走経路が長くなりその分途中で捕まる可能性が高くなること。

それともうひとつ重要な理由がある。



.



114 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:13:00 ID:2WrlO5cM0





やる夫は佐竹義宣の軍勢に紛れて大坂を脱出して伏見へ逃れていた。



そしてなんと今回の黒幕である徳川家康を頼ったのである。

徳川が黒幕であることは、やる夫も当然理解している。

しかも今回の主犯である武断派は伏見に居る。



この状況で伏見へ向かったやる夫の判断とそれを実行した度胸は驚異的である。



───────────────────────────────────

■実際の逃走経路

                          佐和山

                      (やる夫の本拠地)

                        .    

                       .  京  ●佐和山には向かわず

                           ◎    伏見に直行

                                  

. ______      京街道 _ ● → ◎伏見

            \         /  . ↑

            大坂城.   /   ここの刺客は

            ◎ ── ゙    佐竹隊に紛れて通過

           /            

          │

 瀬戸内海    │

──────────────────────────────────



佐竹軍二千の中に変装して紛れ込んでいたやる夫に気づくものは居なかった。

「ウォーリーを探せ」でもせいぜい数百人だから、まあ当然の話である。



あまりに意表を突く行動であったため、

やる夫が伏見に到着した後もそのことに気付くものは居なかった。



殺したと思ったと相手が実は生きていて、しかもそれがいきなり自分の家に現れたら誰でも驚くだろう。

さすがの徳川家康もこの時ばかりは驚いたに違いない。



115 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:13:32 ID:2WrlO5cM0







                                              . .:―――――‐ .: .

                                            /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \   あ

                                           / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.\  うん

                                          /       /  ..l.. .. .. .: .: .: .: .: .: .: ヽ

                                         ./ ./ .. l: .: /|: .: .:|、: .: .:l.: .: .: .: .: .: .: .:. ありがとー。

                                         : .: .: .: ._|_.:/ノ: .: .:| ヽ、:_|_、.: .: .: .: .: .: .:

                                         | .: |.: .:/|:/ U ヽ .: |  \|. ヽ : : .: .: .: .: |

       ___                              | .: |.: / γヽ  \|. γヽ  \: .: .: .: .:|

     /      \    いやー内府殿。              |: .: .:/  |  |      |  |    |.: |.: .: .: |

    /   ⌒   ⌒\   今回は有難うございますお。      |.: .: ハ   、ノ      、ノ U |.: |ヘ.: .:|      

  /     ,(⌒) (⌒)、\                         |: .: .: } , ,    .       , ,  |.: |. }.: .:|

  |     /// (__人__)/// |  もう少しで殺されるところでしたお。 八 :: 八 U                |.:ノノ:: ::八

  \      ` ヽ_ノ   /  さすがは五大老筆頭ですお。      Vハ: ヽ、     __    , イ:: : ハ:/       

    ヽ    , __ , イ                               ∨ V≧:=:zr:r‐:=:≦VミV ∨

    /       |_"____                             , イ/: l/ヌ∨: :|: : : >、

   |   l..   /l´冷凍餃子`l                            /{ : 〈: : | /:.|/ : / : : /: : }

   ヽ  丶-.,/  |_________|                           

   /`ー、_ノ /      / 



  コレ                         

  詰まらんものですけど、明国のお土産ですお。

  前田大納言様も愛用の逸品ですお。





.



116 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:14:05 ID:2WrlO5cM0







                                 .      , -‐- 、 

                                       / ノ ヽ、 ヽ 内府殿の参謀として名高い

                                        |(●) (●)|  本多佐渡守殿にお会いできて光栄です。

                                    _,...ィ|. (_人_) |

                                ,.. --<´   {ハ `⌒´ ,}``ー、 ところで私の格好で何かおかしなところ

                              /´     `ヽ∧ヘ___/リ  ,..ィ>- 、 ありませんか?

                             ,i          }`ヽ ノ ノ´'"  ヽ   ヽ

                           ,/ }ヽ、 ,,      ∨'´  \   ',   } 気になるところでも良いですよ?

