スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです(第三部)


325 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:00:00 ID:qBzlzFHc0

 



        石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです。

 ┏┓                                            ┏┓

 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

 ┏╋────────────────────────────╋┓

 ┃|                                            |┃

 ┃|              ■第三部 「博多」                     |┃

 ┃|                                            |┃

 ┗╋────────────────────────────╋┛

 ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓

 ┗┛                                            ┗┛



 


326 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:01:14 ID:qBzlzFHc0



 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 【 博多 】

                      ∧_/\_|::|「|,,,|「|ミ^!、

           /三三三三三三三 Π . ∩  |:|「|'''|「|||:ll;|________

     __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\/田\/田\/田\"゙゙`ヾ、

     _/__l==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|. IIII || IIII ||  IIII _|__,;;、

   /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[| 三三/ ̄/\ ̄ ̄ ̄\三三三三三\ェェェェェェ〕――

 _  l |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"''""``ヾ;;,,""~

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



  中国大陸に近く天然の良港を持つ港町。

  古くから大陸との貿易拠点として栄える。

  軍港としての機能も持っており、政治/商業/軍事等様々な面で非常に重要な都市である。

  

  但しその分周囲の大名に狙われやすく、争奪戦に巻き込まれて何度も破壊された。

  元寇の際にモンゴル軍が狙ったのもここである。

  戦国時代にも大友氏と毛利氏の戦いに巻き込まれて壊滅したが、この時点では復興されている。

  この復興にはやる夫も大きく関わっており、彼個人にとっても重要な街である。

 

  朝鮮の役でも補給基地として大きな役割を果たしており、今回の撤収の拠点となっている。



327 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:02:18 ID:qBzlzFHc0

 

      ____

    /_ノ   ヽ_\     さーて久しぶりの博多だお。

 .. /( >)  (<)\   

 /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  やっぱ最初は一蘭かなー。

 |     |r┬-/       | 何食うか迷って仕方ないおっおっおっ。

 \     ` ̄'´     /  世の中不景気でもここだけは大戦特需で景気も良いし、久々に楽しんだるお。





      ____

    /      \

 .. / ─    ─ \  ・・・・って、

 /   (●)  (●)   \ なんじゃありゃ?

 |      (__人__)    |

 \     ` ⌒´     /



328 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:04:08 ID:qBzlzFHc0



 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 [ 博多の街はずれ ]

    __     、,、,,           、,、,,     、,、,,   ... _________ 

    /__|__  ゴムヒモイランかゴルァ!             ノノノノノノノノノノノノノノノノノo)

   /_了゚Д゚)  こちとら朝鮮帰りだぞゴルァ!   ,,  、,、,,  ..|:|ニニ[ 女 郎 ]ニニ|;,ノ|

  ... (|〆/|)          ,,                   ...|;|⊆   ∧∧  iii   |:l |,、,,

 ... /|  ̄ |  ,,,,,,,, 要らないです!  ,,,,     、,、,,    、,、,.|;|    (゚Д゚,,)     |:l |.

  .   ∪ ∪       ( ><;)         イランカネー.. |;l.(_,,),)∧∩@:爾ω |:l |-----

       ,,,,,,       (∩∩ )      、,、,,  ,,       |;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;:|,;'´ | | |

 ,,、,,,     ,,、,,,        ,,,,      ,,、,,         / |;|_______|/  ,、,,

     \∧_ヘ                        /|        、,、,   

       / \〇ノゝ  ,,、,、,,,      、,,,     、,、, / | ,、,,

 、,、,,,  /三√´д`)       ,、,、,,,!  _________ 

     /三/| ゚U゚| \    ==   ,, ノノノノノノノノノノノノノノノノノo)ゴルァ! ゴルァ! ココガエエンカ

 、,,,   U (:::::::::::)∪  ,,、,、,,,    ,、,、,, |:|ニニ[ 女 郎 ]ニニ|;,ノ|   パ  ∧∧ ∧∧  パ  ,、,,

    ,,,, //三/|三|\ トボトボ      .|;|⊆   ∧∧  iii   |:l |  ン (non*(゚Д゚,,)  ン ,

       ∪  ∪             ...|;|    (゚Д゚,,)     |:l |      (.ノ(し⊂ニノ ))

            、,、,         . |;l.(_,,),)∧∩@:爾ω |:l |イヤアアン > y ) /≡~  、,、, ./

 、,、,         カワイイコイルヨ? |;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;:|,;'      し'し' U       / |

                 、,、,    . |;|_______|/ ----------- |

                                     |  |  |  |  | | 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      ____    

    /   u  \    ちょっと見てない間に博多の治安がエラく悪化してるお。

 .. / ─    ─ \ 

 /   (〇)  (〇)   \ それも落ち武者みたいのがいっぱいいる。前は殆ど居なかったのに。

 |      (__人__)    | アイツらきっと朝鮮から逃げて来たんだお。

 \ u   ` ⌒´     / その上脱走兵とか帰還兵狙いの怪しげな業者とかが集まって更にガラ悪くなってる。



329 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:04:53 ID:qBzlzFHc0



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 ちなみに、コロンブスがアメリカ大陸からヨーロッパへ持ち込んだ梅毒は

 20年程で大西洋とユーラシア大陸を横断し、この戦役の頃に朝鮮半島経由で日本に入り込んだと言われている。

 そしてその後国内でも大流行することになる。

 

 加藤清正、結城秀康、前田利長、浅野幸長等、大名クラスでもこれが死因と言われている人物は多い。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 

      ____

    /      \    やっぱりこの戦争の悪影響は大きいお。

 .. /  _ノ  ヽ、_  \   当然やる夫にも責任はいっぱいあるお。

 /  /⌒)   ⌒゚o  \

 |  / /(__人__)      | みんな、ごめんお。

 \/ /   ` ⌒´     / 後片付けはやる夫がしっかりやるからもうちょっと我慢して欲しいお。



330 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:05:43 ID:qBzlzFHc0



      ____

    /      \

 .. / ─    ─ \     ということでこれから撤収作戦開始お。

 /   (●)  (●)   \   しっかし、やらない夫が居なくて誰もツッコンでくれんから寂しいお。

 |      (__人__)    |

 \     ` ⌒´     /   

 

 >では私がツッコンで差し上げましょうか?



331 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:07:32 ID:qBzlzFHc0

 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         、_ゝ'´                `ー')

        (し-`                   `、 _,

        フ                     {ニ__,

        ム    , '   |    |           ーノ

       、ノ    ,    l.   l  i| ;      ',   彡

       、 _フ    i    ! i ! | l i l i    l   ヘ

      、ニノ   l ,  ;  ! i | | i | l l !,l| |  |l   `i

     、 __ノ    i/  / , / ,! | ! ! i // il l  |l   |

       ̄/    /  /∠i/ル'レ' ヘ/从ソヘ li ', i{|   l

       /     /==z、、._,/!iヾィイ-=ヾヘ '、 ゙;   l

      ,' l    ソノ 匕て)ニヾ '"〈_て)_> `;ゝ   |

      l  !  (( ',      <;"| \ヾ     'r′}l  l

       ゝ,′   ゙` ',   "゙ヾ;;' |       } _ノ  .l

      / /    t',    ー..、|/i      ,i     i

      / /     t、      ヾ′     /;| i    ヘ

      / //     '∧      _..;;..._    /;; | li    ヘ

  .  / //     ,' ミ ヘ    "´‐‐ `   ,' ;; l |li   ∧

    ,.' , '      /   ヘ        ∠ ,;;  l !|li    ∧

  ∠ , ', '     /\     ヘ      ∠ ,;'  ,ヘ  ill;,   ∧       _______

    /    /三三> _ ヽ _ ∠ _<三ヘ  l|    ヘ   _∠ゞ、三三三三

  ヾ 彡  /三三三三三二≡==≡二三三三 ヘ      _ ゝ二三三t ヘ三三三三三

   ` 、-f ´三三三三三三三三||三三三三三三ヘ l  }ーi三三三三三 t l三三三三三

  ≡  ヽ三三三三三三三三三||三三三三三三∧ | l l三三三三二=ヾ二二ー----

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 [毛利 秀元(毛利家 元嫡男)]

 毛利元就の孫。現当主である輝元の従兄弟であるが、

 輝元に子供が生まれなかったため一時継嗣となった(輝元の養子となった)こともある名門の御曹司である。

 #その後輝元に男子が産まれたため継嗣は辞退している。

 

 毛利家は、明や東南アジア、そしてヨーロッパ等の交易が盛んな中国地方を所領しており、

 大規模な水軍も擁している海運国家である。

 

 この時の撤収はやる夫と秀元の二人が中心となって行われていたと言われる。

 彼はその後やる夫にとって非常に重要な人物となるが、この時は誰もそのことを知らない。



332 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:08:32 ID:qBzlzFHc0

 

        ____

      /⌒  ⌒\    おおこれは毛利宰相殿。

    / ,,,⌒   ⌒,,,\

   /::::::   (__人__) ::::: \ 今回の撤兵では船出してくれて感謝だお。

   |       |r┬-|     | 朝鮮以来だけど、お元気そうで何よりだお。

   \      `ー'´    /



333 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:09:11 ID:qBzlzFHc0

 

      ____

    /      \    しかしあっちではまだ戦闘が続いてるし、太閤さん死去の情報とかが

   /  ─   ─\  知れ渡ってて連合軍が大規模な反撃に出る危険もあるお。

 /    (●)  (●) \

 |       (__人__)    | 撤兵準備は慎重に進めないといかんし、最悪やる夫たちも

 /     ∩ノ ⊃  /  出撃する必要あるかもしれんお。

 (  \ / _ノ |  |

 .\ “  /__|  |

   \ /___ /



334 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:10:42 ID:qBzlzFHc0

  

         , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_

         /             "'‐-‐ァ ,

       /                ^ーノ ノi

      /   /          ,      ̄"__ノ __丿 その件ですが、非常に良い知らせが届いています。

    /   /        ,'   ノ     、   二-''  毛利自慢の特急船便が今届けたばかりの最新情報です。

 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ

     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'  泗川にて、島津軍が追撃してきた連合軍を逆襲、

  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '  壊滅させたそうです。

             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '

