スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです(第73話)


8567 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/25(土) 23:39:17 ID:RN3zinDc0

WIKI確認しました。Q&Aにミス発見それ以外は問題ないと思います



>>8566

Q戦闘開始時に「弱者の力線」と「北極風の纏」、二つ共かけることは出来ますか?

A可能です。タイミングを逃すことなく、二つのスキルを併用できます



Q「てだすけ」と「北極風の纏」ではどちらの方が攻撃上昇効果が高いですか?

A1回の攻撃の上昇率で言うのなら、『てだすけ』の方が高くなっています



8591 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/26(日) 15:39:39 ID:5zD40y3.0

草案でこんな感じだな



『麻痺』… 絶技使用不可

『沈黙』… 魔術使用不可

『睡眠』… 行動不可能

『火傷』… 受けるダメージが増加

『猛毒』… 行動後、ダメージ

『混乱』… 攻撃対象ランダム化

『恐怖』… 素早さが1/4(変更の余地あり。ボス系限定かも)



ちなみに、スタンさせる魔術なり絶技はあるよー



8615 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/26(日) 20:02:41 ID:5zD40y3.0

現状はこんな感じ。ターン経過で治るのもあるけど、どれにするかねぇ

ダメージ増減以外の効果にすると決定したので、火傷が未定



『麻痺』… 絶技を使用出来なくなる

『沈黙』… 魔術を使用出来なくなる

『睡眠』… 次にダメージを受けるまで行動不可

『火傷』… 未定

『猛毒』… 行動後、ダメージを受ける

『混乱』… 自動で通常攻撃を行うだけになる

『恐怖』… 全ステータスが1段階下がり、低確率で1ターン行動不能になる。(ボス系専用)

『石化』… 自分への攻撃が必中になる

『幻惑』… 攻撃対象がランダムに変更される




-- 続きを読む --

スポンサーサイト
Date: 2013.06.30 Category: やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです  Comments (0) Trackbacks (0)

やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです(第72話)


8364 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/24(金) 20:53:43 ID:2ajVW19c0

とりあえず、情報やらを一度整理したので投げておく

整理の余波で変更点があるが、損得がトントンだから問題ないはず



8365 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/24(金) 20:54:21 ID:2ajVW19c0



▼+数字:強化 (色):魔石使用 改:強化項目の増加 記号:特殊効果

上記の行動は一律『加工』と称する



▼『加工』は素材とお金を必要とする

▼値段一覧

 強化は+の値×(定数) 魔石使用は1種につき500G 強化項目の増加は1000 特殊は不定

 定数も武器の性能の内。



▼加工の意味

 強化:文字通りの意味。武器の威力や命中の上昇。防具の効果を上昇など

 武器によって+の数はマチマチ

 少なくともやる夫の武器は5段階まで加工可能。それ以上は不明



 魔石使用:加工に魔石を使用し、属性の恩恵を受ける。

 武器加工に魔石を使用すると、対応するスキルを付与。防具加工に使用した場合は耐性を付与が基本となります

 魔石の多重使用は防具に関して可能。二刀流などの特殊な場合、武器にも可能となります

 複数使用した場合、装備が変化する可能性があります(汎用武器からの脱却)



 強化項目の増加:防具用の加工。防具の補正項目が任意で1つ増やすことが可能

 例:『バックラー』… 防御:+20 魔法耐性:+5→『バックラー改』… 防御:+20 魔法耐性:+5 素早さ:+5



 特殊効果:スキルの付与など、普通とは異なる加工のこと。簡単に言えば、その他



 武器には『Lv制限』や『※スキル制限』があるので、強化しすぎると使いこなせない装備になる可能性がある



 ※『ブーツストライカーα+1』にあるアレです。


8366 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/24(金) 20:55:48 ID:2ajVW19c0