                          /   ゙丶._(__,. '   ´ { `丶  ;  y ノ ∧ 初対面だからって遠慮は無用。

                         ,' ,ヘ   ヽ  }-       〉 `ー ‐' y'´ ー‐,'"ハ 全力で突っ込んでください。



                                   

 / __//      |    |   |     、 从        

// /  '     ,.|    |   |      ',  }i  ,.ィ__/イ  

   /  /   /  / |    ハ   |、   ヽ\  |r//////  

.  /  //  ,イ /   .   /   、  ! \   ト、__、!   ̄|゙"  

 / ,..イ ! / {/  \_, ∨ {  /\|   ヽ  }   |   {_Y/  

. { /  { | / {  ̄ ≧ミ、 \|`´,ィ≦こ ̄ヽ ∨|  ii     |r'

. / / | {イ i   ん心        ム::::心  / Ⅵ  ハ     l/!

/ / {/,ハ   弋こソ      弋こソ    l ∨イ !     {   え?

 /  /   〉  - '⌒    ,      ⌒ヽ    ∧{     :.    i  ああ?

   /  ,ィ{                人   ノ |!    i   |; 

  '  / 人            (__。) ,ィ___ノ|!    |    |  確かやる夫に過ぎたるモノっていう

 /  {/  >    r-―' ⌒)    イ    リ     |    |  島やらない夫殿だよな?

./    |      ` ,.T_ ̄,.T、_´_             Ⅵ   |  

         ,......::::/| /,介、  /::}:::⌒ヽ           }   |  こちらこそはじめまして。

       /:::::::::〈:::!' }/// ∨::/::::::::::::::}        :.   !

         {::::::::,::::::>! |//!  {:<::::::l::::::::::|        |   |  まあ色々気になる所はあるな?





.



117 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:14:39 ID:2WrlO5cM0







__________________________________

         ___

       / ⌒  ⌒\   あっ失礼。

      / (⌒)  (⌒)\

    /   ///(__人__)///\ 内府殿はこっちがお好みでしたかお。

     |   u.   `Y⌒y'´    |

      \       ゙ー ′  ,/ こりゃ気が付きませんで

     /       __|___  申し訳なかったですお。

    |   l..   /l 変態   `l

    ヽ  丶-.,/  |__ 熟女モノ_|

    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/

──────────────────────────────────



                ______________________________________

                          .___   

                        ./ ノヽ\  お・・お互い・・・

                        ;| (○)(○|: 

                        :|ヽ (_人_)/;  出来の・・・悪い・・

                         :| |. ⌒ .|;  

                         :h   /;   主・君を持つ・・・と・・・

                         :|  /; ’   

                        / く、      苦労します・・・な・・・

                        ;| \\   

                        ;|ミ |`ー=っ

                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





.



118 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:15:16 ID:2WrlO5cM0





__________________________________

  ./.: .: .: .: .: .: ハ: .:| ヽ.: .:| ヽ.: .:.l .: .: .: .:ヽ   

  : . : .: .: .: .: /  ヽ:|  u\|   \|\ : .: .: .: .   マジで!

  |: .: .: .: .: .:/ ィf于ミ、    ィf于ミ、ヽ .: .: .: \ 

  |: .: .: .: .: / .{{{.  }}}.::::::::::::.{{{.  }}} ハ.: .: .:ミ   ホントに良いの!

  .: .: .: .: {.: |. ヾ:辷夕:::::::::::::::ヾ:辷夕 {.: .: .: .:|

 ノ.: .: γハ: | ' '     ___    ' ' 、.: .: .: |

  |/ .: 乂_:、| u   /     ヽ   ノ :: ハ:ノ    しかも国産!

   { :: :: :: :: :ヽ、  '       }  /:: : /

   ∨ヽ/\/\>{         ノ<ノ/:ノ

         /:| ヽ‐r-r┬く

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             ↑

           熟女好き



.



119 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:15:48 ID:2WrlO5cM0





  _______________________________________

       _      __,,..-‐―― -  、   .//      

       \`ゝ---‐ ´          `ヽ</_       ・・・。

       |三> ´      ',         、 ≡二三l   

       ./     〉   |.',    .|ヽ   '.,\_',ヽ     何だかよくわからないけど面白い!

      .// |   | | ヘ   | `、   .| .ヽ   ', ̄ | ヽ    これが上方のお笑いなのか?

     ./ ./ |  /| | ヘ  .|  \_,-|-‐ヽ |',  | | | ヽ   

       |  .|  .| |_|___,v',  |~"´ .\|  ヽ| ', .| .| |  ヘ   いきなりでっかくなったのは意味わからなかったけど、

      .|.|', |  | レ    \|         |', | | |   |  その後小さくなるってナニその二段構え!