              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′

           / / |l |      ,  ',

           , ' ∧ |.i l      r= - '

         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′

          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´

        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _

       /升     , -''"           "''

     /ィ斗   /



335 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:11:39 ID:qBzlzFHc0

 

 [ 泗川の戦い ]



 秀吉危篤の情報は既に大陸にも知れ渡っており、朝鮮/中国連合軍は日本軍に対し大規模な攻勢に出た。

 これはその戦いの一つ。

 日本軍の動揺と撤退を見越しての反撃である。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      .∧

 [::::::::::::::]∨   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ,,、,         ,,、,,

 ( ゚Д゚ )||  < 全員突撃準備ダゴルァ      ,,、,,    ヌッコロセー       ,,、,,         

 〈_j::Y:i~O   \_______        ,,、,,        ,,、,         ,,、,,,

  l::::::::,:::::l ||          ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧

 (__ハ_)|   ,,、,,   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚

               (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (| 

        ,,、,,      ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧

   ,,、,,         (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)

 .._____             (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|   

         \  . ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧

 サーイエッサー >. (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨

  _____/  (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃

              ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧

        ,,、,,   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨

            (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃

                 ,,、,,           ,,、,,                 ,,、,, 、,,  ,,、,,

           ,,、,,   ,,、,,                        ,,、,,

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



336 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:12:45 ID:qBzlzFHc0

 

 朝鮮/明連合軍は、撤退しようとする島津軍を包囲、一斉に突撃を開始した。

 その数は島津軍の報告で20万人。

 流石にこれは誇張があると言われているが、島津より圧倒的に多かったのは間違いない。

 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                                      (´⌒(´⌒`)⌒`)

                                   (´⌒(´氏ねやゴルァ!!`)⌒`)

              (´⌒(´⌒`)⌒`)             (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`

         (´⌒(´行くぞゴルァ!!`)⌒`)  ''.''"  ''.''"   (´⌒(´(,゚Д゚,,)つ `)`)

    ''.''"    (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`     (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)

          (´⌒(´(,゚Д゚,,)つ `)`)      侵略者爆発しろ!! ( |  (⌒)`)⌒`)   

     (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)''"  .   ∧ ∧ ⌒`).ト ゙し'⌒^ミ `)⌒`)ォ  

   氏ねや侵略者!! ( |  (⌒)`)⌒`)     (´⌒(´ (,゚Д゚,,)つ  ド   ∧ ∧⌒`)    

   .   ∧ ∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ   (´⌒(´( つ/] /    ォと(,゚Д゚,,) うお― 

 (´⌒(´ (,゚Д゚,,)つ  ド   ∧ ∧⌒`)     ―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)――

 (´⌒(´( つ/] /    ォと(,゚Д゚,,) 突撃―!!ドカ 人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒)  | ドカ  

 ―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)――      人 人  人 人   人し´人   

  ドカ 人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒)  | ドカ ''.'' '.'                      ''.'

     人 人  人 人   人し´人      ''.''"                    

                                        ''.''         

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  

 対する島津軍は7,000人。

 まさに絶対絶命である。



337 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:13:16 ID:qBzlzFHc0



 しかし。。。

 結果は島津軍の大勝利。



 島津軍は突撃してきた敵を待ち伏せ、鉄砲や当時最新兵器であった大砲(のようなもの)で

 殲滅したと言われている。

 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

             __

           /_☆|__

          /_了・ω・)

          __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,     

          | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''  

     _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘    ´''::;;;;::'''"´    

    |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン   

   .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤          

    ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);          

    ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ

                                    ∧∧

                             マジデ!? (゚Д゚,,) ∧_∧

                               フザケンナ!  (`Д´ )

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ※戦車はイメージです



 朝鮮出兵が失敗したのは日本軍が戦闘に負けたからではない。

 兵站を維持できなかったことと、占領地の統治に失敗して戦略的目標を達成できなかったからである。 

 戦闘レベルで見れば、日本軍が何度も大勝利している。

 その中で最も大きなものが、この泗川の戦いである。



338 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:14:44 ID:qBzlzFHc0



 この時期に存続している大名家は、100年以上続いた戦国時代の勝者である。

 彼らはガチの内戦を勝ち抜いた軍集団でもあり、陸軍に限れば世界最強レベルと言えるだろう。



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                 (-_-)     /  /

           __              =-==≡〓〓][〓回   /  /              .◎~~~~~~~

           |日|                   .(__旦__)____ \  \             ./  東 方 不 敗  /

           |本|     ./~~ _______/( ̄ ̄/ // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__        ./ ~~~~~~~

           |連|    / ● /(()_))_)_)_____)・(   《 ●223[]∋__)      / ¶     

  ∧シ∩∧(,ノ∧ |合|   ./~~          ミ゚Д゚,,彡__\ _^     ノノ     巛∧/∠⌒∧  

 _ノ ´ ミ<゚∀゚ >.| ̄    /_______ ∧∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄~~\  / ・  ミ(゚ー゚*)《) 

 く/へ ミ⊂《##》'|  . _/__/_/(゚Д゚ )  ∈/◎   *   @∈∋/ 。=。 ~~≡≡ハ 《/\ ミ\∨/#)

    巛  (%(⌒)ヾ(0 * 0)==ヾ//_/'~}/ ̄ ̄//…     …/ ̄ ̄/三三三三三三》  《   /#/⌒)

    /, | |^《_》| .ソ /|皿皿|//ヽ_└i_//ヽ.}===(ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(====((O) ̄(O) ̄(Oリ  // | |(_)|/

    \|_|    .|_|_| l l====| | o l===l l o.リ(===(ヽ_&____&__(====(( 0≡0≡0≡0ソ  ヽヽ// /_|_|  ミ

    //_|   ///| ヽヽノ ヽヽ ノ   ヽヽノ (===(0ン        ヽ====ヽ 人 λ ン ソ    //ヽ///_|  

 '''''''""""""""""""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~""""""""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~"""""""""""""'””””””””” 

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ※戦車はイメージです。



 この間に日本は世界史上の新兵器である鉄砲の国産化に成功、しかも実戦の中でそれを改良し続けてきた。

 鉄砲と言う兵器の質だけではなく、それを使った戦術/運用方法まで確立されていたのだから

 戦闘で強いのは当然である。



 この頃の日本軍が装備している鉄砲は、質/量/戦術の三つが全て揃った最凶装備だった。

 一方、朝鮮は勿論、明軍にしても実戦経験は日本軍と大きく差があり、軍隊の戦闘能力には

 格段の違いがあった。



339 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:16:21 ID:qBzlzFHc0



 これまでの戦いでは日本が追う側だったが、 泗川では追撃される立場だった事も戦果を大きくしたと言える。

 鉄砲という兵器は、防御戦で最も威力を発揮するからである。



 そしてこの頃には現在のような対銃火器用の戦術は考案されておらず、

 攻撃側は数に任せて一列になって突っ込むことになる。



                                                  .     ┃

 その結果。。。                           ┏                ┃                ┓

                                       ┌───────────────────┐

                                       │   .   ∧ ∧⌒`) .ドし'⌒^ミ `) ⌒`)     |

 _______________________    │  (´⌒(´ (,゚Д゚,,)つ  ド   ∧ ∧⌒`)   .   |

                __                   │  (´⌒(´( つ/] /   ォ と(,゚Д゚,,)うおぉ     |

               /__|__ ヨークネラエ!     . ━━.. .│  ―― ( |  (⌒)`) ╋ォ ヽ[|⊂[] )`)―― .. | ━━

              /_了゚Д゚)                    │ ドカ  人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒)  | ドカ ''.''  |

               (|〆/|)         .            │    人 人  人 人   人し´人   .     |

              /|  ̄ |                     └───────────────────┘

       ,__       ∪ ∪                  ┗                ┃                ┛

      /_o_|__   ・・・ 。                                   .    ┃

     /_了 ゚Д´⊆0___,,

      (つニ∩,---' ̄ ̄

      (__ノ"(__)__ 

           /_o_|__    ・・・。

         /_了 ゚Д´⊆0___,,

          (つニ∩,---' ̄ ̄

          (__ノ"(__)   __   ・・・。

                 /_o_|__                     

                /_了 ゚Д´⊆0___,,               _______________

                 (つニ∩,---' ̄ ̄                 |   /_o_|__       バン!  . | 

                 (__ノ"(__)                 . . .  |   /_了 ゚Д´⊆0___,, ゞ从/... .|

                                         .   |   (つニ∩,---' ̄ ̄.... 〆∨ヾ |

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_______________ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                  |   /_o_|__       バン!  . |

                                  |   /_了 ゚Д´⊆0___,, ゞ从/... .|

                                  |   (つニ∩,---' ̄ ̄.... 〆∨ヾ |

                     __________ ____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                    |   /_o_|__       バン!  . |

                    |   /_了 ゚Д´⊆0___,, ゞ从/... .|

                    |   (つニ∩,---' ̄ ̄.... 〆∨ヾ |

                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



340 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:17:52 ID:qBzlzFHc0



<ゼンホーモンヒラケ!!



 <パン!

   <パン!

    <パンパンパン!



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ┃          バババババババババッッ!!!      . ┃

 ┃  ウアアアアアア!!                           .┃

 ┃─     ∩  ∵';:, ・―‐―― _-ヒュン―‐――    ―― .┃

 ┃    ∠(。c ⌒ヽ      ∧λ::!l ノ,    ――_―――_― ┃

 ┃     ∨`しし'      (‐p;゚:;):: て':,―‐―           ┃

 ┃・―‐―― _-ヒュン―‐―ζ;;;ノ~: <'::   ・――チュン!    . ┃

 ┃                ';;,::,'・';,、           .       ┃

 ┃     ・―‐――        ::と(,,0 ,,(;:)と⌒`⊃――― ─ .┃

 ┃                  アウウウウウ…            ┃

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



341 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:18:21 ID:qBzlzFHc0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...         

    ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .

   ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.

  ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.

 ..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .

 '::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.

  "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、

 '::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::'○ヾ_=,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.

