スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです(第一部)


25 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:01:52 ID:sT8/xZ2w0

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

|                                                  |

|                                                  |

|                                                  |

|                                                  |

|                                                  |

|       ー 「石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです」 ー            |

|                                                  |

|                                                  |

|                                                  |

|                                                  |

|                                                  |

└――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




 


26 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:02:53 ID:sT8/xZ2w0



 159X年。。。

 日本は戦乱の炎に包まれた。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            γ⌒""  ⌒ `ヘ

           イ ""  ⌒  ヾ ヾ    ドガァァァァァァァァン....

         / (   ⌒    ヽ  )ヽ

         (      、 ,     ヾ )

 ...................  .(.....ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........

 :::::::::::::::::::::  ::::(:::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::

   _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_ii_i=n_ [l h__

   /==H=ロロ-.γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ

   ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π

   Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....

  Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--~''""   :::Д日lT:::: 

  FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::

  ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ

 ※画像はイメージです。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 長き戦国の世は信長、秀吉という稀代の天才二人によりようやく統一された。

 戦乱の世もようやく終わり、誰もがこの平和が続くことを信じ、また願った。



 しかし、戦乱の火種は絶えてはいなかった。



 戦国の時代が本当の意味で終焉を迎えるには、あと17年の歳月と二つの戦役が必要だったのだ。



27 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:03:23 ID:sT8/xZ2w0

┌─────────────────────────────────┐

│ これは。。。                                         │

│ その一つ目の戦役の物語。                             .  │

│                                                │

│ 一介の奉行の身でありながら、                        .     │

│ 後の天下人、徳川家康と互角の戦いを繰り広げた一人の漢の物語である。  │

└─────────────────────────────────┘



28 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:03:57 ID:sT8/xZ2w0



 時は戦国末期。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      ボオオオオオ        /∠^卉^\\

          /:人:丶    //;; 本能寺;;;;\\            ウーウー

         :( ):::ヽ人  //;;;;::____::;;;;\\  /:人:丶   

         丿  レ、::::::)//__________ヘヾ:( ):::ヽ人  

         ::(    ):::::::んんんんんんんんんんんん丿  レ、::::::)

       匀劜んん(ノ):/ んんんんんんんんんんん ::(    ):::::::匀

            \| |丗卍丗卍丗卍丗卍丗卍丗卍丗| |(ノ):/ 

 カジダー     .   | |;;;;;;;;;;;;;::::::::::::'''''''''''''''''':::::::::::::;;;;;;;;;;;;;| |

       _,Å、.    | |;;;:::::::::::::;;       /:人::::::::::::;;;;;;| |  .  ,Å、 メラメラ

       _/:人:丶   | |;;:;;;;;:::::     人(::( ):  ;::::::;;;;;| |    _]立[

      :( ):::ヽ人  | |;;::;;;;;;;;:::    ::::::丿(::::  ;:::::::::::;;:| |    〉-〈

      丿  レ、::::::)| |;;::ゴオオオオオ    ニンゲンゴジューネン  ♪

      ::(    ):::::::二l  ;;;;;;;;;;;:::♪    ∧,,∧   ゲテンノウチヲクラブレバー ♪

     _| ̄ ̄(ノ):/  从     / 丿::ミ ゚Д゚彡⊃   |  |   | ̄ ̄ ̄|

      ̄ ̄/ ̄ ̄/| ̄ /:人:丶   (::ヽ⊂   ミ   ::::::::人:    ボーボー  ̄

       /:人:丶   :( ):::ヽ人    ⊂,,,   ミ    丿:::::   ::( ):::ヽ人

      :( ):::ヽ人  丿  レ、::::::)从   し″  人 (::人_    :::丿(:::::::::::::::\;"

     / 丿  レ、::::::) ::(    ):::::::::::人:ヽ从   /:人:丶  ̄ ̄ ̄|ヘ,   ヘ,

      ::(    )::::::: ̄ ̄ ̄(ノ):/ 丿:::::::ヽ人(::( ):::ヽ人  ̄ ̄ ̄|ヘ,   ヘ,

         (ノ):/         (::人_/Yヽ::::::丿(:::::::::::::::\;".

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 武士による秩序、中央集権政府による戦国の終焉を推し進めた織田信長は、

 その実現の直前、本能寺の炎に消えた。



29 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:05:17 ID:sT8/xZ2w0



 これにより戦国の混乱は長引くかに思われたが、しかしそれから僅か数年で天下は統一される。

 

 覇者の名は豊臣秀吉。

 ―――――――――――――――

          秀吉

           ↓

           _,,..,,,,_

         / ,' 3  `ヽーっ

         l   ⊃ ⌒_つ

          `'ー---‐'''''"

 ―――――――――――――――



 若くして織田信長に仕え、出自すら定かで無い身分から天下人にまで成り上がった。

 「人たらし」という人間的な能力が取り沙汰される事が多いが、それよりも信長の後継者として

 統治の仕組みを作った事の方が高く評価されるべきだろう。



30 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:06:27 ID:sT8/xZ2w0



 1585年と87年には惣無事令。

 1586年に豊臣秀吉の太政大臣兼帯。

 1588年には刀狩令。



 ―――――――――――――――――――――――――――――――

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」

 ―――――――――――――‐┬┘

                         |

        ____.____    | 

      |        |        |   |   もうイラネ

      |        | ∧_∧ |   |   

      |        |( ´∀`)つ ミ |   

      |        |/ ⊃  ノ |   |  

         ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |    ミ

                          l;l;l;l;l;l ̄ ̄ ̄ ̄|

                               ´^^^^^^^^`

 ―――――――――――――――――――――――――――――――



 大名クラスの私闘禁止と民間の武装解除を実行できる中央政府が誕生したのだ。

 短期間でこれを実行した豊臣秀吉の手腕は日本史上に残る業績であると言えるだろう。

 

 これで長く続いた内戦状態は、少なくとも表面上は終結した。



31 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:07:19 ID:sT8/xZ2w0

 

 だが。。。

 

 その後、二度にわたる朝鮮出兵の失敗(二回目はまだ継続中)。

 千利休や豊臣秀次の処断など内政の失点、万全に思えた豊臣政権は短期間にほころびを見せ始めていた。



 Q.豊臣政権を支持しますか?

  ―――――――――――――――――――――――――――――――

  しない┐   . ┌───わからない

  .    │ _..-ー''''''l'''''― ..、

      ./   .l,  |     `''-、

    ./     .l  .|       \

    /ゝ、     l. |         ヽ

   ./   .`'-、    l. |           l

  │      ゙''-、 .l,|             l

   |         `'″          |

  │     インターネットで見た  ,!

   l                    ./

   .ヽ                  /

    .\              /

      `'-、              /

       `''ー .......... -‐'″

  ―――――――――――――――――――――――――――――――

 このため、豊臣政権は急速に支持率を失う。



 しかしこの段階ではまだ国内はよく統治されており、少なくとも表面的に大きな問題はなかった。

 豊臣政権が滅亡するためには更に大きな打撃が必要であった。



32 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:08:07 ID:sT8/xZ2w0



 そして。。。

 1598年8月18日。

 伏見城。



 一つ目の大きな打撃。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      |   ___________________       

      |    ||        |||        |||        |||        ||    :===≡≡===;

      |    ||        |||        |||        |||        ||    || 秀頼を : :||

      |    ||        |||        |||        |||        ||    ||  よろしく :||

      |    ||____|||____|||____|||____||    ||____ .||

      |    ||※※※◯|||◯※※※|||※※※◯|||◯※※※||    |=====|

      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ============

      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ||━━━━━||   

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄O━━━━━O ̄ ̄

   /

               _ _,,..,,,,____________

                /  / ,' 3  `ヽーっ  秀       /\  

             /   l   ⊃ ⌒_つ 吉        /*/

           /     `'ー---‐'''''           /*/    

         /______________/*/

        /************** \/

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 .∧◎∧

 ( ´∀`) ご臨終です。          ∧∧

                 マジデ? . (゚Д゚,,) ∧_∧

                             (`Д´ )

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 豊臣秀吉 病死。

 この日を境に、歴史は大きく動き出す。



33 : ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:08:53 ID:sT8/xZ2w0



 ―――――――――――――――――――――――――――――

 【審議中】



  ヤバクネ?  ∧,,∧  ∧,,∧  ドーナンオコレカラ?

       ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧

  ヤバイ ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ヒデヨシサンシンジャッタヨ?

      | U (  ´・) (・`  ) と ノ

       u-u (l    ) (   ノu-u

     ヤバクネ? `u-u'. `u-u' イエヤスサンカッコヨクネ?

 ―――――――――――――――――――――――――――――

 

 失策続きで民心に動揺が出始めていたところに、トップである秀吉が死んだのである。

 これだけで十分な不安要素であるが、問題に拍車をかけたのは、その後継者問題である。



34 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:09:37 ID:sT8/xZ2w0



 秀吉には秀長という弟がおり、豊臣の一族では唯一天下を治めうる能力を持っていた。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

                                  、ヽ l / ,

                                 =     =

                                ニ= 秀 そ -=

   、、 l | /, ,                           ニ= 長 れ =ニ

  .ヽ     ´´,                      =-. な で -=

 ヽ し き 秀  ニ.                      ニ   ら も ニ

 =  て っ 長  =ニ                     r  :  ヽ`

 ニ  く と な  -=                       ´/小ヽ`

 =  れ 何 ら  -=             _,,..,,,,_

 ニ  る. と   =ニ     、,  ,,, 、,,  ./ ,' 3/⌒ヽ-、_   、 ,,  @

 /,  は か    ヽ、       、,   /l.  /____/   n  ヽ|ノ,,

  / ず    ヽ、    @   ,,, 、,,  ̄,, ̄ ̄ ̄ ̄,, ̄   ,,, 、,,

  / / 小 \       ヽ|ノ 、、,  ,, 、,,   , "  ,,  、、, ,,

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 旗揚げ時から秀吉の副官を勤め、内政軍事両面で秀吉を補佐した。

 秀吉の天下統一は、この秀長との二人三脚で実現したものと言えるだろう。

 また単なる補佐役にとどまらず、単独での功績も非常に大きい。



35 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:11:20 ID:sT8/xZ2w0



 天王山、賤ヶ岳、小牧長久手など、天下分け目の戦役では一軍を率い、勝利に大きく貢献した。

 その他、長宗我部攻めや九州征伐等の戦役では島津義弘を下す等、特大の武功を数多く上げている。



 内政でも豊臣家の所領をよく収め、大和や紀伊等の一揆多発地帯を安定化させている。

 彼の死後、居城である大和郡山城には莫大な金銀が残されていたという。



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

          ┏         ┓  unknown

   unknown     _,,..,,,,_  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ,' 3  `ヽーっ  unknown

            l   ⊃ ⌒_つ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             `'ー---‐'''''"

          ┗         ┛

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――



 また誰もが認める人格者でもあり、兄とは違う方面で人間的魅力も持っていた。

 「主を七たび変えなければ武士ではない」で有名な藤堂高虎が秀長にだけは最後まで仕えている。

 

 秀吉の実弟かつ最初の部下でもあり、文武両道に秀で人望もあった秀長が健在ならば

 豊臣家は安泰だったと言われている。



36 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:12:12 ID:sT8/xZ2w0



 しかし秀吉に先立ち既に他界。

 

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

           Λ_Λ        Λ_Λ

          ( ´Α`)       ( ´Α`)  

  病死です   ):::::::(         ):::::::(

         /::::::::::::::\       /:::::::::::::\

        // |:::::::::::: l |      //´|:::::::::::: l |  はい退場

        | | .|:::::::::::: | |      | | |:::::::::::: | |

         | | /::::::::::::/| |     // /::::::::::::/| |

         U |::::::::::/ ,,U,,,_  ノU  |::::::::::/ | |

          |::::||:::|./ ,' 3  `' ./,, |::::||:::|  U

          |::::||::| l      ⌒ヽ .|::::||::|

           | / | l `'ーU--‐'`.J ))| /.| |     ご愁傷さま

          // | | 豊臣 秀長 // | |

         //  | |        .//   | |

        //   | |       //   .| |

        U    U      .U    U

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――     

 

 千利休や秀次切腹、朝鮮出兵等、豊臣家の失政と言われるものは

 この秀長の死後に起こっている。



37 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:12:49 ID:sT8/xZ2w0



 秀長に比べると出来は悪かったが、甥の秀次が後継者として指名されており、

 文武両面でそれなりにキャリアも積んで関白にまでなっていた。

 

 ―――――――――――――――――――――――――

    豊臣秀次

      ↓

      丿   ,;⌒⌒i.

   ノノノノ⌒ヽ (   ;;;;;)  ______

  (゚∈゚ )  ミ)     ,,:;;;) | WARNING  |

 /⌒\/(    ) ヽ| |/ |,;ノ |  高 野 山   |

 ( ミ   ∨∨  | /  i; |______|

  ノ  /     | | ,,i; ,, . ,;⌒∥

 ( \/ヽ ,,,丶, | |,,;.    ;i,,   ∥ヽ

  \ ) ) ..   ,,   ´ヽ (,,  ∥丿.,,,

  ///   ,,   ,,  . ´ヽ   ∥,,, ..,

 `ヾ ヽミ ,,  .、 ヽ .. ヽ丶,ヽ  ∥、,,

 ――――――――――――――――――――――――― 



 しかし素行不良を問われて高野山へ追放され、直後に切腹。

 謀反を計画していた、秀頼が産まれたため消されたという説もあるがよくわかっていない。

 

 諸説はあったにしても、幼児の秀頼よりマシだった事だけは間違いないだろう。

 また、後継者候補として実績を積み関白にまでなった人間を切腹させたこと自体が

 豊臣政権の大失態であり、政情不安の一因となっている。



38 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:13:27 ID:sT8/xZ2w0

 

 気が付けば豊臣一族の有力者は全員退場しており、幼児の秀頼のみが残されたことになる。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ┃              . ┃

    ┃       .        ┃   ┏ NEXT ..┓

    ┃           .    ┃   ┃ . ∧ ∧ .┃

    ┃               .┃   ..┃(*‘ω‘*)..┃

    ┠┬┐  ┌┬┬┐    ┃   ┃ (秀頼) ..┃

    ┠┼┤┌┼┼┼┼┬┐┃   ..┃  v v   ┃

    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   ..┗━━━━┛

    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃

    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃    . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::

    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃         Λ_Λ . . . .: : :

    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃        /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::

    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::

    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .

    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃  ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄

    ┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛   

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――



 後継者育成の失敗。

 これが豊臣政権最後の失政と言えるだろう。



 本来ならこの時点である程度の年齢とキャリアを積んだ後継者が残されているべきである。



 天下を治める規模の家にまともな後継者が居ない。

 普通の家ならこの時点で滅ぶレベルの大失態である。



 これが二つ目の打撃となる。



39 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:15:25 ID:sT8/xZ2w0



 秀吉の死は、二つの打撃を同時に与えることとなった。

 これが動揺しつつあった豊臣政権にとって大きな衝撃、というかトドメの一撃であったろうことは想像に難くない。



 実際、秀吉の死に伴い豊臣家は機能喪失状態になる。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

               _,,..  -―――-  、、

            ,. ‐'"´             `丶 、

           /                    `丶、

         /      ノ・ノ,   '⌒i               丶  _     __,,...._

       /             ‐く               \   ̄ ̄     ゙i

      j      、 、  、__,ノ                         _,,.. -''′

       l      ノ・ノ

       |                          ,r''"´ ̄``丶 、  __,. -- .、

       |                ̄ ̄`ヽ                          i

       |                 ___,ノ                       ノ

      !                                        ,/         ○ ←アンタレス

        ゙ 、                                   ,. - '             。 ←太陽

         \                             ,..  -‐'"                 . ←地球

          丶、                   _,,,. -‐ '"

            `` ''''ー‐-------―‐ ''''""´ 

 ←  秀    吉    の    存     存   の   大   き   さ  → 

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 徹底した中央集権を行った信長と違い、豊臣政権は諸勢力を懐柔し抱き込んで大きくなった。

 いわば連立政権である。

 

 それはつまり、親族でも譜代でもない巨大大名家がいくつも残っているということを意味する。

 それを抑えていたのは「人たらし」であり、豊臣家を一代で築いた天才、豊臣秀吉の個人的技能によるところが大きい。

 その重石が今や無くなったのだ。



 この状況に乗じて次の天下人にならんとするものが現れても不思議ではないだろう。



40 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:16:10 ID:sT8/xZ2w0



 そしてそれは実際に現れた。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

        ,                    、

       /                     \

     /                        \

    /       l                      ヽ

            ハ      l 、     l   l         .  あっれー

    |       .l  /  、     | \   |、  |          |  秀吉さん死んじゃうの?

    |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          |  じゃあ次は私が頂いちゃおっかな?

    |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |

       /, ― '      \|   , ===ミ. V       

   /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、   盗るよ?

  /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ  天下盗っちゃうよ?

 //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \  いいの?

   |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'

   |       } / /           ハ      | .// | 、 |

    .  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .| \|

    ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. |

        | ハ ハ>‐/^^^^ヽ‐r-r:<ハ:ミ<Λ/∨ ヽ|

        |/ ∨ ∨/===/ヽ_><_/ |    \

               /    ./> | ∨ ./ <  /  |

           /    ./\ | ハ/ /  /   .|

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 [徳川家康(関東のほぼ全域/255万石)]

 五大老筆頭。

 言わずと知れたこの次の天下人。

 当時の最大勢力であり、所領の255万石は豊臣家の240万石(畿内プラス飛び地全部合わせて)を上回る。

 

 しかも配下の家臣団は戦国時代生き残りの精鋭。

 家康本人が豊臣秀吉と同格の戦歴と能力を持ち、この家臣団と巨大兵力を強烈に統率している。

 

 ちなみに近しい人間には「やすな」と呼ばれる



41 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:16:57 ID:sT8/xZ2w0

 

  ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

     /.: .: .:     .: .: .: |    ー\:|  \| \: .: .:_.: .: ヽ 人 ヽ  フ

    ./.: .:     .: .ハ.: .: .:|      __      ヽ.: V ヽ:: У:ヽヽ /

   /.:    .: .: ./_ノ、: .:|        ―――――  V.:V .}/: : : : :)У

  ./    .: .: .: .:/   \|           __ ' ' V V: : : : : : /  

 ノ_.ノ.: .: .: .: .: .:′   //          (__)   ∨: : : : : :/

   : .: .: .: .: .:V     /                   ': : : : : /   待っててね~。

   |.: .: .: .: .: .|  /                       /: : : : :/   

    : .:ハ.: .: :: |ヽ   /^)              .: : : : : /    今すぐ抱きしめに行くから!!

    ∨ .: :: ::{ハ   (_./     (⌒       / : : : : /_    私の て ・ ん ・か !!

       ヽ:: :人  .             て_ノ   /| : ヽ : : :{\:::∟

    r‐<ヽ\:: :: ーヽ、               , イ:┬| :∠: : : : : : ヽ:::∟

    乙 ヽ 「「  ̄ ̄ : >: . . ___ . . :</ヽ/ハ |: : :/ : : : : : : :|::::::/

    乙  |.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_ \.|/ハ|: :/ : : : : : : : :|::::::ヽ

       ̄└ ―――――― - ミ: : : :/: : :\/|:/ : : 〃 〃: /::::::::」\

                       ヽ、:  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : :/::::::/ / >、

                      }: : : : : :=: : : :|\:_:/::::::」 \/ノ ハ

                       く\ : : =: : : :丿:::::::::::::/    ヽ辷.ノ

                      ∟::::ー―‐:::´::::::::::::/

                        ∟::::::::::::::/  ̄     \

                         |二二|      \   )

                         |ー‐' |        )  \

                              弋ーフ       \

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 彼は秀吉の死後すぐに行動を開始し、実際に天下を取る。

 但し、彼の天下人への道筋は、当時の人々や彼自身が考えていたよりも遥かに険しいものとなる。



42 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:17:19 ID:sT8/xZ2w0



 この時点では、彼を阻む大きな壁がまだ残っていたのだ。

 ――――――――――――――――――――――――――――――

                        : r:.、

                        : |:.:.ヘ

                       ト:.、:〉:

                      /  / :

                      /\/

                      /  /

       //-_z            _/  /

  /.:|/.: //  \       Λ//L/

  {.: .: .: /ィ: : | ̄ ̄ |-:―‐:。<。: ゝ/Λ __

 <:ヽ: .: .: / : : |     |茎≫ : . : . : \//L.    \

  \: .:∠: : : ∟ __|< : . : °: °: V/Λ ̄ヽノ \._

 <: .: rーイ―‐:<: . : . :>――‐- 、:V//    \┘:.:.:.)

  ∠:_乙.」: . : . : . > ´          ̄       ̄ ̄

 ――――――――――――――――――――――――――――――



 秀吉は秀頼へ多くのものを残した。

 240万石に及ぶ直轄領。

 東洋最大の城郭である大坂城。

 そして、豊臣家に忠誠を誓い、豊臣の為に働く家臣団。



 これらが家康の天下取りの障壁となり、豊臣家を守ったのだ。



43 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:17:46 ID:sT8/xZ2w0



 これは。。。

 一介の奉行の身でありながら、己の信念のため、

 後の天下人徳川家康と互角の戦いを繰り広げた1人の漢の物語である。

 

      |┃

      |┃三.          . / ̄\

      |┃三.          . |   . |

      |┃             \_/

  ガラッ. |┃  ノ//          |

      |┃三          /  ̄  ̄ \

      |┃         /  \ /  \

      |┃        /   ⌒   ⌒   \   よくぞこのスレを開いた

      |┃        |    (__人__)     |    褒美として西軍に入る権利とオプーナをやる

      |┃        \    ` ⌒´    /   ☆

      |┃        /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/

      |┃       / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.