▼売値

『オオグマの手』… 鋭い爪の宿した熊の手 ×2 買取:1200G ☆

『オオグマの剛毛』… 大熊のとても丈夫な体毛 ×2 買取:700G ★

『スピアーの針』… 毒は無いが、とても尖った針 買取:400G

『フワライドの浮き袋』… 良く膨らみ、空気で浮かぶゴム製の袋状の機関  買取:700G

『ナックラーの鱗』… 子龍の鱗。加工すれば、魔力耐性が強くなる  ×2   買取:400G 

『魔力を有する木の枝』… 魔力を宿した木の枝。結構太くて大きい。色々加工出来そうだ 買取:800G ☆



『サポーターのボロキレ』… 魔物が持っていたボロボロの布。魔力を感じる 買取:600G ☆



▼強化の定数

 『二振りのカタナ』 定数300G



 『ブーツストライカーα+1』 定数600G



 『ブラック・ウィンド』 定数300G



▼加工の効果

ブラックウィンド 素材:『サポーターのボロキレ』

→スキル『???』付与 値段『200G』



『二振りのカタナ』  『強化』素材:『鉄鉱石』×8 『円盤石』×5 +5段階まで

             値段『300G×(プラスの値)』



             魔石使用:1つにつき『500G』

             『紅錬石』使用で※スキル:絶技『火炎切り』を付与

             『蒼錬石』使用で※スキル:絶技『透過斬』を付与

             『翠錬石』使用で※スキル:絶技『太刀風』を付与



『ブーツストライカーα+1』 『強化』素材:『マカライト鉱石』×3 +5段階まで

                  値段『600G×(プラスの値)』



               魔石使用:1つにつき『500G』

               『翠錬石』使用で風属性の攻撃のダメージが減少する 

               『紅錬石』使用で炎属性の攻撃のダメージが減少する

               『蒼錬石』使用で水属性の攻撃のダメージが減少する



               特殊効果:魔石使用時に『300G』追加で『防御+10素早さ-5』か『回避率上昇』を付与





※『火炎斬り』… 火属性の絶技 対象:敵1体 消費:7

           属性:火 威力:70 命中:100 風属性に大ダメージ

※『透過斬』… 水属性の絶技 対象:敵1体 消費:7

          属性:水 威力:60 命中:100 火属性に大ダメージ

          対象のダメージ軽減を無視する

※『太刀風』… 風属性の絶技 対象:1体 消費:7

          属性:火 威力:70 命中:100 地属性に大ダメージ




-- 続きを読む --

Date: 2013.06.29 Category: やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです  Comments (0) Trackbacks (0)

ここのまとめ方法

 このサイトではまとめる時に、作者様が「訂正」や「間違えた」と書かれているレスにたいして
訂正を行い、まとめています。具体例は下のとおりになります

-- 続きを読む --

Date: 2013.06.28 Category: お知らせなど  Comments (0) Trackbacks (0)

やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです(第71話)


8189 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/23(木) 21:41:40 ID:0hXBIj820



…━…━…━…━…━…━…━…━…┓8月3週

                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 |::|__[]_____[]_____[]_____[]____

 |::|________________________

 |::|;;;;;;;;;:::::::::::::...:''''' """ """""

 |::|             ___________        ..,,,__,,,..

 |::|            |  |    | ∥    |        \ /

 |::|            |  |    | ∥    |         []

 |::|            |  |    | ∥    |

 |::|            |  |    | ∥    |

 |:O=O ______  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__/□/l        l_____________

::|二二/'´⌒´´⌒´⌒/|

   /        //J

 /        //

 l⌒´⌒´⌒´⌒'l/

 L-----J

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓ 

                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

▼やる夫たちの部屋




-- 続きを読む --

Date: 2013.06.27 Category: やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです  Comments (0) Trackbacks (0)

やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです(第70話)


7895 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/20(月) 21:12:50 ID:7n54Fx0o0



…━…━…━…━…━…━…━…━…┓8月3週

                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

                       /

                           |

 \                  ..::::|

   \             /| ̄ ̄ |

    \          /  | : ::::::::|

  | \   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   :| : ::::::::|

  |::: : |  |::::| ̄ ̄| ̄ ̄| :|   :| : ::::::::|

  |::: : |  |::::|._____゙|._____゙| :|   :| : ::::::::|

  |::: : |  |;;::|!iiiiiiii!|!iiiiiiii!| :|   :| : ::::::::|

  | )::::| /         \  | : ::::::::|

  |::: : |/            \|__ |

  |:::./:::..                ..::::::::::|

  |/:::::::...                   ..::|

  /::::::::::::......                \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓ 