 '::',:'':';:;'"'"''::',:___ '"'::'`::'::',:'':';:;∧∧::',:'':';:;..," ̄,:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"

 ',:'':';:;.(。Д。 )二二⊃ ⊃;',:'':'`::  (,,゚∀゚)          ∩∩'';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、

 "'''.''' ∨∨"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:⊂/ /`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"

 :::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;            (。A。 )二⊃        ::∧ ∧:;..,"'`',:'':     

 '':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`⊂(゚∀゚; )――つ"'`',

   '':'`::'::',:'':';:;..,.     ⊂―――';:;∧ ∧:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:` ⊂(_____\つ 

              ⊂_⊂二二("゚∀゚)つ         '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,

     "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 島津軍の報告によると、この戦闘による連合軍の死者は3万7千と言われる。

 流石にこれは誇張はあるだろうが、島津が大勝利したことはほぼ間違いないだろう。

 

 これが有名な泗川の戦であり、寡兵が大群を殲滅したとして伝説的な戦いであるが、

 先述の状況を総合するとある意味当然の結果だったかも知れない。



 この戦い等により恐れられた島津軍は、連合軍から「鬼石曼子(グイシーマンズ)=鬼島津」と呼ばれたと言う。



342 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:19:06 ID:qBzlzFHc0



 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

            「 ̄ `ヽ、   ______

            L -‐ '´  ̄ `ヽ- 、   〉

         /           ヽ\ /

       //  /  /      ヽヽ ヽ〈

       ヽ、レ! {  ム-t ハ li 、 i i  }ト、

        ハN | lヽ八l ヽjハVヽ、i j/ l !

        /ハ. l ヽk== , r= 、ノルl lL」

        ヽN、ハ l   ┌‐┐   ゙l ノl l

          ヽトjヽ、 ヽ_ノ   ノ//レ′

   r777777777tノ` ー r ´フ/′

 .. j´ニゝ        l|ヽ  _/`\

  〈 ‐ この後    lト、 /   〃ゝ、

  〈、ネ..         .lF V=="/ イl.

  ..ト | 露梁海戦も とニヽ二/  l

  ヽ..|l         〈ー-   ! `ヽ.   l

     |l 勝ちました ..lトニ、_ノ     ヾ、!

     |l__________l|   \    ソ

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 [島津 義弘(薩摩/70万石)]



 島津家現当主。

 但しこれは当主の義久(反豊臣)が豊臣方に半ば強制的に引退させられたためであり、

 内政の実権は兄の義久が持っていたと言われる。

 そういう経緯もあって義弘自身は親豊臣。得意分野は今回の戦いでもわかるとおり軍事である。

 

 総合的な戦歴で言えば家康程ではないが、個々の戦闘での神がかりぶりは上回る。

 まあそれだけ無茶な戦いが多いって事でもあるが。

 戦争に強い家康が曹操とすると、戦闘に強い義弘は呂布と言ったところか。

 

 対外戦闘の実績が多いこともあって戦闘での実績は世界史レベル。

 軍隊の指揮官としてのみ評価するなら戦国最強の最有力候補と言えるだろう。

 

 島津軍の代名詞とも言える「釣り野伏せ」は彼自身が考案/実用化したとされる。



344 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:19:54 ID:qBzlzFHc0



 [ 初心者でも出来る「釣り野伏せ」 ]



 ―――――――――――――――――――――――――――――

 こういう感じに囮部隊と伏兵を配置する。

 囮部隊は普通に戦闘を開始。

 

       味方  |       |

       伏兵  | 丘陵   /

             \___/         敵 敵

                     味方     敵 敵

                    囮部隊     敵 敵

                             敵 敵

             ⌒⌒⌒⌒ 

        味方 (    森   )

        伏兵 (         )

 ―――――――――――――――――――――――――――――



345 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:20:40 ID:qBzlzFHc0



 ―――――――――――――――――――――――――――――

 囮部隊はわざと負けて後方へ敗走。

 敵をおびき寄せる。

 

       味方  |       |

       伏兵  |  丘陵 .. /

             \___/   敵 敵

    味方          ←  敵 敵

 ← 囮部隊       ←   敵 敵

  (ニセ敗走)         ←    敵 敵

             ⌒⌒⌒⌒⌒  (敵は味方の囮を追走)

        味方 (   森    )

        伏兵 (         )



 ―――――――――――――――――――――――――――――



346 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:21:12 ID:qBzlzFHc0



 ―――――――――――――――――――――――――――――

 敵が深入りしてきたら。。。

 

       味方  |       |

       伏兵  |  丘陵 .. /

             \___/   

         ←  敵 敵 敵 敵

       ←   敵 敵

        ←   敵 敵 (敵は味方の囮を追走)

             ⌒⌒⌒⌒⌒  

        味方 (    森   )

        伏兵 (         )

 ―――――――――――――――――――――――――――――



347 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:22:09 ID:qBzlzFHc0



 ―――――――――――――――――――――――――――――

 伏兵が丘陵や森林の陰から伏撃

 

       味方  |        |

       伏兵  |  丘陵 ..  /

        ↓    \___/   

 味方    敵 敵 敵 敵

 囮部隊→ 敵 敵

 (反転)   敵 敵 

         ↑   ⌒⌒⌒⌒⌒  

        味方 (    森   )

        伏兵 (         )    

 

 敵が伏兵の攻撃で怯んだら、囮部隊は反転して逆襲する。

 たったこれだけたが、成功すると三方面から包囲できてしまうというお手軽かつ強烈な戦術である。

 ――――――――――――――――――――――――――――― 



 やり方が簡単なだけに実行できる機会は多く、また劣勢の時ほど使いやすい(敵が突っ込んできやすいため)

 実際に島津義弘は主要戦役の多くでこの戦法を使い、優勢な敵を何度も殲滅している。



348 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:23:07 ID:qBzlzFHc0



 この戦法は鉄砲と非常に相性が良く、伏兵部隊に鉄砲があると更に強力である。

 鉄砲の殺傷能力プラス発砲時の大音響で敵がビビるからである。



 鉄砲が兵器として最も優れていた点は、その殺傷力ではなくこの大音響であるという説がある。

 これだけで脱糞もの(比喩ではなく)の恐怖であることはあまり知られていない。



 ――――――――――――――――――――――――――――― 

   __         

  /_o_|__        バン!  . 

 /_了 ゚Д´⊆0___,, ゞ从/...

 (つニ∩,---' ̄ ̄   . 〆∨ヾ 

 (__ノ"(__)        

                               ∧,,∧  ビクウッ

                              ((゙゚'ω゚´'))

                               (   l)  ボトッ

                               `u-u' Σ● 

 ――――――――――――――――――――――――――――― 

 戦場とは、命と命のやりとりが行われる場である。

 そこに賭けられるのは自分の命。



 その恐怖と重圧はプレゼンとか面接など比較にもならない。全く別次元のものである。



 戦場では何万何十万もの弾丸が飛び交っているが、そのたかが一発に自分の命を終わらせる威力がある。

 発砲の大音響は、それを否応なく兵士の魂に刻み込むのである。



 そしてそれが突然現れた伏兵と共に自分へ向けられればその恐怖は想像を絶する。

 鉄砲を恐怖の増幅装置として見るなら、これ以上有効な活用方法はない。



349 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:26:18 ID:qBzlzFHc0



 [真・釣り野伏せ]

 ――――――――――――――――――――――――――――― 



       味方  |        |

       伏兵  |  丘陵 ..  /

             \___/   

       味方    敵 敵 敵 →    味方

      囮部隊→    敵 敵 →    別働隊

       (追撃)    (敗走中)   ( 敵退路遮断)

             ⌒⌒⌒⌒⌒      .↑

        味方 (    森    )    |

        伏兵 (          )   /

                       . /

        ●―――――――――゙

           迂回して退路を絶つ 

 ――――――――――――――――――――――――――――― 

 またこんな風に別働隊を用意してあげると更に良い感じになる。



 伏撃を食らった時点で敵は敗走するので勝ちは確定であるが、

 このままでは敵が逃げてしまうので大損害は与えられない。

 だから別働隊による追撃は非常に重要である。



 戦闘における損害の80%は敗走中に発生すると言われるが、

 逆に言えばこのボーナスタイムをうまく活用しない限り敵に致命傷を与えるのは難しい。

 

 一旦敗走した敵が体制を立て直すのは難しい。

 また敗走中の部隊に戦闘力は皆無であるため、捕まえてしまえば後はやりたい放題である。

 但し敵は全力で逃げるから、捕まえるのが難しい。



350 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:26:57 ID:qBzlzFHc0



 これをどうやって捕まえるかは古来戦術家の課題であった。

 そもそも敵を包囲するのはもっと難しいが、包囲と追撃の二つを同時かつお手軽に実行出来る。

 これを考案し、更に実践た島津義弘の戦術的才能は卓越したものであると言えるだろう。

――――――――――――――――――――――――――――

            「 ̄ `ヽ、   ______

            L -‐ '´  ̄ `ヽ- 、   〉

         /           ヽ\ /

       //  /  /      ヽヽ ヽ〈

       ヽ、レ! {  ム-t ハ li 、 i i  }ト、

        ハN | lヽ八l ヽjハVヽ、i j/ l !

        /ハ. l ヽk== , r= 、ノルl lL」

       ヽN、ハ l    ┌‐┐   ゙l ノl l

          ヽトjヽ、 ヽ_ノ   ノ//レ′

   r777777777tノ` ー r ´フ/′

 .. j´ニゝ        l|ヽ  _/`\

  〈 ‐ 釣り野伏で .lト、 /   〃ゝ、

  〈、ネ.. 九州統一  .lF V=="/ イl.

  ..ト | ..できました とニヽ二/  l

  ヽ.|l         〈ー-   ! `ヽ.   l

   ... |l 背も5センチ lトニ、_ノ     ヾ、!