      |┃      / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.

      |┃     .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \

      |┃     l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____

      |┃        / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--'  / 西軍権利 /|

      |┃       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|_____

      |┃ 三  /参加賞  /|  ̄|__」/ オプーナ   /| ̄|__,」___ /|

      |┃三   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ / ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ / .|

      |┃三   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /

      |┃    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



44 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:18:11 ID:sT8/xZ2w0



┏┓                                            ┏┓

┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

┏╋────────────────────────────╋┓

┃|                                            |┃

┃|      .   ■第一部 「世紀末救世主伝説」         .     |┃

┃|                                            |┃

┗╋────────────────────────────╋┛

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓

┗┛                                            ┗┛



45 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:25:32 ID:sT8/xZ2w0



  ー 伏見城下 ー

 .                  {}

                  ,r'A':、

                ,r:'"/\`':.、

 .         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、

 .        ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙

            |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,

           ';王王王王王八王王王王王ヨ

            ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[

         _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、

         ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙

         ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、

     ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ

      ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐

      「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti

 ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,

 ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7

 ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、

 Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i

 ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ

 ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ

 ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ

 ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ

 ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ



46 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:27:02 ID:sT8/xZ2w0



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

       ____

     /      \

   / ─    ─ \  ふ~。やっと終わったお。

 /   (●)  (●)  \

 |      (__人__)     | もう三日も徹夜お。

 \     `⌒´    ,/  まあ太閤さんが亡くなったんだから仕方ないお。

 /     ー‐    \  しかし家康も空気読めよなマッタク。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 [石田やる夫(五奉行/近江 19万石)]



 本編の主人公。

 豊臣政権の実務担当トップである、いわゆる「五奉行」の一員。

 主担当は立法と司法関連と言われることもあるが、実務能力が高く秀吉の信頼も厚かったことから

 割と何でもやっていたようである。

 

 そういう経緯や関ヶ原の件で五奉行筆頭と思われることが多いが、

 家柄とか勤続年数とかの問題で五奉行内の順位は3位か4位と言われている。

 ちなみに通称は三成。



47 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:27:40 ID:sT8/xZ2w0

  

      |┃

  ガラッ. |┃

      |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \

      |┃三    /  \   / \

      |┃     /  (●)  (●)  \  ということで久々に帰宅だお。

      |┃     |    (__人__)     |  ただいまお。

      |┃三   \    ` ⌒´    /

      |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \





49 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:29:14 ID:sT8/xZ2w0



――――――――――――――――――――――――――――――――――  

    / ̄ ̄\

  / ⌒  ⌒ \

  |  ( ●)(●) |  おかえりなさい。

 . |   (__人__)  |

   |   \_)  |  お疲れ様でしょ。

 .  |         }  残業時間的に。

 .  ヽ        }

    ヽ     ノ

    /    く

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 [島やらない夫(石田家 筆頭家老)]



 石田家筆頭家老で「やる夫に過ぎたるもの」と言われる程の人物。

 石田家に召抱えられた時にやる夫の所領の半分を与えられた話は有名だが、

 その処遇に恥じない働きでやる夫を大きく支えた。



 15年来の付き合いであり、やる夫とは主従というより親友に近い。

 

 やはり関ヶ原のアレとかで武勇の人と思われているが、この時点ではあまり目立った武功はない。

 元々は内政の人だったのかも。



 ちなみに通称は左近。




51 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:33:50 ID:sT8/xZ2w0

 

      ____

    /      \

   /   _ノ ヽ、_.\  いきなり何やってんだお?

 /    (●)  (●) \

 |       (__人__)    | 

 /     ∩ノ ⊃  /  磯野家じゃないんだから

 (  \ / _ノ |  |   玄関先でいきなり筆頭家老クラスの人間は出てこないお?

 .\ “  /__|  |   時代考証ちゃんとやってんのかお。

   \ /___ /    

  

    / ̄ ̄\

  /   _ノ  \  

  |    ( ●)(●)  細かい史実とか時代考証とかは無視してください。

 . |     (__人__)  物語的に考えて。

   |     ` ⌒´ノ  やる夫様だってお供も連れずに出歩いて自分で戸を開けてるし。

 .  |         }

 .  ヽ        }   ところで、城内の様子は如何でしたか?

    ヽ     ノ    太閤様がご危篤で大騒ぎと聞いておりますが?

    /    く  

    |     \  

     |    |ヽ、二⌒)、



52 :名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 20:34:47 ID:3GV2sEXA0

関ヶ原のデスマシーンさんチィーッス



53 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:34:54 ID:sT8/xZ2w0

 

      ____

    /      \    …大騒ぎというより、皆キョドッてるお。

   /  _ノ  ヽ__\   というか太閤さん亡くなったお。

 /    (─)  (─ )\ 

 |       (__人__)    | 当然みんな動揺してる。

 /     ∩ノ ⊃   / 徳川家康が露骨に味方集めて回ってるせいもあるがお。

 (  \ / _ノ |  | 

 .\ “  /__|  |   太閤さんが危篤ってことでみんなここに集まってるから

   \ /___ /   アイツにとってはいい機会なんだお。



 ――――――――――――――――――――――

  【審議中】

 ドースル ∧,,∧  ∧,,∧  タイコーサンダイジョブ?

   ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ ヤバクネ?

  ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )

  | U (  ´・) (・`  ) と ノ

   u-u (l    ) (   ノu-u ?

       `u-u'. `u-u' ツギイエヤス?

 ――――――――――――――――――――――



54 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:37:03 ID:sT8/xZ2w0



    / ̄ ̄\

  /   _ノ  \  

  |    ( ●)(●)   ・・・そうですか。遂に亡くなられましたか。

 . |     (__人__)  

   |     ` ⌒´ノ   しかし豊臣家も完全にナメられてますね。

 .  |         }    

 .  ヽ        }    まあ軍事力は今も昔も完全に向こうが上です。

    ヽ     ノ    今までは太閤様の個人技で持っていたというのが実情でしょうか。 

    /    く         

    |     \      豊臣家的には。

     |    |ヽ、二⌒)、



55 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:37:51 ID:sT8/xZ2w0

 

             ___

           /ノ  ヽ、_ \    戦争になったら話にならんお。

          /(●) (●.) \   数からしてあっちが多いし、将校とか兵隊の質がガンダムとザクぐらい違う。

        /  (__人_,)    \ 

        |  l^l^ln ⌒ ´        | 太閤さんが二倍の兵力で攻めても家康には勝てなかったんだお。

        \ヽ   L         ,/ まともに戦って勝てると思う方がおかしいお。

           ゝ  ノ         

            /   /          

                 

 

    / ̄ ̄\

  /   _ノ  \    確かに、そこそこの大名家でも3分で全滅でしょうね。

  |    ( ●)(●)  小牧長久手の戦闘では、完全状態の太閤様ですら負けました。 

 . |     (__人__)  得意の外交で上手くやったお陰で戦争には勝てましたが。。。

   |     ` ⌒´ノ  

 .  |         }   豊臣家の方が天下をとれたのは、 

 .  ヽ        }   太閤様の戦略眼と外交手腕のおかげとしか言いようがありませんね。

    ヽ     ノ   

    /    く     それが無くなった訳ですから非常に危険です。

    |     \      

     |    |ヽ、二⌒)、



56 :名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 20:37:59 ID:I7YzbsgQ0

最低でも中枢に喰いこんどかないと自分の死後領国解体されかねないからねえ



57 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:38:53 ID:sT8/xZ2w0

 