                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

▼宿泊施設の中




-- 続きを読む --

Date: 2013.06.26 Category: やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです  Comments (0) Trackbacks (0)

やる夫は名状しがたきワイルドのようです(第41話)


4422 :邪ミー ◆Lyb.nrjUvQ:2013/06/22(土) 20:35:52 ID:9tzn99Bw0







                       /: : : : : : : : : : : : : : `:.、〉             `ヽ: }

                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \-- . 、            }/

                  /: : : : : : : : : : : : :\: : : : : \: :.\: : : . 、       /

               /´: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : \: :.\: : : \

                /: : : : : :.:|: : : : : : : : ∨: : ∧ :∨: : :.\: :.\: : : `ー‐ . .、

                  / : /: : : |: |: : : : : : : : : ∨: : ∧: ∨: : : :.\: :∧: : : : : : : :.:\

              / : / : : : :|: |: : : : : : : : : :.∨: : ∧: |: : :\: : ∨:リ: : : : : : \ : :.\-.、

                / : / /: : : :|: l: : : :\: : : : : :∨ : : |: |\: : :|: : :∨ : : : : : : : : \: : :\\

            /:./: :|: : : : |: {:\: : : \: : : : |: : : :l::」/‘,ト、: :}-‐━=ニ二: : :\: : l : :\

.             / : : : |: : : /⌒X: :\:-:=廴:_:_| : :_:」,xチア∧l: :|:/:_:_:_:_:_:_彡'´ ̄ ̄ \{ : : : |ヽ

             /: : : : :.八: : :∨({ ヽ癶艾ア^~´l/  ゞ' /: : : ノ': : : \           }⌒ヽ| ノ

          {: : : : : : : :.\ : \_ \{`¨       ,  / ̄ ̄\{ ̄ ̄\          }   } _

             \: : : \: : : \: : : {\        __   /∧     \    )      `ー '   / )┐

              \: : : \: : : \八       <ノ. イ / ‘,      )             厂 (/^J

               \: : : \: : : \\   /≧=チ/ ‘,  |                ノ  / ̄ ヽ〉

              /_\: : : \: : : \\,/_  / {  \{   ,                  {   { ̄`У

            〈厂/\  ̄ ̄ \: : :.\}\   /  \}  ,                 /j   └'´/

.              / /   \     \: : :|  `⌒´  | \ ′        .  '"      /

              └,'       \   }  ∨:|   \   |   ∨ \    .  '"       . "

                        \ |  |: |     ∨ |   l|   > '"       . '"

.              ′        /´ 〉   |:八     }  |   ,人 /´       . '"

             ,′      /.......{  /        | /\      .  '"

                     ∧.......|          ∧ l /∧  \__.  '"

          /        /::∧....′ 、      / ‘, // ∧

───────────────────────────────────────

【ヒノ】 前回のあらすじです!

 

 ┌─────────────────────────────────┐

  ||○ 

  ||○  

  ||○  

  ||○  > その1 : 【魔術師の森林】突入

  ||○  > その2 : 超次元サッカーやろうぜ!お前ボールな!

  ||○  > その3 : 一応ボスのAAはイノケンティウス(とある)。

  ||○   

  ||○  

  ||○



-- 続きを読む --

Date: 2013.06.25 Category: やる夫は名状しがたきワイルドのようです  Comments (0) Trackbacks (0)

やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです(第69話)


7632 :先生 ◆J2rMhmX.Eo:2013/05/19(日) 22:44:57 ID:K2mlrYVs0



…━…━…━…━…━…━…━…━…┓8月3週

                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:..,(;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ'ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;

:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙`_,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:

;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;

;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~

!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv

"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~'"'"      ~ "'''~"''""'''~"''"  "'~"''"''~"''"

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓ 

                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

▼ンタンカの森 エリアF



-- 続きを読む --

Date: 2013.06.23 Category: やる夫は魔術学園で青春を謳歌するようです  Comments (0) Trackbacks (0)

蒼と銀のコンチェルト 2周目(23~24)


675 : ◆I0Y2ADiHxg:2013/06/14(金) 01:43:48 ID:ScT6gGqE



  。。      。。.      。。      。。.      。。      。。.     。。      。。      。。.