    .|l  伸びました ||   \    ソ

    .|l__________l|

 ――――――――――――――――――――――――――――

 島津軍はこの直後の露梁海戦で李舜臣を討ち取るという大手柄も上げており、

 朝鮮の役では文句なしに日本軍MVPである。



351 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:28:28 ID:qBzlzFHc0

 

 [ 露梁海戦 ]

 撤退中の小西行長軍を朝鮮海軍が追撃しようとした戦い。

 劣勢な小西軍を救援するため島津義弘等が援軍として参加している。

 

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                         <l

                          _|_     イルボンツイゲキマンセー

                           | |_     

                      / ̄ ̄ ̄ /   李 舜臣 

                     /// _ ヾ /    ∧__∧★  ∧_∧_ 

           lヽ,,,,,,,,,,,    /l  |. /  \  |    <`∀´∩ \<‘∀‘ > ))  

        ,,,,,, ヘ  ∠フ ̄(ノ  |. |___ノ⌒ |  |  ○⌒ヽ ノ、  (つと  )_|_|

       0 0 彡   \ 彡  ヘ ヽ ____/  ヽ  ヾ∩ソヽ ヽ 〈 〈 〔 )__)

       ∨vv∨vv   /ヘ    \ヾ___//_\ <| |ノ <  l < < ノl  |

        ∧∧w/      \ ____|__|__|二二二|二二二二二|___|

        彡,,,,,,ミ,,,,,,,,,ノ     ヽ__  __  __  __  __  __  __  __  _ヘ ___

            ヽ三三ヽ   / ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/

           <)ヽ三三ヽ/ <)  (> (> (> (> (> (> (> (> (>|>  

            [二ヘ 三ヘ二二][二二二二二二二二二二二二二二二二二]   

            | ・ ||≡||  ・ | | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | |  /l

            [二二二二二二][二二二二二二二二二二二二二二二二二]//

            ヽ ヾ  ヽ   ヽ                         / /l 

 _,.,_    _,.,_    \ ヾ  ヽ _,. \     亀  甲  船    _,.,__,.,_  ///l 

 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 

                    ||n  ___ ゼンソクゼンシーン!!!

                    [ (~ ヽ=@=/_

                       | \ ( ・∀・)つ

               q     l工工工工工l,

                 |>  llllllll| ロロロロ| ロロエi._  ___ フシンセンハケーン!!!

   i~i       〓  _|_EI|lニl| ::::::::::::l::::::::::::::|@_ヽ.=@=/_    /

   '~|____  匚l-i| |王ノ`ー┴─ー┬┬┬┴┬|( ・∀・) __匚}_____

 ≡  |┴┴┴┴┴┴┴=====''''''''''''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//7//      /

 _,.,_ ゝ  _,.,__,.,_ 島津製作所  _,.,_  _,.,_        ///// ミミ ヾ、,/ _,.,__,.,_ _,.,_

 _

  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



352 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:29:14 ID:qBzlzFHc0

 

 ドーン!

  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

        ・. ’、′・. ’、′‘・、′‘ ・. ’、′‘

  ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ 从 ( ソ从へへ从/・.・”;

     ヽ  γ ((  人    ))   ))M・.・”;・.・.・”;・.・”;    うわああああ!

  ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )   人   从 ( ソ从へへ从/・.・”;  

    ’、′・. ’、′‘ ‘从へ从へ人从へ从へ人へ从・、′‘ ・. ’、′‘”;

 ′‘ ‘ ・. ’、′‘ ・Σ( ((   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”; ’、.・””; ’、

 ‘ ・. ’、′Σ( ( (  ) )) (  ) ))  )ζ へγ. ’・.・”; ’、”; ’、.

 ・. ’、′・. ’、′‘ ‘从へ从へ人へ∨从 人 从へ从へ人へ从・、′‘ ・. ’、′‘

 ′‘ ‘ ・. ’、′‘ ・Σ( ((   ⌒ ⌒ ) )   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”; ’、.・”

 ‘ ・. ’、′Σ( ( (  ) ))  )ζ Σ( ( (  ) ))  )ζ へγ. ’・.・”; ’、

 . ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ .・”; ’、

 | ・ ||≡|\ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”;   fト _

 [二二二l___      _ ( (  ) ))  )ζ Σ( ( (  ) ))    | ・ | |/ /

 \.     ̄ ̄"''─┻γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ┘     .└≡≡≡≡┐/

   ,\ _,.,__    _,.,_      亀    甲    船   _,.,  _,.,__,.,_       //l

  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 この海戦については、日本/朝鮮両軍共に勝利を主張しているため、

 戦術的に日本軍の一方的勝利では無い可能性がある。

 (朝鮮側の発表では李舜臣の戦死は追撃中の流れ矢が原因となっている)

 

 但し、これによって「李舜臣が戦死→朝鮮海軍が活動を停止→日本軍の制海権がほぼ確定」したこと。

 そして「その後日本軍の撤退が成功した事」の二つに疑念の余地はなく、戦略的には日本軍の完勝と言える。

 

 これらの戦いにより明/朝鮮連合軍は陸海共に戦意を喪失、日本軍が更なる追撃を受ける可能性は無くなった。

 

 この後に日本軍が撤収した事により主だった軍事活動は終了。

 これで二度にわたった朝鮮出兵は事実上終了する。



353 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:30:01 ID:qBzlzFHc0

 

       -、jr=-

         , '´  _ミ      やはり戦闘になると我が軍は強いですね。

       .i    f゙ι

     '、__ゝ    辷'ノ__    二度にわたる戦役でも、大きな戦闘では殆どわが軍が勝っています。

    , '⌒_ーァ _,ノノ'"  ,,-‐= 、 これで補給と占領地の統治が上手く行っていれば。。。。

   ノ 〆",丿ノ`七==r´::::ヘノ,!

   辷/イ ,! } ヘ :::::::::::`}

    レ' '、( ^iノ:::::. ヘ:::::..  ヽ,

     ,i′\ ` ′:::::::::ヘ::::::::::: ヘ_

    |  ::::::/`i:::::::::::__ヘ::::::::: `/、

    |:.   ::|  ヽ ̄ __二、:::::::::  ヽ_

   ヽ:::::::::i  /  ̄::::::::::::::::ゞ、:::::: ノノl‐-‐==

     }=-r'  |   ....::::::::::::::::::i `" '‐'、  (、n

    ヽ‐`ゝ i  :::::::::::::::::::::::::::|     `‐ミ三'ョ



354 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:30:39 ID:qBzlzFHc0

 

      ,..¨ ̄ ̄¨丶

     /        \   まあその二つが戦闘で勝つよりも大変ということだお。

    / ヽ、:::::::::      ヽ,

 .  /( ●):::::::::::, -‐    i  あれだけ勝ってるのに国内はこれだけ荒れるんだから、

   i     ::::: ( ●)     | やっぱり戦略の失敗は戦術ではフォロー出来んということだお。

   \ (_,、           /

    \ ` ‐'    __/   制海権の重要性を過小評価してたのも悪かったお。

     /         \   日露戦争とかもっと勉強しておくべきだったお。



355 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:33:22 ID:qBzlzFHc0

 

          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_

         /             "'‐-‐ァ ,

       /                ^ーノ ノi

      /   /          ,      ̄"__ノ __丿  戦略と戦術。。。

    /   /        ,'   ノ     、   二-''   戦闘に勝つことよりも重要なものがあるとは

 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ   中々興味深いお話ですね。

     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'  

  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '  いつかゆっくりとご教授いただきたいものです。

             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '

              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′

           / / |l |      ,  ',

           , ' ∧ |.i l      r= - '

         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′

          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´

        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _

       /升     , -''"           "''

     /ィ斗   /



356 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:33:56 ID:qBzlzFHc0

 

      ____

    /      \   その話は長くなるからまた今度だけど、SLGとかやると意外と役に立つお。

   /  ─    ─\  やる夫的にはCiv4とCarnage Heartがおすすめお(どっちも古いけど)。

 /    (●)  (●) \  

 |       (__人__)    | それはともかく、これならやる夫達が渡航する必要はなさそうだお。

 ./     ∩ノ ⊃  /  皆これから帰って来るはずだから、

 (  \ / _ノ |  |    やる夫たちはここでその支援と受け入れ準備をやるお。

 .\ “  /__|  |   

   \ /___ / 

 

 ちなみにCarnageHeartの最新版はEXAだお。



357 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:34:28 ID:qBzlzFHc0



        , -─ゝ `ヽr'´    `>

      ∠   -─- ミ   二 ´ ̄ >   俺も忘れんなよ。

     , '   ニ-‐ r─ ミ  -‐    、\

    / /    | r;ニV三、 ヽ ヽ.  l  \ 五奉行筆頭の俺が来てるってのに

 .   l /       :|     |    l  | ヾ` さっきからシカトとはどういうことだ?

   │    /    l |     :|. トi     |

   │   / / ,1 L_    :!│l ト、ヾ |  流石は「へいくわいもの」のやる夫だな?

 .   ! !   / / レ'  `ヽ   ゝ!´ヽ! \ 、|

 .   | |   ノヾ、二raニ   ('ra二フ"レ′

     |  _,、イ|            `ー-;  :|

    |  ヾニ|:|           - /   |

    | | |  |  ヽー----------‐ァ :|

     | |  |  |   ` ー-------‐´  ト

 .   | l/ヽ. ヽ     ー一    / |

   _レ':::;;;;;;;;ト、 l.\           ,.イ , l

  ̄:::::::::::;;;;;;;;;;| ヽ. l l ヽ、..__.// |ル^::ー-

 :::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|.  \!         , ' :|;;;;;::::::::::

 ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    \   /  :|;;;;;;;;;:::::::

 

                    / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ

                   / ―   ― \   (浅野のオッサン。いたのかお。)

                 /   (●)  (●)  \  浅野殿もご苦労だお。てっきり上方で徳川のご機嫌・・・

                 |     (__人__)      |  いや何でもないお。

                 \   mj |⌒´     /

                    〈__ノ           まあ浅野殿もよろしく頼むお。



358 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:34:59 ID:qBzlzFHc0

 

        ____

      /      \   お二人も分かってると思うけど、この撤収作業は極めて重要お。

     / ─    ─ \  何万人もの将兵が一度にこの博多へ帰って来る。

   /   (●)  (●)  \

   |      (__人__)     | それを迎えに来る家族とかも考えたらものすごい数になるから、

    \    ` ⌒´    ,/  ちゃんと整理とかしないと大混乱になるお。

   /⌒ヽ   ー‐    ィヽ

  /      ,⊆ニ_ヽ、  |  

  /    / r─--⊃、 ..|  

 | ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |



359 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:35:24 ID:qBzlzFHc0

 

      ____

    /      \     彼らは長期間異国の戦場で十分な補給もなく戦ってきたお。

   /─    ─  \    だから疲れてるし、気も立ってるから下手したらここで暴動とか起きかねない。

 / (ー)  (ー)   \  

 |    (__人__)      |  そうならないように受け入れには万全の準備を持って迎える必要があるお。

 \   ⊂ ヽ∩     < 

   |  |  '、_ \ /  )

   |  |__\  “  / 

  \ ___\_/



360 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:36:21 ID:qBzlzFHc0



       ____

      / \  /\ キリッ だがっ!