    / ̄ ̄\

  /   _ノ  \    しかし家康もいい年です。

  |    ( ー)(ー)   今更そう無茶もしないと思いますし、

 . |     (__人__)   放っておいてもそのうち死ぬのでは?

   |     ` ⌒´ノ  

 .  |         }   

 .  ヽ        }  

    ヽ     ノ   

    /    く       

    |     \      

     |    |ヽ、二⌒)、



58 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:39:40 ID:sT8/xZ2w0

 

                       ____

                     /      \

                    /  _ノ  ヽ__\  …無理だと思うお。

                  /    (─)  (─ )\ 

                  |       (__人__)    |  やらない夫は直接見てないからわからんと思うけど

                  /     ∩ノ ⊃   /  あいつの肌つや見てたら女子高生みたいだったお。

                  (  \ / _ノ |  | 

                  .\ “  /__|  |    あいつ絶対毎日青汁とか飲んでるお。

                    \ /___ /    もしかしたら飛天御剣流とか習ってるかも。

 

    / ̄ ̄\

  /   _ノ  \  

  |    ( ●)(●)  ありゃ。。。

 . |     (__人__) 

   |  u  ` ⌒´ノ  それはやる気満々ですね。

 .  |         }  状況的に考えて。 

 .  ヽ        }  

    ヽ     ノ 

    /    く     それで、やる夫様はどうされますか?

    |     \  

     |    |ヽ、二⌒)、



59 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:40:13 ID:sT8/xZ2w0

 

                       ___

                     /ノ  ヽ、_ \  

                    /(●) (●.) \  どうされるって?

                  /  (__人_,)    \ 何をお?

                  |  l^l^ln ⌒ ´        |

                  \ヽ   L         ,/

                     ゝ  ノ

                   /   /

 

    / ̄ ̄\

  /   _ノ  \  

  |    ( ●)(●)  いや。

 . |     (__人__)  その。

   |  u  ` ⌒´ノ  

 .  |         }   私の口からは申し上げにくいのですが。。。

 .  ヽ        }  

    ヽ     ノ    例えばこれを機会に家康側にとらばーゆ(死語)すると言うのは。。。

    /    く     豊臣直参ですら家康方に着こうとしているのが居るとか。

    |     \     

     |    |ヽ、二⌒)、



60 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:40:41 ID:sT8/xZ2w0

 

      ____

    /      \

   /  _ノ  ヽ__\  …まー情けない話だお。

 /    (─)  (─ )\ 

 |       (__人__)    |  浅野のおっさんなんか、五奉行筆頭で太閤さんの親類のクセに

 /     ∩ノ ⊃   /  太閤さんが助からんとわかったらソッコーで家康にゴマすりまくってたお。

 (  \ / _ノ |  | 

 .\ “  /__|  |   親類さえそんなんだお。

   \ /___ /   外様なんか言うに及ばんお。



61 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:41:06 ID:sT8/xZ2w0



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         、--、, - 二二`-、

       < ̄_  , -─--、\`ヽ

       .//   ` ,へ ヽ \ ||

       .レ| . //`"⌒| | ヽ\ | | |   そろそろ切り上げどこじゃないかな・・・・・・?

        レ. | |     レ | | | | | | | 

           |==a-  =a==ァ| | | | 

         | `ーノ  -- ' |ヽ、| |

       ηη |  < 、 u  , ィ|∂ノ |   豊臣家は。 

     /ノノノ  |ヽ三三三彡' | | |丶ヽ

  ヒ/.I.I.I.Iヽ-- \ `=   ,. | | |──\

  ソ|   | |:: :: :|| |\ _ - ´ / || |:: :: :: :: ::

   ・ヽ/ ノ:: :: || | |ヽ   / || |:: :: :: :: :: :

   ・     :: :: :: ::|| | \ /   リノ:: :: :: :: :: ::

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 [浅野長政(甲斐16万石/五奉行筆頭) ]

 豊臣家創成期からの家臣。

 しかも秀吉の正妻(おね)の義兄という親族でもある。

 

 彼のような人物が真っ先に豊臣家を見限ったことは、この頃の豊臣家を象徴している。

 

 ちなみに、彼が五奉行の筆頭であったこと(前田玄以説もあり)と、

 忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭のご先祖であることはあまり知られていない。



62 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:41:45 ID:sT8/xZ2w0

 

                ____

              /      \ ( ;;;;(

             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)

           /    (─)  (─ /;;/  …やらない夫。

           |       (__人__) l;;,´   

            /      ∩ ノ)━・'/  徳川が天下取ったらどうなるか判るお? 

           (  \ / _ノ´.|  |    

           .\  "  /__|  |

             \ / ___/

 

 

    / ̄ ̄\    (怒ったかも。ちょっと不用意だったかな。。。)

  /   _ノ  \   

  |    ( ●)(●)  そうですね。。。

 . |     (__人__)  豊臣恩顧の大名は大幅に減封されるでしょう。当然取り潰しもあり。

   |  u  ` ⌒´ノ   我々のように政権に近い人間は特に危険だと思います。

 .  |         }   

 .  ヽ        }   。。。まあ今後の徳川との関係にもよりますが。

    ヽ     ノ

    /    く

    |     \     

     |    |ヽ、二⌒)、



63 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:42:03 ID:sT8/xZ2w0

 

                       ____

                     /      \ ( ;;;;(

                    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)

                  /    (─)  (─ /;;/ そういうことじゃないお。

                  |       (__人__) l;;,´   

                  /      ∩ ノ)━・'/  

                  (  \ / _ノ´.|  |    

                  .\  "  /__|  |

                    \ /___

 

    / ̄ ̄\

  /   _ノ  \  

  |    ( ●)(●) 

 . |     (__人__)  ・・・と言いますと?

   |  u  ` ⌒´ノ  

 .  |         }  

 .  ヽ        }  

    ヽ     ノ  

    /    く    

    |     \     

     |    |ヽ、二⌒)、



64 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:42:49 ID:sT8/xZ2w0

 

        ____

      /      \ ( ;;;;(  あいつ見た目女子高生みたいなのに滅茶苦茶保守的だから、

     /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 娯楽とかそういうの絶対弾圧するお。

   /    (─)  (─ /;;/

   |       (__人__) l;;,´   そいで農業は大好きだから皆で農業だけやってろとか言うハズ。

   /      ∩ ノ)━・'/

   (  \ / _ノ´.|  |    ていうか、あいつは今みたいに自由な世の中が気に入らんお。

   .\  "  /__|  |

     \ / ___/



     やらない夫はアイツの旗印見たことあるかお?



65 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:43:12 ID:sT8/xZ2w0

 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

   ┃

 /┃\

 ┯━┯   「厭離穢土」ってのは「この穢れ切った世界を厭って離れる」

 │厭│   「欣求浄土」は「美しい世界である浄土を求める」って意味。

 │離│

 │穢│   アイツら今の世の中を穢土って公言してるんだお。

 │土│   そいで浄土に作り替えるって言ってる。

 │欣│   

 │求│          ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ

 │浄│     .    /          \   バーカバカ

 │土│        /  ∧ ∧、_,ト、   \   ヴァーカ!!

 └─┘     _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >

   ┃       /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   |  

   ┃      ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 

   ┃       |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ

             Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ

              (uuイ〉`八Π八    |

              ├―| \∨/   |

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――



 そんな奴が天下取ったらどうなるお?