 ゚●゜  。。  ゚●゜  。。.  ゚●゜  。。  ゚●゜  。。.  ゚●゜  。。  ゚●゜  。。. ゚●゜  。。  ゚●゜  。。  ゚●

     ゚●゜     .゚●゜     ゚●゜     .゚●゜     ゚●゜     .゚●゜     .゚●゜     ゚●゜

                                      ┌┐  ┌┐┌┐

          ┌─┐┌┐           ┌┐.       ┌─┐├┤  ├┤├┤

          ├─││└┐┌─┐ ┌┘│┌─┐. │││││  ││││

          │││││││││ └┐││││. ├─│└┘┌┘│└┘

          └─┘└┴┘└─┘   └┘└─┘. └─┘    └─┘

            ─── 蒼と銀のコンチェルト 2周目 ───

               ┌┐┌┐┌─┐┌─┐            ┌─┐            ┌─┐┏━┓

┌─┐┌─┐ ┌┘│├┤│─┤│─┤┌─┐┌─┐├─│┌─┐┌─┐│││┣┫┃

││││││ │││││├─│├─││││││││││││││─┤│─┤┃┏┫

└┴┘└─┘ └─┘└┘└─┘└─┘└─┘└┴┘└─┘└┴┘└─┘└─┘┗━┛

                   魔竜戦争編’(ダッシュ)

  。。      。。.      。。      。。.      。。      。。.     。。      。。      。。.

 ゚●゜  。。  ゚●゜  。。.  ゚●゜  。。  ゚●゜  。。.  ゚●゜  。。  ゚●゜  。。. ゚●゜  。。  ゚●゜  。。  ゚●

     ゚●゜     .゚●゜     ゚●゜     .゚●゜     ゚●゜     .゚●゜     .゚●゜     ゚●゜



                         , ィフ7777777≧=、

             ____     ヤ//////////////////>、               -‐    ア

           /      \.    ヤ////////////////////              /        /

          / ─    ─ \.... ヤ==================7                   }/

        /   (●)  (●)......y/////////////////////≧=、         {      ⅰ   ´ ̄`ヽ

        |      (__人__)...  ∨////////////////////////         _人      |/  __    、

        \     ` ⌒´    , ∨/>--‐‐テテテテ‐‐-<///      ,. ´ />  __}ノ }-‐ 、 \   \

 r、     r、/           /::::::::::::::y:::i::::::::::i、::::::::::::::::::::::::i ⌒ヽ  /   //   /`ー< ` ー ' __\   \

 ヽヾ 三 |:l1            7:::::_:::::::/-:::i::::::::::i- 、:::::::::::::::::.{{     '/ /ヽ\/^^| |!  /> ̄`ヽ\  ー―一

  \>ヽ/ |` }           |:/ ):::7 __',:i、::::::::| _, \::',::::::::::.`ー==ニイ  / ヽ ⅴ  | li///>  ハ:rヽ

   ヘ lノ `'ソ               i⌒ ̄`'〃!心ヤ\:::i≠沁ヽヘ_::::::ハ.     l 「ィ \∨`_ー弌{\// ∨  ;   )

    /´  /            |   7i .ヒツ   ` ヒツ´7 〉:y、ヘ   ,′|「|  {「斤芯ヽ \ ヾー-‐ }  }

    \. ィ             ヽテ¨i、|      '     u 7_ノ::/  ヾ,/ } |「|   | Vrツ   ァ示 、 , メj/

        |               ヤ  7> .   、    イ:::::::7.ー=≦ __ハ`'|   | .::::::..   、 ヒツノ,ハイ 丿\

                        7-、): : : >===<-----、:i.       / ハ |i  八       :u:/  |

                        〃∨: : ≠=ii==-,: : :.._____ /イ}__从 , l\´ 丶   イ∧i |       }

                          弋7ヽ_ノ∧ヽ_/ヤ: :_.\/////\/////V\トヽ` T、爪ハノへj人    ′

                           ヾ、_//;X;',',=_,yヘ   ` ー '⌒y'´ \//////`く⌒ヽ/\_   `^`

                             /////、_ノ///∧',___,ノ\.. {     \/////∧  ∨/ハ





.



-- 続きを読む --