    / (●)  (●)\    ここには天下の五奉行のうち二人がいるお。

  /   ⌒(__人__)⌒ \ + 毛利宰相殿はまだお若いけど、才覚十分で毛利家のバックアップは大きいお。

  |              |  

 + \            /   撤退作業は簡単ではないけど、この三人で力を合わせれば不足は無いお。



361 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:36:52 ID:qBzlzFHc0

 

 ということで

 このときの業務分担は以下のとおり。

 

 -----------------------------------

 ■やる夫

 全体総括。

 プラス輸送船団の運営と兵糧の集配分配。

 

 ■毛利秀元

 仮設兵舎の設営と管理。

 及び輸送船の調達。

 

 ■浅野長政

 警備・治安維持。

 -----------------------------------



362 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:37:28 ID:qBzlzFHc0

 

 こうして受け入れ体勢は完成。

 やる夫の言うとおり、今回の人選に不足は無く準備は滞りなく行われていた。

 ――――――――――――――――――――――――――

                   、-‐-、r''二k-、

 俺もちゃんと         < ̄ニ ミ -─   、\

 仕事してるからなっ    ///.r .ニ、 ヽ\ ┛┗

                 レ'〃,' f'''''゙゙l ll  l l.┓┏

 実務能力も         レ/イlノ_ノゝlヘ.「ヽ\ | |

 ちゃんとあるからなっ      │ ● ::::::::: ● |lゝ、!

                     |⊃ 、_,、_, ⊂⊃lノ |

                (⌒ヽ_ ヘ   ⌒(⌒ヽ_リハl.|

                  ``y::::へ>,、 __,``y:::::べ|

                  ヘ:::::::/:::ヽ<_>/ヘ:::::::::丶

 ――――――――――――――――――――――――――



363 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:38:08 ID:qBzlzFHc0

 

 _______________

  受け入れ作業は更に進む



     ∧__∧≡=- ─

     (´・ω・`)┐≡=-  ─

     と´_,ノ゙ヾ.≡=-   ─ ─

       (´ ヽ、 \≡=- ─

        `ー' \__)≡=-



     Now Speeding・・・

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



364 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:38:39 ID:qBzlzFHc0



 そんなある日。。。

 

 

 <でっていうwwwwwww

 

                ____

              /      \   ・・・?

             /─    ─  \  やけに表が騒がしいお。

           / (●)  (●)   \

           |    (__人__)      | まだ朝鮮にいる軍隊が帰って来るには早いし。。。

           \   ⊂ ヽ∩     < それに随分と騒がしくてキンキラキンな連中だお。

              |  |  '、_ \ /  )

              |  |__\  “  / 一体どこのDQNかお。

              \ ___\_/



365 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:39:51 ID:qBzlzFHc0



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         /ニYニヽ

    (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)   所領復帰で故郷に錦。

   (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i))) 

  /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \ でっていうwwwwwwwwwwwwwww

 ( ___、  |-┬-|    ,__ )

     |    `ー'´   /´

     |         /

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 [ 小早川秀秋(筑前/50万石) ]

 秀吉の甥。ある意味関ヶ原の戦いで最も有名な人でもある。

 もともとこの博多を含む筑前を所領していたが、朝鮮での失態(非戦闘員を大量虐殺とかした)で

 秀吉の怒りを買い大幅減封(越前15万石)される予定だった。

 

 しかしその配置転換の準備中に秀吉が死去。

 これに伴い減封の件は白紙になり、筑前は引き続き彼が所領することになる。

 

 この減封にはやる夫も大きく関わっており、やる夫の陰謀説も一部では囁かれている。

 ちなみに一人称は「でっていう」



366 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:40:19 ID:qBzlzFHc0

 

          / ノ Y ヽ

   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)

   (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  やる夫も受け入れ準備乙っていう。

  /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \

 ..( __  l  ヽ__ノ   ,__ ) ていうかでっていう追い出せなくて残念だったっていうwwww

      \   |r┬-|  /´

       |  | |  |  |

       |  | |  |  |

          `ー'´

                ____

              /      \   (・・・ああこっちのDQNかお。

             /─    ─  \   そういえばそろそろ戻って来る頃だったかお)

           / (ー)  (ー)   \  

           |    (__人__)      | 

           \   ⊂ ヽ∩     < 

             |  |  '、_ \ /  )

             |  |__\  “  / 

             \ ___\_/



367 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:40:45 ID:qBzlzFHc0

 

 

    / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ

   / ―   ― \   金吾様も大変だったお。

 /   (●)  (●)  \ 

 |     (__人__)      | まあ太閤さんも無くなって甥の金吾様も気落ちしてると思うけど、

 \   mj |⌒´     / こういう時期だし一緒に頑張りましょうお。

     〈__ノ        

 

        ____   ,

      /     \  -

    / ―   ― \`   ・・・。

   /   (● ) (● )  \ 

   |     (__人__)      | じゃあやる夫は撤兵のお仕事があるんで

   \ .   `⌒´     / これで失礼しますお。

   mj~i

   〈__ノ           (しかしコイツホントに変わっとらんお

  ノ   ノ            藤吉郎さんの一族って、小一郎さん以外こんなのばっかりだお)



368 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:41:12 ID:qBzlzFHc0

 

         /ニYニヽ

        /( ゚ )( ゚ )ヽ     ちょっと待つっていうw

      /::::⌒`´⌒::::\    

      | ,-)___(-、|    やる夫はでっていうに何か言うこと無いかっていうww

      | l   |-┬-|  l |    ここから追い出される時には随分世話してくれたっていうwww

      \   `ー'´   /    

 ⊂⌒ヽ ノ       <  /⌒つ 折角戻って来たんだから祝いの一つもよこせっていうwwwwwww

   \ ヽ  /         ヽ /   内府殿はでっていう復帰できるようにしてくれたっていうwwwwwwwwwwwwww

    \_,,ノ      |、_ノ

 

                       ____

                     /     \    仰るとおりだお。

                   / ⌒   ⌒ \  

                  /   (●)  (●)  \ じゃあ特別にやる夫のハナクソを進呈しますお。

               _ |__    (__人__)      |

             /   \    `ー'´   ..  / 採れたてだから早めの使用がおすすめですお。

       /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ        それじゃ。

       |  |  | { .::::::●:::::  }   

       |  |  |  \ ::::::::::::::/

       ヽ ヽ ヽ   `ー一'´



369 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:41:42 ID:qBzlzFHc0



 <でっていう

 

      ____

    /      \    あーうざかったお。

   / ─    ─ \   側近も能無しのイエスマンばっかりだお。アホ集めてお世辞言わせてる。

 /   (●)  (●)   \ そいで友達おらんから絡めそうなの見つけたら手当り次第に絡むんお。

 |      (__人__)    |   

 \     ` ⌒´     /  あーいうのキョロ充ってんだお。

 

 あんなのにかまってないで仕事お。仕事。



370 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:42:11 ID:qBzlzFHc0

 

 [次の日]

 

 やる夫様にお手紙ですぞ。

        _____ _________

      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,

     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。

    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |

    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|

  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|

  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|

  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |

  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 

    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ



371 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:43:15 ID:qBzlzFHc0

 

 

 バサ    ____

      /     \      どれどれ・・・。

  パラ/  ─    ─\

   /    (●) (●) \   おお、やらない夫からだお。

   |       (__人__)    |

   \        |\  / /| やる夫のお願い通りちゃんと徳川の情報調べてくれてるお。

   /     /⌒ノ  \/ ( ) VIPの情報だと「いえやすなさんカワイイ」とか

   |      / / |       | 「徳川さんは真面目にやってます」ばっかで役にたたんお。

 

 っていうか「いえやすな」って誰だお。

 語呂悪いから「やすな」で良いお。



372 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:44:14 ID:qBzlzFHc0

 

 

                         ミ

                      ミ      / ̄ ̄\ ( ;;;;(

                           / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)

                    ミ      |  (●)(●)/;;/

                           |  (__人__)l;;,´|

                    ミ      | ./´ニト━・' .l

                           | .l _ニソ    }

                            /ヽ、_ノ    /

         ____       γ⌒ヽ    __/  /    ノ__

      /     \      ゝ __ノ   / /  /       `ヽ.

     /  ─    ─\    〇     /´  ./       ,.  ヽ.

   /    (●) (●) \  〇  ミ   ト、_,/.       |、  ヽ

   |       (__人__)    | ・        |         |/  /

   \        |\  / /|    ミ       

   /     /⌒ノ  \/ ( )     

   |      / / |       |       ミ

 

 ご無沙汰しておりますやる夫様。

 撤退準備は順調でしょうか?

 

 こちらでは相変わらず徳川方が調略活動を続けています。

 今回はその件ご報告したいことがあってご連絡しました。



373 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:44:51 ID:qBzlzFHc0

 

                         ミ

                      ミ      / ̄ ̄\ ( ;;;;(

                           / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)

                    ミ      |  (ー)(●)/;;/

                           |  (__人__)l;;,´|

                    ミ      | ./´ニト━・' .l

                           | .l _ニソ    }

                            /ヽ、_ノ    /

         ____       γ⌒ヽ    __/  /    ノ__

      /     \      ゝ __ノ   / /  /       `ヽ.

     /  ─    ─\    〇     /´  ./       ,.  ヽ.