66 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:43:46 ID:sT8/xZ2w0



      / ̄ ̄\

     /   _ノ  \

     |    ( ○)(○)    まっまさか!

  .   | U   (__人__)

     |  U  |r┬-|  彡  もしかして、非実在青少年健全育成法とか可決されますか!?

  .   |     ` ⌒}   彡  

  .   ヽ        }       薄い本とかどうなるんですか?

      ヽ     ノ       ブルーレイ版になると湯気が消えてるTVアニメとかは?

      /     \



67 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:51:28 ID:sT8/xZ2w0

 

      ____

    /      \ ( ;;;;(  当然発禁お。

   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  パンツじゃなくても大丈夫じゃないお。

 /    (─)  (● /;;/ 

 |       (__人__) l;;,´   

 /      ∩ ノ)━・'/     ――――――――――――――――――――――――

 (  \ / _ノ´.|  |                ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ    ソレ

 .\  "  /__|  |          .    /          \   パンツジャロガ

   \ /___ /              /  ∧ ∧、_,ト、   \  

                       _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    > ボゲエ!!

                         /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   |  

                        ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 

                         |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ

                           Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ

                            (uuイ〉`八Π八    |

                            ├―| \∨/   |

                      ――――――――――――――――――――――――



68 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:51:56 ID:sT8/xZ2w0



        ____

      /      \ ( ;;;;(  

     /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  アイツ貿易も嫌い、てか商業自体嫌いだから

   /    (─)  (─ /;;/  明国みたいに鎖国もやりかねんお。

   |       (__人__) l;;,´   

   /      ∩ ノ)━・'/   そうなったら海外にもアクセスできなくなるお? 

   (  \ / _ノ´.|  |    x videoとかも見れんようになるお?

   .\  "  /__|  |

     \ / ___/



69 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:52:36 ID:sT8/xZ2w0



      ____

    /      \ ( ;;;;(  惣無事令と刀狩で国内の治安は劇的に良くなったお。

   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 

 /    (─)  (ー /;;/  皆戦争の準備しなくて良くなったし生産性も上がったから

 |       (__人__) l;;,´   食い物以外のモノ作る余裕が出てきたお。

 /      ∩ ノ)━・'/   

 (  \ / _ノ´.|  |    

 .\  "  /__|  |   

   \ / ___/     



 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 【審議中】

 

      センソーオワタ! ∧,,∧ ∧,,∧ チャ-ハンツクルヨ!

          ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧

 ツギナニスル?( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` ) オレマンガカク!

          l U l (  ´・) (・`  )l と ノ

          .u-u (   l). (l   ) u-u'

     ノーミンデヨクネ?`u-u'   `u-u' エロイ?エロイノ?

 ―――――――――――――――――――――――――――――――



 それで一部の人間は創作活動始めた。

 治安が良くなって商業も活発化したからそういうのに金出す人間も増えたお。

 南蛮やら明国との貿易でそっちの文化が入ってきたのも大きかったお。



70 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:53:11 ID:sT8/xZ2w0



 これが桃山文化ってヤツだお。

 信長公とか太閤さんが好きだってのもあったけど、こういう文化ってのは余裕がないと成立せんお。



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 【創作中】

                        ∧,,∧

                       (;`・ω・)  。・゚・⌒)

                Λ_Λ       /   o━ヽニニフ))

                (・ω・`)       しー-J

             _φ___⊂)__

           /旦/三/ /|

        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |

        |studioKano |/

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 まだ商人とか大名とか一部の人間しか参加できてないけど、

 このまま文化の大衆化が進めばいずれ平民層も参加してくるはずお。

 そしたらマンガとか同人誌みたいな大衆文化も生まれてくるようになるはず。



71 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:53:39 ID:sT8/xZ2w0

 

      ____

    /      \ ( ;;;;( 徳川はそれが穢土ってんだお。

   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)

 /    (─)  (● /;;/ 奴らが政権取ったらまず間違いなく身分を固定して下克上とか起こらんようにするはず。

 |       (__人__) l;;,´  

 /      ∩ ノ)━・'/   身分固定して思想統制すれば治安は良くなるかも知れんけど、

 (  \ / _ノ´.|  |    新しいものも産まれない詰まらん世の中になるお。

 .\  "  /__|  |

   \ /___ /



73 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:55:03 ID:sT8/xZ2w0



      ____

    /      \ ( ;;;;(  とーぜん創作活動とかに参加出来る人間は限られるようになるんだお。

   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) もし原哲夫が農民の家に生まれてたらそれだけで北斗の拳描かせて貰えんお。

 /    (○)  (○ /;;/  

 |       (__人__) l;;,´    これは豊臣VS徳川の他に自由主義VS全体主義って問題でもあるお。

 /      ∩ ノ)━・'/  

 (  \ / _ノ´.|  |   

 .\  "  /__|  |   

   \ / ___/   



  ってどうしたお?



74 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:55:33 ID:sT8/xZ2w0





                   / ̄ ̄\

                  /   _ノ  \    ∧__T _ ,,,r -r-T‐-、

                i.、'||    ( ●)(●) ─   。r *o:*::f:::r::..l

          、  _ __ '; ' |     (__人__)   ::::::::*o;;;ro ot_f_ヽ丿

      /| | l |ヾ-"~  , ー|     ` ⌒´ノ -v--v- '''''''"V"~~ ┴

 l⌒ 二 -l ..uUU""l---- / |         }

 └    l  (  /., - イ. ヽ        }       

       |   ., - '   |  ヽ、.,__ __ノヽ         ちょっとお城行ってきます。

      /    |     ヽ_       _/    ヽ 、

     /     |       "~- ""~        ヽ、

   /     |                       ヽ

   /     |                       i

 ../      | |                        │

 │       | l                   i    |

 ..|       / |                  ノ     |

 ..l       _ノ |                  /=======|



75 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:56:44 ID:sT8/xZ2w0

 

                      ____

                    /      \ ( ;;;;(  まあ待つお。

                   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 戦って勝てる相手じゃないことはさっきも話したお?  

                 /    (●)  (● /;;/ 

                 |       (__人__) l;;,´  それにこの時期に暗殺なんかやって 

                 /      ∩ ノ)━・'/  もしバレでもしたらそれこそ豊臣は終わり。

                 (  \ / _ノ´.|  |    

                 .\  "  /__|  |   っていうか奴らだって当然警戒してるハズ。

                   \ / ___/    影の軍団とかで警護してるに決まってるお。

               

 

     /  ̄ ̄\

   /      ノ ヽ

   |::::::     (● )  そりゃそうでした。

 .  |:::::::::::   (__人)

    |::::::::::::::   ⌒ノ

 .   |::::::::::::::    }  軽率な言動申し訳ありませんでした。

 .   ヽ::::::::::::::    }  常識的に考えて。

     ヽ::::::::::  ノ

     /:::::::::::: く

     |::::::::::::::  |

      |:::::::::::::::| |



76 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:57:29 ID:sT8/xZ2w0

 

                       ____

                     /      \ ( ;;;;(

                    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) わかればいいお。

                  /    (─)  (─ /;;/ 

                  |       (__人__) l;;,´  とはいえ現状徳川を止める方法はわからんお。

                  /      ∩ ノ)━・'/   

                  (  \ / _ノ´.|  |   まー戦争ダメ、暗殺ダメとくれば外交で行くしかないと思うお。

                  .\  "  /__|  |   こういう事態を想定して一応準備もしてあるし。

                    \ /___ /      

 