      .|| ', | |          彡==≡=っ| |',|\ .|  .|  関東じゃ穢土が江戸とかダジャレばっかりなのにスゲー!

       | |', .| |c==≡=ミ      ////  | |  | |   .| 

        | ',|V| ////             .| | ./  |  |   でも笑ったら負けだ!

       .|  | ||               .|/''    .|  .|   ガマンしないと。

       |  | |\     -‐‐-    /       |  |

       |  .|  レ ` ''- .___  _.. <         .|  |  ・・・ていうか、突っ込むって何?

       |  |        _,, ト、  レ', 、        | |   もしかしたら器具とかを使う新しい責めか?

       |  |    _,. -'''" |丶 `>=, | ',"'''- _     | |  そういうアレなのか?

       | |    /:;\:;:;:;:;:|:;:;', 、/l」」v| .>:;:;:;:;\    | .|

       | |   /:;:;:;:;\:;:;:;"'.∧ |lll|.l~''./::;:;./:;|    | .|

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                    ↑

       サド+参謀にありがちな深読み+ヘンなプライド





.



120 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:16:24 ID:2WrlO5cM0





 やる夫様、コレ本当に大丈夫なんですか?

 何かあんまりウケてないみたいですけど?



.     ./ ̄ ̄\

    _ノ  ヽ、  \

   (○)(○ )   |  .___

   (__人__)  u . |/ー  ー .\

     ヽ`⌒ ´    /(○ )) (○ ))\

     {      /  (__人__))    \

      ヽ    |     )r┬リ u. .  |

        ン   \   ` ⌒ ´     /   大丈夫だお。

      i´    . ン          \   天下の大老筆頭が自分を頼って来た人間殺すわけないお。

      |   . /             \  ここが一番安全なんだお。

                

          ウケてないのは知らんお。

          もし殺されたらやらない夫のせいだお。

          もーあのネタやめとけって言ったのに。

        





.



121 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:17:01 ID:2WrlO5cM0





           \ー-- ‐ ' ´ ̄ ̄ ̄ `丶、

          ,  ´    '´           `丶     ___  けっ結構いい奴らじゃないか?

       , '´  /    |            \/////>

       /イ   /    /  {!   |    、     ヽ ヽ ̄  最初はぶっ殺してやろうかと思ったけど。

       / ,ィ /   /  / |   {\   {     、 ハ ',  

      ,' / / .!   /| /  {   |  ヽ   |.     ', { ハ

        {/ '  !   ' j/ 、 ∨ {  , ∨ }∨ :|  ト- | |  ま、まあもうコイツら社会的には死んだも同然だし、

       / ,..| /___ヽ ∨ | /_∨__∨ |  | , | |  本当に殺す必要はもうないよな?

        // |∧    0    \   0     } ハ {/ /  :

.       / |  j! } ,  ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ l/ ハ ト /  |

         |  / /{            i | | 人| / ,リ ハ   :.  後、みっともないから早くそれしまえ。

         | ,' {人              (__。){__,ノ  } i |  食い物の方は危ないから捨てろ。

         | ! j/  >   v―-―‐ァ   ,..イ/     | l |

         | ' {     _>-r、---r_ ´  /       : i :.

         | /       /:::::/::j/介、/::}:::.、        | | |

         |{      /:{:::::::>!/// /:<::::::ハ       }  リ





__________________

   / ̄ ̄\__

 /  _ノ ,ヽ\  \

 |   ( ●)(.●)ヽ、\

. |     (__人__)(<)゚o\

  |     ` ⌒人__)   |

.  ヽ      .}⌒ ´  ./

  (⌒) (⌒'― .ニ二 .イ

  .√  .ヽ ̄ ̄, -‐ i´

  .|      i ̄  . |

  .|      |     . |

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





.



122 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:17:33 ID:2WrlO5cM0





        /ハ        

        //:Λ       そっそーだよね?

       ////Λ       

       /://☆:Λ      大体、天下の徳川家康が自分を頼って来た人間を

      ///////:Λ     殺したりできないよ?