   /    (●) (●) \  〇  ミ   ト、_,/.       |、  ヽ

   |       (__人__)    | ・        |         |/  /

   \        |\  / /|    ミ       

   /     /⌒ノ  \/ ( )     

   |      / / |       |       ミ

 

 もうそちらに本人が到着していると思いますが、

 金吾中納言様の転封が取消となり、旧領である筑前への復帰が正式に決定されました。

 

 やる夫様がいらした時点での決定事項なのでそれ自体は良いのですが、

 問題はこれを黒田如水、それと徳川家康が推進したかのような宣伝がなされていることです。

 

 このこと自体はさほど大きな影響はないと思いますが、やる夫様の予想通り

 やはり徳川方は完全に調略活動モードであると考えていいでしょう。

 当然他にも色々やると思いますが、何かわかりましたらまたご連絡します。

 

 PS.一蘭ラーメンのお味はいかがでしょうか?

  私はなりたけ派なので別にいいですが。



374 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:45:38 ID:qBzlzFHc0

 

 

          / ̄ ̄ ̄\     ・・・何でタバコ吸いながら喋ってるんお?

        /─    ─  \     やる夫が吸ってる時にも吸わないのに。

       / (●)  (●)  ヽ

       |  (__人__)  u.   |   アイツもしかしてやる夫が居ないからってくつろいでる?

      \  `⌒ ´    __,/   やる夫の存在ってやらない夫のストレスなのかお?

 .      /            \ 

    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

  (,,)          |       (,,) ってかイメージのクセにAAでかいお。

    |          |        |



375 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:45:58 ID:qBzlzFHc0



 

               / ̄ ̄ ̄\    まあ徳川方の動きは今のところやる夫の想定通りお。

             /       .\   想定以下でもないけど。

            /   ─ヽ  .─   \

            |   (●)  (●)   .| しかし官兵衛のオッサンまで絡んでくると無駄にややこしくなる。

            \.   (__人__)    / あのオッサンヒマだから面白そうな事があると何時も絡むお。

             ( ヽ  ___ ././  

              .\ \|  .,レ゛/   やっぱりこっちの仕事は早めに終わらせないといかんお。

               .\旨 爻ン



376 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:47:09 ID:qBzlzFHc0



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                   ,.‐:、_,:‐.、

                 /::::::::::::::::::ヽ

                 /:::::::::::::::::::::::ヽ

                  l―――――゙l

            ___,,,,,.....l_______l.....,,,,,,___

          <´:::::::::::::::::;::::;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::`>

            `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´

                :==-===/'ヽ

                !;;;;;;;/~ヾ;;;;;;;ノ .6 i

                `!、 !_.,ヽ.   / , ノ

     ___.          /~´ ´``'ヾノ`i

   γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |

   .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__

   .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|

    ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i

   ..  | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

     | ;:|        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

     | ; :|         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

    ,|   ト 、        /l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

    !  ̄´  ヽ______i;l_l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

    !`''    ´||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

    . !     .||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 [ 黒田 如水(隠居中)]

 通称は官兵衛。羽柴の二兵衛と言われ、竹中半兵衛と並び称された豊臣秀吉の軍師。

 軍師と言っても、悪企み(調略とか外交工作)が得意かつ大好きなため、秀吉が天下を取った後は冷遇された。

 

 その後でも悪いこと大好きグセを秀吉から警戒されたため隠居。

 でも悪いことは大好きなのでこういう機会があると必ず出てくるというメンドイ人。

 

 やらない夫が報告した小早川秀秋の復帰の件だけでなく、

 この撤収時にも復員してきた大名を煽るため博多に現れている。

 

 ちなみに若い頃、寝返った仲間(荒木村重)を説得しようとした際に水牢にブチ込まれ(=ほぼ拷問)、

 そのまま一年耐えたという凄まじい精神力の持ち主(>>1だったら多分一日持たない)。

 このせいで脚に障害が残り、杖をつかなければ歩行もできなくなったというからガチな話だと思われる。



377 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:47:37 ID:qBzlzFHc0

 

 ーそして1598年11月末ー

 



 [ 博多港 ]

                 __

                /_」

              // ..                ___

           ,─∠∠===──────────-/0/

           ∠」ロlニニl lニニl lニニl lニニl lニニl lニニl lニニl三|  |─、

     ,──∠☆彡\_毛利家 専用  JETFOIL _|璽璽;;ヽ__

 __∠7∠7|0|0|三lニニl lニニl lニニl lニニl lニニl lニl三三 |三/===== |

 \すいせい.| .|. |三三三三三三三三三三三三三三 |====929===|

   \ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄

    \_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,..

     │├───────────────┤├.,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,.....

    .,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,.....               .,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,.....

                _       _

 \     ボロッ   /■\    ノ ■\      ;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:

   \/■\ _  ||Д" )   ( ・Д/■\ _________

   (メД" )   8二  )   (T  (。。 メ)             /|

    ∪∪ ヽ    || | ヽ   Y   ∪∪ ヽ  ウググ     /  ;:;;:

     (_) J     ||_) J   (_) J ヽ___⊃       /

  ハヒィィ  /■\                        /   ;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:; ;:;:;;:

      (゚Д゚ ;) /■\    オオオン         /

   /■\ ⊂  (;´Д`) /■\         /     ;:;;:;:;;:

   (´Д`;|)/⊃ ⊂_ ⊂ 丶(´Д`;,)       /

   ゝ   /      ;Y ソ  と_ ⊂ノ       /  ;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:       ;:;;:;:;;:

   し Y 人    ;/■ (_)Y 人ヽ     / 

    (_)'し   ⊂(゚Д゚ ;) (_) ソ   / 

                        /    ;:;;:;:;;:;:;;:

     ハラヘッタ



378 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:48:31 ID:qBzlzFHc0

 

       ____

     /   u \    やっと朝鮮からの引き上げ船団が到着し始めたお。

    /  \    /\

  /  し (>)  (<) \ やる夫の予想よりも損害は軽いけど、それでもみんな疲弊しまくってる。

  | ∪    (__人__)  J | みんな、スマンお。

  \  u   `⌒´   / 食料とか宿舎とかはやる夫達が用意してあるからゆっくり休んで欲しいお。



379 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:48:58 ID:qBzlzFHc0



        ___       

      /     \ キリッ   よし、では帰還兵のみんなは所属に応じて事前に割り当てたとおりの宿舎へ案内お。

     /   \ , , /\     食料も同様お。

   /    (●)  (●) \   

  .. |       (__人__)   .|   病気とかケガしてる人は毛利宰相殿に申し出ること。

     \      ` ⌒ ´  ,/   医者も十分に用意してあるお。

      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ

      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ ここはもう戦場じゃないお。

     |            `l ̄    物資とかみんなに必要なモノは十分用意してあるからどうかゆっくりして欲しいお。



380 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:49:32 ID:qBzlzFHc0

 

                    

          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_

         /             "'‐-‐ァ ,

       /                ^ーノ ノi

      /   /          ,      ̄"__ノ __丿  

    /   /        ,'   ノ     、   二-'' 宿舎は毛利家で準備してあります。

 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ 十分な数がありますから、慌てず順番にお通り下さい。

     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'  

  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '何しろ大勢の方が一度に引き上げていらっしゃいます。

             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '  不備などあるとは思いますが、その場合は私にお願いします。

              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′ 

           / / |l |      ,  ',    やる夫殿からも有りましたが、病気やケガの方は必ず申し出て下さい。

           , ' ∧ |.i l      r= - '    医師団も用意してありますから症状に応じて適切な処置を行います。

         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′

          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´

        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _

       /升     , -''"           "''

     /ィ斗   /



381 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:49:58 ID:qBzlzFHc0

 

       l: : : : : : : : :.|゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙|: : : : : : : :.:.、: : : :.:l     これまで本当にご苦労だった。

       |:/: :.,': : l: : ,'     .',: :.l: : |: : ',: :.ヽ:.:.: |     あとの事は心配なくゆっくり休んでってくれ。

       /: :./:.:.:/}:./     ',: :}、:.:}、:.:.',: : :.ヽ: } 

       /: :./: :/‐- .____    ∨} ∨}弋:',: : : .ヽ      但しひとつだけ当局からお願いだ。

      {: :.// ≠=-x_`ヽ   _>、二イ-≠ゝ、: : ヽ    

       ',:.:f i .|. >、.. C 丶   /:x´ C , .<´.iヒヽ: :,'     解ってると思うが、ここはもう戦場じゃない。

       }:.i r i.   ` ̄´ /:| |、 ` ̄´   i_ノ/:.,'      盗みとか喧嘩とかはいけないぜ?

         }:.ゝ-i::     /::::| | ',        i_ノ:.,'

 ___ --‐‐ニ |: :.:.:.i     ヽ:: | |_ }      .i: : : :.|--- _  みんなが今居るのは法治国家なんだからな。

 三三三三.i: : :.: i      ゝノ      i: : : : i、三三三  言いたいこと解るよな?