    / ̄ ̄\

  / ⌒  ⌒ \  そうでした。

  |  ( ●)(●) | そういえば色々やりましたね。

 . |   (__人__)  |  

   |   \_)  |  

 .  |         }  少々付け焼刃的では有りましたが、

 .  ヽ        }  敵もそう好き勝手はできないはず。

    ヽ     ノ  

    /    く



77 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:57:53 ID:sT8/xZ2w0

 

       ____

     /      \ ( ;;;;(  やる夫ももうアラフォーなんだお。

    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) この年だと徹夜とかもうしんどいし。 

  /    (─)  (─ /;;/ 

  |       (__人__) l;;,´    やる夫はもう奉行やめてFXとかで生計立てながら 

  /      ∩ ノ)━・'/   x videoのタダのとこだけ見て一生終えるお。  

  (  \ / _ノ´.|  |  

  .\  "  /__|  |    奴らが天下取ったらそういうのできなくなるお。

    \ / ___/    それだけは絶対許さんお。



78 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:58:21 ID:sT8/xZ2w0

 

          __

    _, -‐'´ ̄    ̄'ー=x

  /'':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、

 /::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::|

 ::::::,, -''゙ ̄_,,. __ _x_ __ `'''::、::::i

 ゙Y゙ ィ '´_,,;::=--竺-=ミ、-.`ュノ

 =:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::..`‐ミ{     わかりました。やる夫様。

 ::::T`'ァー-x;,___,,,;;;;ィTi、__

 :::::Y i   (_ ゚_ノ〉 K(´゚ ),{::::.、゙ヽ、  不肖このやらない夫、地獄の底までやる夫様にお供します。

 ::::::,`|     r  人  、  i:::;;:;:ヾ、::.\

 ,w'゙Yl    `ー _ ー ' ゙i'' "ミ::jノ:::::::::::`ー

 , .}ミi、            /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..

 ミ,, ヾiミヽ,       rムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.

 :::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::

 :::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::



79 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:58:39 ID:sT8/xZ2w0

 

                     / ̄ ̄\

          ____     / _ノ  .ヽ、\

        /      \   .|  (●)(●) | ということで、

       /   \ , , / ヽ   |  (__人__) .|  

     /    (● )  (● )'  |   ` ⌒´  ノ  日本の商業(主に商業誌と商業用サイト)

     |        (__人__)   | .ヽ  ._   .}  は俺達が守る!

      γ⌒ヽ   ` ⌒´ ,/  ヽ_/ } . ノ 

   ___|  /   ー‐    \ /、 〈  く  

  ! i i | _ノ、          |ハ ヽ Y`ー.、i  

  l ! l |   ヽ_         |{ ヽ_ゾノ-‐1  

   ̄ ̄ ̄⌒ヽ_)         |`¨´┬' . |



80 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:59:53 ID:sT8/xZ2w0

 

         -‐ '´ ̄ ̄` ,.-、、

 .     / /" `ヽ ヽ〈{※})    おかえりなさい。

     冊冊¨     ヽハ ∬ ヽ

     〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| ∬│i|  えっくすじゃぱんがなんですって?

     レ!小l( ●) (●)ハ ∬、i|

      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ∬.ノ

 .     ヽ、  ゝ._)   j ∬

       ,.;''ヾ,、 __, イ,;'ヾ、

     r ‐‐;, , ゙'';, ,.;''´, ´,;'---、

     {    ゙ ;.,、 ¨,;''  ,.;''    1

     | ノ    `゙;,,,;'  ,;';゙   r" /

    /       ,;'' ,;゙''    `; l

     {     く_,;'  ,;'       } |

     ゝ    / `゙゙´     丿 |

      `|ー- -、___,.-‐イ  」

 

 [やる美(やる夫正室)]



 やる夫の妻。

 

 一夫多妻が当たり前のこの戦国時代だが、そんな中やる夫が側室を置いていないのはワリと有名な話。

 やる夫との間に6人(7人/8人説もあり)の子供を設けている。

 

 やる夫クラスの人物の、それも唯一の妻であるにも関わらず歴史的な資料が非常に少ないらしいが、

 まあやる夫に愛されていたのは間違いなさそう。

 ちなみに歴史上の名前は皎月院(こうげついん)。



81 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:00:24 ID:sT8/xZ2w0

 

                       ____

                  .    /_ノ   ヽ_\    なっ何でもないお!

                    /( >)  (<) \  やらない夫がえっくすじゃぱんのボーカルに

                   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ちょっと似てるって話してただけだお。

                   |     |r┬-/      |  

                   \     ` ̄'´     /  それにやる夫は筋肉少女帯の方が好きだお。

 

      ____

    /      \  チラッ

   /  ─    ─\   

 /   (=・=)  (=・=)\ (やる美はこの手のシャレが通じんからさっきの話は秘密お

 |       (__人__)    |   あと、太閤さんが亡くなったのはまだ公開してないからそれもだお)

 \      ` ⌒´   /    ↑目で合図



82 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:01:25 ID:sT8/xZ2w0

 

     _, /'´ ̄ ̄`ヽ、

   / '  ,〃" `ヽ、 ヽ\ ふ~ん。そうなの?

  / ノ / ソ/    \,ヾ ヽ 

  |i レ ,リ \   / リソ ,i| 太閤様が危篤ってのに呑気な話ね?

 .|i !.| ,从(●)  (●)i'|从 まあ他の女の話でないなら良いわよ。

   Yiソ⊂⊃  '  ⊂⊃リ

   'レノレ,    ⌒  /!′

     リiソ)   ー ィ´

 

    / ̄ ̄\

  / ⌒  ⌒ \  

  |  ( ●)(●) |  

 . |   (__人__)  | 

   |   \_)  | しかし、安心しました。

 .  |         } 

 .  ヽ        } 

    ヽ     ノ  

    /    く



83 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:01:58 ID:sT8/xZ2w0

 

       _____     ━┓

     / ―   \    ┏┛

   /ノ  ( ●)   \  ・

 . | ( ●)   ⌒)   |   なにがお?

 . |   (__ノ ̄    /   (いい感じで話題を変えたお。やらない夫エライお!)

 . |         /     

   \_      _ノ\    

     /´         |    やる夫わかんないお?

 .    |  /      |    教えて欲しいお?

 

 

 

    / ̄ ̄\チラッ

  / ⌒  ⌒ \  いや、やる夫様は私よりも遥かに昔から太閤様とお付き合いがあります。

  |  ( =・=)(=・=)  それこそまだ幼少の頃から。

 . |   (__人__)  | 

   |   \_)  | それがご危篤というのにお元気な上に私以上に冷静なので。

 .  ヽ        } 

    ヽ     ノ  (これだけ自然なら大丈夫ですよね。流れ的に考えて)

    /    く     ↑目で合図



84 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:02:30 ID:sT8/xZ2w0

 

                       ____

                     /_ノ   ヽ_\    しししっ。

                    /( >)  (<)\   やる夫ももう40近いおっさんお!アラフォーだお!

                  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \ 

                  |     |r┬-/       | それに家族が病気ぐらいで泣いてたら奉行は務まらんお!

                  \     ` ̄'´     /  泣いてるヒマあったら家康に勝つ方法考えるお!