     /☆//////Λ      

    //////// ☆Λ     それにやる夫は罪人じゃないから殺す理由がない。

    /:-:―――――:ヽ    どっちかっていうと今回アイツは被害者だし。

   /:. :. :. :.ハ:ハ:. ハ:ハ:. :ヘ   

   / :. :. ハ/⌒ ∨ ⌒∨ ヘ   

 .ノノ :. ノ  ◯   ◯ {:. :.ヽ  べっ別にワイロとかじゃないんだからねっ!

   {:. :(.|| ''  __   '' }:. :.}   これは。

   ∨Vリヽ、._ 、 ノ_γニニヽ  

      /´:}〈:{| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ワイロはいけないんだからねっ?

     ./: :ノ:ィく_フ  |:熟女:|

      〉、:_:ノ__|___|

     /: : : : : :V : : }     

    /: : : : o: : : o: :}     

    /: : : : o : : : : o: }     

    >、: : : : : :Λ : : ノ、    

   ヽ::::: ̄ ̄::::::: ̄:::ノ   



__________________

       __/ ̄ ̄\

     /  / \ _   \

   / _ノ(●.)(● )   |

  /o゚(●)(__人__)  U   |

 |   (__人r┬-| u     |

  \ .  ` ⌒{ー'´     /

   ヽ. 二ニ. ―'⌒)   (⌒)

    i ‐-_ ̄ ̄/.   ヽ

    | .  ̄ ̄i      |

    | .     |      |

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.



123 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:18:12 ID:2WrlO5cM0





   /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.      \   ・・・てことでコイツらは生かして返すとして、

  ./:. :. :. :. :. .. .. .. .. .   /   }       ヽ  問題はこのあとの処分だよね?

  : :. :. :. :. :. :. :. :. l:. :. :/ |:. :. :ハ:. :. :l. :. :. :. :. :. 

  |:. :. :. :. :. :l:. :. /| : /  |:. : /  X : | :. :. :. ヽ:|  確かに被害者には違いないし、

  |:. :. :. :. :. :|:. / |乂_ |:. / / ヽ:|∨:. :. |   暴徒に襲われてウチに避難してきた訳だから

  |:. :. :. :. :ノ|/ __ ニ レ′ 'ィ^ミヽ .} :. :. |   身の安全は大老である私が責任もって保証せざるを得ない。

  :. :. :/^|:. | Τ::::::::|       |:::::| } ハ:. :. |

  ./:. :.{ |:. | う辷ク      う:ク   {:. :. :.|   この時点でやる夫一向は何一つ違法行為を行なっていないってのは

 /:イ:. ::ヽハ: |            '     ノ:: ハ:.|   重要なことかな?

   Vハ:: :: :: :ヽ、  ヽ、.__     ,. イ:: :/

      ヽ::/ヽノ‐≧:-r v-、-:≦ミ:ノ |:/      襲われた時点で軍隊出して応戦してくれてれば喧嘩両成敗だったのに。

       /: : : :ヽ{ Y .ニ): : }: :Vヽ        それをしなかったのは流石だね?

       |: : : \}ノ}  -} <: : : : :\      

       |: : :_:/: :{{.  /」: : }: : }: : : : \     但し、こういう事態が起きたことについては

       | :/: : : : : ヽX: : : :/: : ノ: : : : : : 〉    奉行として重大失態だよね?

          : : : : : : 。:゚:ノ: \/ : : 〈ー: ': : :/   

        ヽ: : : : / o: : : : : :o: 〉: : :/     だからその責任は取らせる。





.



124 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:18:51 ID:2WrlO5cM0





          _r‐ヘ

           ´     ',⌒ ー-     そういうことだ。

  .     /               ` <

  __ /      j     }        となると、職務怠慢で奉行職はクビだ。

  ∨//V /     /|   } }i   ヽ    っていうかこの後は徳川独裁にするつもりだけど。

   >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト 

   {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ}    本当なら減封か改易食らわしてやりたいけど

   ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从   被害者のやる夫にそこまでやったら

     | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|   加害者の加藤共にはそれ以上の処分が必要になるからコレは無理だな。

     | 八  l|"         " }|    まあ家督を長男に譲って隠居ってことで勘弁してやろう。

     | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |    

     | l    { ,く \_下、 ´   lN    ってことで、もうコイツらに用はないから佐和山に送り届けてやれ。

     | |   /  ヽ/、/∧\   l|     武断派の連中には、もう二度とやる夫を襲うなって言っておこう。

     | |  /  {   |∧   ヽ l|  

     | |     ヽ  |/∧ V Vl|  

     | | |     }   ヾ//  }_ヽ  

     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉

     | | └く  `´     ヘノ  }





.