 三三三王|: : : :.i  `ー―‐‐--‐‐一´  i: : : : :i王三三  

 三三三王|: l: : :ヽ     ー‐     イ: : : : :i 王三三  俺はここの治安維持と警備担当だ。

 三三ニ王. i: l: : : : > ._        <: : : : l: :iニ王三三  みんな俺の世話にはならないようによろしく頼む。

 三三 王ニ i:.l: : : :.:.|\ .>  __ <./i: : : : ,': ,'三王三三

 三三i王三.|:.l ',: : :.|//.\_________///i: : : :,': ,'三ニ王三



382 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:50:23 ID:qBzlzFHc0

 

          ____

        /       \     ・・・ということで、復員兵の収容は何とかなりそうお。

       /   ―   ―     

     /     ( ●)  (●)'  ∫ これもお二人の協力のおかげお。

     |         (__人__) | ∬  本当に有難うお。

     \        ` ⌒´  .| ̄| 

 ____/       ー‐  '-|_|) まあアレだけの人間が一度に帰ってきた訳だお。

 | |  /  /          __/ ちっちゃなトラブルは多発すると思うけど、そこは浅野殿よろしく頼むお。

 | |  /  /          |

 | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ        

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



 それ以外は、まあこのままで大丈夫だと思うお。



383 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:51:13 ID:qBzlzFHc0

 

       -、jr=-          こちらこそ、天下の為にお役に立てて光栄です。

         , '´  _ミ      

       .i    f゙ι        それに天下に聞こえた五奉行のお手並みを拝見出来ました。

     '、__ゝ    辷'ノ__      さすがご両人とも見事な手際です。

    , '⌒_ーァ _,ノノ'"  ,,-‐= 、 

   ノ 〆",丿ノ`七==r´::::ヘノ,!   若輩者ゆえ武勇のみに目が行っておりましたが、

   辷/イ ,! } ヘ :::::::::::`}     こういう差配の才覚も天下を治めるには重要ということがよくわかりました。

    レ' '、( ^iノ:::::. ヘ:::::..  ヽ, 

     ,i′\ ` ′:::::::::ヘ::::::::::: ヘ _  やる夫殿には、また色々とご教授願いたいものです。

    |  ::::::/`i:::::::::::__ヘ::::::::: `/、

    |:.   ::|  ヽ ̄ __二、:::::::::  ヽ _ それではまた。

   ヽ:::::::::i  /  ̄::::::::::::::::ゞ、:::::: ノノl‐-‐==

     }=-r'  |   ....::::::::::::::::::i `" '‐'、  (、n

    ヽ‐`ゝ i  :::::::::::::::::::::::::::|     `‐ミ三'ョ



384 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:51:48 ID:qBzlzFHc0

 

                    、-‐-、r''二k-、

 べっ別に            < ̄ニ ミ -─   、\

 お前の為にやったんじゃ  ///.r .ニ、 ヽ\ ┛┗

 ないんだからなっ      レ'〃,' f'''''゙゙l ll  l l.┓┏

                  レ/イlノ_ノゝlヘ.「ヽ\ | |

 ヘンな勘違い          │ ● ::::::::: ● |lゝ、!

 すんなよなっ            |⊃ 、_,、_, ⊂⊃lノ |

                (⌒ヽ_ ヘ   ⌒(⌒ヽ_リハl.|

                  ``y::::へ>,、 __,``y:::::べ|

                  ヘ:::::::/:::ヽ<_>/ヘ:::::::::丶



385 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:53:07 ID:qBzlzFHc0

 

 

      / ̄ ̄ ̄\    ・・・さてっとお。

    / _, 、_ \  さっきの会話通り、撤収関係は大方問題ないけど 

   /  (●)  (●)  \ 最後にひとつだけ面倒いことがあるお。

   |    (__人__)    |

   \    ` ⌒´    / まあしゃあないかお。



386 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:53:45 ID:qBzlzFHc0



 

 ☆博多市街のとある宿舎

 ――――――――――――――――――――――――――――――――

                            _,

                 __ ,.. z - __,,,,.....¨  ̄  ¨ ‐ ,_

       __,,... -- ‐ ¬ ¨  ̄     /.ビストロヽ       ¨ - .,

     /_¨¬- .,_           |lVIP専用.l! z - ‐¬ ¨  ̄ _,..i

     | ¨¬- .,_ ¬- ,___,,... -- ‐ ¬ ¨  ̄ __ ,.. z -‐¬ ¨  ̄   |

     |      ¬ .,__i__,,... -- ‐ ¬ ¨。 ̄            |礇;;、

     | l!       |       /.|  __,....,__    .i!⌒i  |鵺爪

   ,;il礇| l!     l!   |   l!⌒l  | l<.,_   ¨ ‐.,_ l!...::l  |l:i|'"

 ,;;i爪鵺|,,,l!  l! ,;il礇li;, |   l! .:l   |_,.lj  l¨yi-‐r''''7 l!..:;;lilllii;i' ''`

    lill l{鋻};,,l!爪徽鐱i |   l! ..::l ,,,,... |l__,,..i.z-|‐'  i'''''"""

      "''{鋻} |ii;l.... |lllllllii''l!  ''''''''''""     .!    '

――――――――――――――――――――――――――――――――





      / ̄ ̄ ̄\    ・・・。

    / _, 、_ \   

   /  (●)  (●)  \

   |    (__人__)    |

   \    ` ⌒´    /



387 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:54:20 ID:qBzlzFHc0



                               |┃┃

                               |┃┃  諸将の皆さん、朝鮮での戦い本当にお疲れですお。

                               |┃┃

                               |┃┃  撤収奉行のやる夫だお。

                            三 |┃┃

              ____          |┃┃

            /      \         |┃┃

           /  _ノ  ヽ__\       |┃┃

         /    ( ●)  (●).\    三|┃┃

         |  u    (__人__)   |     |┃┃ ガラッ!

          .\           ,/  三  |┃┃

         ノ            \       |┃┃

         |              \ 三 |┃┃

         |            |ヽ、二⌒)|┃┃



388 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:55:04 ID:qBzlzFHc0

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

 : ┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓:

 : ┃  |:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.:} ┃┃  |:.:i:. 」__;」;_:.:.__」  .┃┃ /:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|  .┃┃ |:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|┃:

 : ┃  レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^ ┃┃  |:.:.|:.:|:O;__O:|:.|  .   ┃┃ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/   ┃┃ レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.┃:

 : ┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛:

 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



389 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:55:30 ID:qBzlzFHc0





      / ̄ ̄ ̄\    ・・・。

    / _, 、_ \   

   /  (●)  (●)  \

   |    (__人__)    |

   \    ` ⌒´    /



390 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:56:14 ID:qBzlzFHc0

 

                       加藤 嘉明          黒田 長政

                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:\         /:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ   あーらやる夫。

   加藤 清正    浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ       /_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.|  随分遅かったじゃない。

    ,.: ----、__    ,. -―‐‐:、   /:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|       |:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.| 

   /:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/       レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.|  朝鮮で見かけないと思ったけど

 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ'          V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.|  まさか国内で太閤様の

 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」  /:>`ー_´イハ          V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::.|  ゴマスってたとは

 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|   レ/ ,.イ-ト.、^'             /レ へ}|:.:.:.:.:|  思わなかったわよ?

   レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|   r‐ァ{ニV‐‐∧┬i           / .| /   }:.:.:.:/  

     ∧`r<´   |:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|   |/‐:| _H  ト >|          人Vへ _ ∧:.:/    私たちが命張って戦ってるのに

    /\__∧  |:.:./ |:|└^r┼L   |TT く| |_「|7| ||       「「77´ /|レへ._ / Vへ   いい気なもんね?

  「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く___,|L二 ](__二二」_____{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | | 

  |.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-'^_________ /     `―-- 、._/ |   _〉.| |

  |.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄              /            \. ̄ ̄「  | |

  |.|_.」    ` >ー┴’___________/|二二二二二二二二二二|ニニニ| ̄|^

   | | |     `T ――――――――――― ┐/             | /    .|  |



391 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:57:10 ID:qBzlzFHc0





      / ̄ ̄ ̄\    まー今更おまいらに言ってわかるとは思っとらんけど、

    / _, 、_ \  太閤さん亡くなった後始末とか、

   /  (ー)  (●)  \ おまいらが無事帰ってこれる為に色々準備しとったお。

   |    (__人__)    |

   \    ` ⌒´    / というか、もうおまいら理解しなくて良いお。



392 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:58:03 ID:qBzlzFHc0

 

                       加藤 嘉明          黒田 長政

                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:\         /:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ  えっ何?今何つった?

   加藤 清正    浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ       /_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.| 

    ,.: ----、__    ,. -―‐‐:、   /:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|       |:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.| 何が言いたいの?

   /:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/       レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.| もしかして自分も働いてたとか?

 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ'          V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.| 

 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」  /:>`ー_´イハ          V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::.| 

 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|   レ/ ,.イ-ト.、^'             /レ へ}|:.:.:.:.:| 

   レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|   r‐ァ{ニV‐‐∧┬i           / .| /   }:.:.:.:/ 

     ∧`r<´   |:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|   |/‐:| _H  ト >|          人Vへ _ ∧:.:/  

    /\__∧  |:.:./ |:|└^r┼L   |TT く| |_「|7| ||       「「77´ /|レへ._ / Vへ 

  「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く___,|L二 ](__二二」_____{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | | 

  |.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-'^_________ /     `―-- 、._/ |   _〉.| | 

  |.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄              /            \. ̄ ̄「  | | 

  |.|_.」    ` >ー┴’___________/|二二二二二二二二二二|ニニニ| ̄|^

   | | |     `T ――――――――――― ┐/             | /    .|  |  

  

  アンタ前の戦争で戦場に来たのはいいけど、

  前線出ずにテキトーな報告して手柄横取するわ、太閤様の名前使って余計な指示出すわ。



  今回は加増まで禁止にしてくれて本当にアリガトーね。

  それで自分は戦場にすら来ずに、 戦争終わってから現れるなんてサイテー。



  ・・・それで、一回ぐらい武功立てたの?