 

      ____

    /      \  チラッ

   /  ─    ─\   

 /   (=・=)  (=・=)\ (OKお。やる夫はもう疲れたから解散お

 |       (__人__)    |  ちなみにこのチラッてのは時間にして100分の1秒ぐらいだから他人には判らんお)

 \      ` ⌒´   /




87 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:10:37 ID:sT8/xZ2w0

 

     , / '´ ̄ ̄` ー-、    そうね。。

   /   〃" `ヽ、 \ヽ   私もそれが心配だったけど、元気みたいだから安心しちゃった。

  / /  ハ/     \ハヘヘ.  

  |i │ l |リ ⌒   ⌒ }_}ハヽ 久しぶりに帰ってきたから色々アレだけど、

  |i| 从 ( ●) (●l小N  やる夫も徹夜明けで疲れてるだろうから今日は寝て体力とか回復させておくこと!

   (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ  

   VV j .        ノ    私以外に使ったらコロスからね。 

    _'Y/゙ヽ、 _ , '      想像するのもダメよ?

  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、 

  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1   何言ってるか解るわよね?



88 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:11:09 ID:sT8/xZ2w0

 

    / ̄ ̄\

  / ⌒  ⌒ \  

  |  ( ●)(●) |  

 . |   (__人__)  | 私も失礼します。

   |   \_)  | 

 .  |         }  今後のことはまた。今日はゆっくりおやすみ下さい。

 .  ヽ        }  

    ヽ     ノ  

    /    く



89 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:11:33 ID:sT8/xZ2w0

 

      ____

    /_ノ   ヽ_\    そうするお!

   /( >)  (<)\   二人の言うとおり、今日は疲れたからもう寝るお!

 /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ じゃあまた明日お。

 |     |r┬-/      |  

 \     ` ̄'´     /  

 

 

 <それじゃ失礼します。

  <おやすみなさーい。



90 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:12:43 ID:sT8/xZ2w0

 

 < シーン

      ____

     /      \

   / ─    ─ \  ・・・。

 /   (●)  (●)  \

 |      (__人__)     | 

 \     `⌒´    ,/ 

 /     ー‐    \



91 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:13:24 ID:sT8/xZ2w0

 

      ____

     /      \

   / ─    ─ \  ・・・。

 /   (●)  (●)  \

 |      (__人__)     | 

 \     `⌒´    ,/ 

 /     ー‐    \



92 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:13:46 ID:sT8/xZ2w0

 

 

 ・・・。

                ___

              /      \

 ・・・。        /⌒   ⌒   \

           /(● ) (● )   ヽ

             | ⌒(__人__)⌒      |

          \   `⌒ ´     /

              /             \



93 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:14:06 ID:sT8/xZ2w0

 

       ____ 

     /       \ さてと。。。

    /   ─   ― ヽ          |\`、: i'  

  /    ( ●)  ( ●)'  ・・・。    .\\`_',..-i 

  |        (__人__)   |          .\|_,..-┘

  \       ` ⌒´  ,/        

  /      ー‐   ヽ



94 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:14:29 ID:sT8/xZ2w0



             ____   _____

            /      \/        \       ‐-、

      、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、

    、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ

    !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |

         \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /

          /                       ヽ

 

 やらない夫もやる美もどっか行ったお。

 やる夫も太閤さん死ぬ前からずっとお城だったし、もう我慢できんお。

 

 それでは。。。



95 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:14:49 ID:sT8/xZ2w0

 

      |┃三  

      |┃    

      |┃   

 ピシャ. |┃   

      |┃  ノ//

      |┃三  

      |┃    

      |┃    

      |┃三  

      |┃三  

 

 シュッシュッ。。。



96 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:17:24 ID:sT8/xZ2w0

  

          ____

        /      \      藤吉郎さん! 

   o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o   

  。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。今までお世話になって本当にありがとうお!

     | 0 / /(__人__)'  0 |   豊臣はやる夫が必ず建て直すから天国から見ていて欲しいお!

     \ / /  `― '     /   うわああああああぁん!!

 

 |\`、: i'、   @@

 .\\`_',..-i   @@

   .\|_,..-┘ @



97 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:17:57 ID:sT8/xZ2w0



┌──────────────────────────────────────────┐

│ 秀吉死去により、豊臣家中に大きな動揺が走った。                             │

│ 多くの家臣たちは徳川へ着く、或いは中立に近い立場を取ったが、                 .   │

│ 石田三成だけは最初から最後まで豊臣家を守るために活動している。                 .  │

│                                                            .   │

│ しかし、その理由、動機については取り沙汰される事は多くない。    .                     │

│ 徳川が採るであろう政策に不満があった。自分が作った現政権を守りたかった。       .      │

│ 奉行という自分の権限を守りたかった等、諸説あるが、秀吉への個人的な忠誠心が動機であった  │

│ という話はあまり聞くことがない。                                          │

│                                                        .       │

│ こういう状況では、まず個人的忠誠が理由の筆頭に上がりそうなものだが、        .       │

│ 彼の「冷徹な官吏」というイメージがそれを遠ざけたのかも知れない。                .    │

│                                                     .          │

│ いずれにせよ後世の我々がそれを知る由はない。                    .  .           ┃

┃ だがひとつ間違いないのは、彼がこの後、誰よりも強く激しく豊臣家を守るため動いた事である。..  .│

└──────────────────────────────────────────┘



98 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:18:16 ID:sT8/xZ2w0



───────────────

[ 第一部 ここまで ]



 ≡    ∧∧∧_∧

≡   と(と(と(´・ω・`)

 ≡  ― ― /  と_ノ サッ

≡ /  / // /⌒ソ

 ≡  -'-'-'´



To Be Continued!

────────────────



48 :名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 20:28:56 ID:uXTdZTsw0

ところでこの家康が涙目で脱糞する場面は描かれるんですかね・・・・(ゲス顔)



50 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:32:44 ID:sT8/xZ2w0

>>48



今のところ予定はありません。

この人にしたのは「煽り」に一番向いてるからなんですね。



タダ、元のキャラがキャラなので、結構殴られる機会は多いです、

三方ヶ原は、回想シーンとかで出すのもアリっぽいかと今思いつきましたが。



85 :名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 21:02:38 ID:I7YzbsgQ0

なんというかテンプレなアンチですな家康はむしろ貿易好きですし



86 :◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:09:51 ID:sT8/xZ2w0

>>85



鎖国をしたのは家光で、家康は貿易そのものには積極的だったという説も最近多いですね。



家康的にはキリスト教普及→侵略コンボさえ防げればそれで良かったのに、彼の死後に

「キリシタン嫌ってた」→「何となく家康が貿易嫌ってたから」みたいなノリでやっちゃいましたって話ですが。



ただ、「この時のやる夫が知り得た情報」を元にすると、こんな感じになったのではないかと。






石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです(第二部)前編に進む
関連記事
スポンサーサイト

Date: 2013.01.06 Category: 石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

  

Date2013.05.30 (木) 04:53:01

>手腕は日本史上に残る業績
意味が分からない

名無しさん

Date2013.10.31 (木) 11:59:28

鎖国は貿易禁止じゃなくて海上封鎖だお

管理人のみ通知 :

トラックバック:


カテゴリーメニュー
プロフィール

Wアンプパルマシ


管理人:Wアンプパルマシ

ここはやる夫まとめサイトです


続いている記事一覧のまとめ
完結した記事一覧のまとめ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。