125 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:19:21 ID:2WrlO5cM0







         . :. : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. :. .       ・・・聞こえてたよね二人とも?

      / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \

     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\    そういうことだから、今回は助けてあげるよ?

   /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ   

  ./ . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.   佐和山までの道中はウチの兵隊に護衛させるし

  :     :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.      :   武断派の連中には二度と襲わせないように私から言っておくから

  | :. :. :. .. .. .. ..          .. .. .. .. :. :. :. |   奴らに襲われることはもう二度とないよ?

  |:. :. :.l:. :. :. :. : l :. :. :. :. l :. :. :. :. :. :. l:. :. :. |  

  |:. :./:|:.l:. :.l:. : ハ:. :. :. :. |:、:. :l:、:. :l:.|ヘ:. :. |   良かったね?

  /:. :{ :|:.|:ノ:|/:::::Vヘ:. :. |:::\:|:::\:|:.|: } :. :、  普通に佐和山に逃げてたらこうは行かなかったよ?

/ノ|:: ヽ|:.|:::::::::::::::::::::::::\:|::::::::::::::::::::|:.|ノ::.:|ヽ\  私がこうする事を予測してウチに飛び込んで来たんなら大したもんだ!

    :: :: |:.|:、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:|:.|:: : リ

    ∨人|V>:. . _ 、.__ノ _ . .:<V|人∨    但し、奉行として今回の騒動の責任はとってもらう。

        /   : : :Ⅴ又Ⅴ: : :   ヽ       

       /     : : :ハ: : :   / ヘ       石田治部少輔やる夫。

     /  \/    |/|    V   ヘ      天下の仕置きを司る奉行職にありながら、諸大名との協調を欠き、

    〈     V      |/|    V   〉     被害者とはいえ今回のような大騒動の当事者となったのは不届き至極!







.



127 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:19:57 ID:2WrlO5cM0





             _....-‐‐'''''''' ̄''''''''''''‐-....

          ..-'''               ゙ヽ、

        /                   \        ・・・ってことで、アンタ奉行クビ!!

       /     _   /l    、         、

      /      /l;:;:;:/;:;:l;:;:ハ;:;:;: | ヽ              今までご苦労だったね?

     ./     ;:;:/;:;:l.;:/;:;:;:|/;:;:;:\|  \       ヽ     これから天下の仕置きは私がやるから

    ./    │;:;:l;:;:;:;:|/;:;:;:;:;:;:;:\__ ノ ヽ        \   アンタは佐和山でタダの小大名やってなさい!

   ノ      | /;:;:;:;:,ヘノ;:;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄\ ヽ,--、     ヾ  

--‐ ‐ /     ハ/、___ノ;:;:;:;:;:;:;;::;:;: |       |ノ  l ,-、   ヽ  今回みたいに気の利いたお土産たまによこすなら、

   /     l   ,── 、;:;:;:;:;:;::;:;:\__/ー一´ l |    、l  このあとも生かしておいてやるからさ!

   / /    !;_ l      l;:;:;:;:;:;:;:;:     入     | |丿   |ヽl

  イ /|   / ̄ ヽ、__/      _./  ヽ、   |ノ     l   天下取った後は参勤交代で江戸にも呼んでやるから

   | /│  l ヽ_/        _..-''     |  /      /    楽しみにしてなさい!

   l/  !  ト、   >.-、  ┌ ,-‐"       ノ/ヾ丶,ヘ/ソ    

      ゙l │ l  |  l    l/       _..-:iソ  、         

      ヽl |/ ゝ、ヽ、-,_|___,,___,,....-:‐"l ヽ    ヽ        

          /ヽ, \ / l│ く ト/ 入/ /    ヽ

         |ヽ_ ソ(_ノ ^l  ノ l > < / フ      l       

         ヽ_ソノ /   、 l/  y /  、    l

           ヽメ、_|  \ヽ ./ン'´ , -‐''゙    l







.



128 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:20:29 ID:2WrlO5cM0





           ______

       , .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .          

     <   .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \        佐和山まではウチのムスコに護衛させてやるよ?