393 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:58:38 ID:qBzlzFHc0





 ┏━━━━━━━━━┓

 ┃  |:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.:} ┃

 ┃  レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^ ┃

 ┗━━━━━━━━━┛

 ┏━━━━━━━━━┓

 ┃  |:.:i:. 」__;」;_:.:.__」  .┃

 ┃  |:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|     ┃

 ┗━━━━━━━━━┛

 ┏━━━━━━━━━┓

 ┃ /:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|  .┃

 ┃ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/   ┃

 ┗━━━━━━━━━┛

 ┏━━━━━━━━━┓

 ┃ |:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|┃

 ┃ レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.┃

 ┗━━━━━━━━━┛            / ̄ ̄ ̄\    ・・・。

                            / _, 、_ \   

                          /  (●)  (●)  \

                          |    (__人__)    |

                          \    ` ⌒´    /



394 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:59:06 ID:qBzlzFHc0

 

 

      / ̄ ̄ ̄\    ・・・。

    / _, 、_ \  

   /  (●)  (●)  \  武功はないお。

   |    (__人__)    | 

   \    ` ⌒´    /  やる夫ずっと内政しとったお。



395 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:00:14 ID:qBzlzFHc0

 

 

   2 童  |'´::::>‐''´::::::::::::`゙ヽ、`゙ヽ、r',. -''´:::::〈  童 え

  万 貞 //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/..:..:::::::::::::〈  貞  |

  石 が |..:..:..:..:..:.:::::::::::::::::::::::..:..:/:::..:..:..:..:.::::::::::|  .| マ

  ま 許 |::::::..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./::::::::::::::::::..:..:..:..〈 .. ? ジ

  で さ   〉::::l|::::|:::::::::::::l|:::l|:::::/::::::::::::://::::::::::::::/

  だ れ |::::|」l::十::::::::::/リト|:、|:|:::::::::::/l‐!::::::::〃/L

  よ る ヽ::|l:!⊥!ヽ::::〃| ,⊥L!|:::::::::リ=ミ|::lレ'´〃 /ヽ__r┬‐、/

  ね の /::|| lL! ヾ/  ! 「し!{|::ハ| 「_!    /i::(_, ヽヾ::::::::

  │ はr'::|::| 、 l;;;!    _l:;;;;レ |:::l:|、L::!.     _L;;;ノ__, j|;::::::::

 レ'⌒ヽ |:::::|::|  ̄        ̄ j|::::|:|           リ::/:::

 人__人_j_:::::|{:'、  〈     ノー'^ー^ ゝ〈          //:::/

  ハ キ /ハ:::ヽ  ヽ ̄`l  |   キ ハ _ヽ ̄`l    u 〃:://

  ハ ャ |/  !ヾ:::ヽ/Y'Yl 〈    モ |:::::| | ヽ.__j     //〃

  ハ ハ ヽ >ヽ::ヾ! | .| | '´|   │  〉/ ,':ヽ/),. -r' ´   /

  ハ ハ //: : :ヽ∨ | .| | /|    |  |' レ' /リ__:::∧_____/

  ハ ハ 〉|: : : : ', 、   V ,'!   イ  ヽ -'‐'´,.ィ´:/厂ヽ

       ||.|: : : : : |     /〈     /  `ー─‐v' |::::∧ //:

       ヽ!: : : : : :|    /::|/⌒ヽ /´  ~l ̄/: : | |::::| ∨ /: :



396 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:01:06 ID:qBzlzFHc0





      / ̄ ̄ ̄\    ・・・。

    / _, 、_ \  

   /  (ー)  (ー)  \  言いたいことはそれだけかお。

   |    (__人__)    | ならやる夫はコレで失礼するお。

   \    ` ⌒´    /  

 







 <ちょっと待ちなさいよ!

 

                               |┃┃

                            三 |┃┃

              ____          |┃┃ふーやれやれ。

            /      \         |┃┃

           /  _ノ  ヽ__\       |┃┃

         /    ( ー)  (ー).\..  ..三|┃┃

         |  u    (__人__)   |     |┃┃ ピシャッ!

          .\           ,/  三  |┃┃て

         ノ            \       |┃┃ て

         |              \ 三 |┃┃

         |            |ヽ、二⌒)|┃┃



397 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:01:37 ID:qBzlzFHc0

 

 

    /    /' /     / ,:'/,:         

  ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/,   / / ,:'/,:   まーこの件だけは仕方ないお。

 '  ,:   /'   / ̄ ̄∪\      /' /   

 ' / ,'/,:   /(●)  (●).\  ' / ' /   やる夫ずっと文官やってたから

 /,:     / (__人__)      \  ,:'/,:   /' 指揮官やる機会自体殆どなかったお。

 / ,:'/,  |   ` ⌒´    ∪    | ' / / ,:'/,: 

  /    \      `       ,/' /       確かに命懸けで戦ってる連中にはやる夫が楽してるように見える。

 /  /'  /  ∪       \'/  /'     もう戦国の世ではないとは言え、武功が無いのは漢として痛いお。

 / ,:'/,: | Y       ∪   |  |/ ,:'/,:    

      ||∪       |  |        そういえば、あの時もこんな雨だったかお。。。

 



 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 戦国の世の中で、武功が無いのは武将として大変屈辱的なことだった。

 

 そんなやる夫も北条攻めの際に城攻めを行ったことがあるが、この時は悪天候のため失敗に終わる。

 ※詳しくは「のぼうの城」で見てください。

 

 この事は、やる夫生涯の弱点となる。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



398 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:02:23 ID:qBzlzFHc0

 

 やる夫に限らず、豊臣政権内部の文官(いわゆる文治派)と

 軍人(いわゆる武断派)との間の軋轢は大きかった。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――

                                 武 官

                                  ∧

               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \      |__|

               ヘタレ!氏ね童貞!  >    ||

              _________/   ∧∧||

                               (゚Д゚,,)')  ∧_

                               |  つ| / ・_)

      文 官                  γ⌒!"(,, ノ"!´  /

      ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   彡 ? 、_|___ヽ_)_,l ノ

       ( ・д・)<   黙れ低脳       〉 ,〉〈   〉 〉〈

     _φ___⊂)__ \_______    (__/ヽ_)   (_/ヽ_)

   /旦/三/ /|

  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |

  |長野リンゴ. |/

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ――――――――――――――――――――――――――――――――



 戦争に勝って領地を広げるのは武官であるが、その後で占領地を治めるのは文官である。

 戦乱を治めるには二種類の人材が必要になる訳だが、これが後に内紛の種となる。

 

 乱世の初期では武官が優遇されるが、後期で必要とされるのは文官である。

 このバランスが逆転する過渡期では必ず軋轢が起こる。

 武官でありながらその後の内政で能力を発揮できる人間は決して多くないからだ。

 

 この現象は世界史上でも繰り返され、実際にいくつかの国を滅ぼしたが、

 その一つに豊臣家も加わろうとしつつある。



399 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:03:03 ID:qBzlzFHc0

 

 「天下統一」というのは「国内で戦争がなくなる」という事である。

 それと当時に軍人は厄介物になる。

 役に立たないだけではなく、その軍事力で現政権を脅かすことになるからである。

 

 この力をいかに削ぐかは政権の重要課題である。

 そして「巧兎死して走狗煮らる」の格言通り、これは軍閥や軍人の大量粛清という形で実行される事が多い。



 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 はいはいお疲れ。上がって来んなよ. /

 ______ ________/

          ∨

    ------------- 、____    ウワァァン  ヽゝ     バカ

    /  ̄ ̄ ̄.// ̄ ̄|| |___/\ヽ(`Д´)ノ     ヽ(`Д´)ノ

   イッテヨシ!.∧//∧ ∧.|| |  \ .\(軍人)ヽ(`Д´)ノ (武人)

 [/_________.(゚//[ ]Д゚#).|| |    \ \/ヽ   (韓信)  /  ヽ  ノ

 .||_    ___|_| ̄ ̄ ∪.|.| |___\ \   / ヽヽ(`Д´)ノ      ノ

 .lO|--- |O゜.|______ |.|_|ニニニニニニl.|ヽ(`Д´)ノ(義経)  ゴルァ

 |_∈口∋ ̄_l______l⌒ l.|_____| l⌒l_||   (走狗) /ヽヽ(`Д´)ノ

 ──`--'───`ー'─── `--' `ー' ┐  /ヽヽ(`Д´)ノ(猟犬)

                          │ヽ(`Д´)ノ(謀将) /ヽ     ノ

                          │ (英雄) /ヽヽ(`Д´)ノ

                          │ ミ / ヽヽ(`Д´)ノ  )ジャブーン

                          │  ;:   ( )’/ ヽ〃、、..

                      ボシャーン ミ ミ\ヽ(`Д´)ノ /ミ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 つまり、現在の徳川家のような大軍閥が残っているということは、

 本来は完了しておくべき国内の処理が終わっていないということでもある。

 

 秀吉の朝鮮出兵の原因については諸説あるが、実はこの失業軍人対策だったという説が有力である。

 (国内で戦争が無いなら国外でやれば良いという発想。)

 但しこれは完全に裏目に出て豊臣政権の失速を大いに後押しすることになる。

 

 「武から文へ」この次の徳川政権でもこの課題に大きな労力を割くことになるが、

 それが本当の意味で完了するには後100年近くかかることになる。



400 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:03:32 ID:qBzlzFHc0

 

       ____

      / \  /\ キリッ ・・・とまあ、ショゲては見たけど

    / (●)  (●)\     別に今更武功上げる必要もないお。

  /   ⌒(__人__)⌒ \ + 

  |              |   もう戦争も終わってこれからは文官の世になるお。

 + \            /   やるお別に悔しくないし、気持ち切り替えてまた働くお。



401 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:04:03 ID:qBzlzFHc0

 

 

 またやる夫さんにお手紙ですぞ。

        _____ _________

      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,

     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。

    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |

    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|

  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|

  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|

  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |

  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 

    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ

 



 バサ    ____

      /     \      どれどれ・・・。

  パラ/  ─    ─\

   /    (●) (●) \   あれ?またやらない夫からだお。

   |       (__人__)    |

   \        |\  / /| また徳川が何か始めたのかお。

   /     /⌒ノ  \/ ( ) 

   |      / / |       | なになにお。。。



402 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:04:28 ID:qBzlzFHc0

 

        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

        |                    |

        |                    |

        /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____

        / やらない夫は     /ヽ__//

      / やる夫様の良い所  /  /   /

      / 一杯知ってますから ../  /   /

     /   ____     /  /   /

    /             /  /   /

  /             /    /   /

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



403 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:04:44 ID:qBzlzFHc0

 

 

    /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i

  ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿

 '  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/

 ' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ

 /,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'

 / ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:

  /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /

 /  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'

 / ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:

      ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|



404 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:05:01 ID:qBzlzFHc0

 

────────────────

[ 第三部 ここまで ]



 ≡    ∧∧∧_∧

≡   と(と(と(´・ω・`)

 ≡  ― ― /  と_ノ サッ

≡ /  / // /⌒ソ

 ≡  -'-'-'´



To Be Continued!

────────────────




石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです(第二部)後編に戻る
関連記事
スポンサーサイト

Date: 2013.01.17 Category: 石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリーメニュー
プロフィール


管理人:Wアンプパルマシ

ここはやる夫まとめサイトです


続いている記事一覧のまとめ
完結した記事一覧のまとめ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。