      /       l    . .. .. .. .. .: .: \

     '      /|. .:ハ: .: .:|\: .: .: .: .: .: .: .: ヽ      武断派の連中がいくら凶暴でも、

    /  .. .:/.: / .|:/  、.:.| \.:|、: .: .: .: .: .: \     うちの軍襲う根性なんかあるワケないからゼッタイ安全だ!

    / .: .: .: / |/   、  \|、.__.ノ \ .: .: .: .: ヽ     

   /: .: .: .:/ 、._ノ        ィ=ミ  \.: .: .: .: \    まーせいぜいファーストクラスの旅を楽しんで来るんだね?

   /: .: .: .:/  .ィ=ミ      {{   }}_|.: .: .: .:ヽ    その後は大絶賛ニート生活だ!

  ノ:ノ.: .: .:ハ_{{   }}.      ヾ=( __ ).:ト、 .: .: .:.   

   / : .: .: ( _ )=彡     __, ヘ ///  |.:| }: :: :: l    ヒャーッハッハッハッ!!

  : .: /.: :: :: } ///   r-/////ハ.     |.:|ノ:: }\:|    

  |.:/ { :: : 八       {////////ハ.  , ィ|ノ:: ::/

      Vハ:: :: ヽ、    V////////}<:: :: ハ:/

        \:/∨>:‐:rヽ//////:/l: :/:∨

          /:ヽ : :| : >r‐r<: | : /:\

          ノ: : : V: :> { 乂 } <: {: : : : : \

       /: : : : : }:〈 : ∨/ ∨ : 〉:V: : : : : : ヽ

      /: : : ヘ:/{ : \ V//: / : {\/ : : : ヘ

      〈: : : : : : \} : : : ヽV/: : : :.}/: : : : : : ノ

       \: : : : : : >‐っ: : : :rー<: : : : : : /

        \゚: 。: {{  Ξ} : : {Ξ  }}: 。: ゚/

             >-ヘー‐:': : : : :ー‐ヘ-<

         く : : : :Ο : : : : : :Ο: : : ヽ

         /::\: : : : : /\: : : : : : : :〉

        ヽ:::::::::::::ー‐:'::::::::::::ヽー―‐::ヘ

          /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉



.



130 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:21:09 ID:2WrlO5cM0





__________________________   

:::::::::  :::    :::      ::::::::   :::::::  ::::   ___ :::: ::::::       こうしてやる夫は危機を脱出した。

.::::::::  ::::   ::    ::::   :::::   ::::::    / ―\   :::::::::   

 ::::::  ::::    ___::   :::::  ::::::::   /ノ  (ー).\  :::: ::    やすなの言葉通り、このあと二人は

 :::::  :::  /     \  ::::  ::::    | ( ノ)   ⌒)::::|        やる夫の所領である佐和山まで送り届けられる。

 ::::   ::/:::.   ─  ─\ :::  ::::  ::  }  (__ノ ̄::::::: |::::     

 ::::  /::::::  (_)  (_)\  :::: :::::  |、     :::::: / ::::::     しかし、それと同時にやる夫は奉行の座を失った。

  ::::  |::::::::    (__人__)   | :::::  :   \      _ノ       

   ::: \:::::     ` ̄´  ,/ ::::: ::::::    /´  :::::: `(:::  :::::     一大名のやる夫が徳川家康と互角に戦えたのは

  :::   /     ー‐    ヽ ::   :::: :: / ,___  ,. i ::::       この奉行の権限によるものである。

::::::::::::/ :::    :::      ヽ  ::::::   ∟ __⌒) ノ  :::::::     これを失うことは、やる夫の完全敗北を意味する。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 



こうして、豊臣秀吉の死後、いやそのはるか前から続いていた二人の戦いは一旦幕を閉じた。



そしてやる夫の新しい戦いが始まる。





.



131 : ◆sU9IE1f1g6:2013/02/02(土) 21:21:40 ID:2WrlO5cM0





────────────────

[ 第八部 ここまで ]



 ≡    ∧∧∧_∧

≡   と(と(と(´・ω・`)

 ≡  ― ― /  と_ノ サッ

≡ /  / // /⌒ソ

 ≡  -'-'-'´



To Be Continued!

────────────────





.



関連記事
スポンサーサイト

Date: 2013.02.11 Category: 石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリーメニュー
プロフィール


管理人:Wアンプパルマシ

ここはやる夫まとめサイトです


続いている記事一覧のまとめ
完結した記事一覧のまとめ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。